その他のカテゴリの記事 (1/7)

ジャパンフリトレー「激辛マニア ハバネロ&アカハチ激辛Wブレンド味」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


本日の記事は不定期更新の勝手に激辛コーナーで、ジャパンフリトレーの「激辛マニア ハバネロ&アカハチ激辛Wブレンド味」です。ついに…ついにヤツが帰ってきましたよ…以前、激辛マニア味のチートスは期間限定で販売されていたんですが、「いまだにお問い合わせの絶えない『激辛マニア』が新たな辛さを得て復活!」とのことだったので、今回は正式な激辛マニアの再販と見て問題なさそうですね。形は当時の輪っか型ではなく、パッケージを見た感じスコーンぽいようですが、「激辛徹底研究!」の文字や、「アカハチ」(カプサイシンの含有量がハバネロの5倍と言われている沖縄産の唐辛子)の記載。いやはや、気合の入れようは伝わってきましたよ。装いを新たにして復活した激辛マニア、お手並み拝見といきましょうか。



辛味は、なかなか突き抜けてますよ。チートスバージョンで感じたような遅効性の刺激ではなく、のっけからダイレクトに辛いです。で、なっかなか引かないw 通常、瞬発力タイプの刺激であれば、割と引き際は潔かったりもするもんですが、しばらくの間 アダルティに イヤらし〜く舌の上に居座りますw おそらく、これがアカハチとハバネロが手を取り合った結果なのでしょう。アカハチが瞬発力のある刺激を打ち出す一方で、アカハチが引く頃に顔を出してくる時間差狙いのハバネロ…うん、激辛徹底研究と謳うだけあって、なかなか変態チックでイイじゃないですか。

風味は、ハバネロのクセが気になったチートスバージョンとは異なり、まず唐辛子特有の芳ばしさを鮮明に感じます。まるで粗挽きにしたアカハチを口に入れているかのような、唐辛子ならではの芳ばしさが印象的でした。意識的に探してみてもハバネロ特有のコクや甘味は目立っておらず、これも個人的に好印象。ベースの味付け自体はチートスバージョンと同じような構成だったんですけど、まず手前で主張してくる唐辛子の風味が強かったので、受けるイメージは随分と違いましたね。


満足度:★★★★★★★☆☆☆ (7)
辛さ満足度:★★★★★★☆☆☆☆ (6)
(標準は★3です)

まず結論から言うと、文句無しで辛いです。のっけから襲ってくる瞬発力のあるアカハチの刺激と、遅効性かつ蓄積型のイヤらしいハバネロの刺激がタッグを組むことで、変態的な相乗効果を発揮していたカプサイシンのマリアージュ。「チートスエクストラ 激辛マニア味」の原材料と比較して、それを基にアカハチが追加されただけというか、原材料の成分や並びには大きな差が見られません。しかし、アカハチをブレンドしたことで刺激の瞬発力が増し、ひとくちめから圧倒的に襲ってくるカプサイシンの刺激も然る事乍ら、よほどブレンドの比率にも拘ったのでしょう。なかなか刺激が後を引かず、しばらく刺激が舌の上でゴロ寝かましてきます。そして個人的に嬉しかったのが、ハバネロ特有の癖が目立って感じられなかったこと。さらに刺激も激辛を謳うに相応しく、カプサイシンに対する刺激の耐性値が一般レベルの人にとっては、「カラい」を通り越して、「痛い」と感じる刺激に値するでしょう。ただ、唐辛子の刺激だけでなく、粗挽き唐辛子を彷彿とさせる唐辛子特有の芳ばしさも顕著にあって、風味も意識している様子がニクいじゃないですか。確実に激辛の領域にありながら、ただ刺激に特化しただけのスナック菓子ではなく、ジャパンフリトレーらしいジャンクな旨味や、刺激の合間に垣間見える甘味と酸味の兼ね合いなど、まさに「激辛マニア」と呼ぶに相応しい仕上がりに大満足です。個人的には輪っかスタイルの再販を待ち望んでいるものの、「チートスエクストラ 激辛マニア味」が気に入った人は素直に楽しめると思いますし、あの時よりも確実に刺激は増しているので、しっかり満足できること請け合いですよ。イメージ的な二番煎じ感こそ否めないものの、激辛マニア味のチートスは素直に再販して欲しいと思っていたし、むしろ前回の激辛マニア味を忠実にトレースしてブラッシュアップしたような仕上がりだったので、個人的には好印象でした。瞬発力のある刺激、それに加えて蓄積されていく停滞型の刺激が相俟って、食べ始めた瞬間からインターバルに至るまで辛いので、唐辛子マニアは積極的にトライしてみてください。輪っか型ではありませんが、市販品としては確実に激辛クラスですし、アカハチの効果が一見して明白に体感できる水準にあったので、「激辛マニア」の正式な復活と受け入れて差し支えないでしょう。次回、ジョロキアの採用も検討お願いしますw


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

ミニストップ「ポテトチップス レッドペッパービーフ味」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


本日の記事は不定期更新の勝手に激辛コーナーで、ミニストップの「ポテトチップス レッドペッパービーフ味」です。正確な発売日は特定できなかったんですが、割と前からミニストップのPBスナック菓子コーナーで見掛けてて、ちょっと気になってたんですよね。と言うのも、製造者は山芳製菓(ヤマヨシ)で、珍しく気合の入っている「わさっち」のイラストに、何故か非常に小さく表示してある注意事項…そう、2016年にミニストップ限定で販売されていた「チリビーフ デビルズ」と酷似した雰囲気なんです。あくまでもコンビニのPB商品ですし、やけにコーションが小さいのでw 刺激には期待できないのか、それとも…お手並み拝見といきましょう。




満足度:★★★★★☆☆☆☆☆ (5)
辛さ満足度:★★★★☆☆☆☆☆☆ (5)
(標準は★3です)

うん、やはり中身は「チリビーフ デビルズ」と全く同じ内容と解釈して問題ないですね。過去記事に入力していた原材料と比較してみると、「馬鈴薯」の表記が「ばれいしょ」になっていたり、「唐辛子」の表記が「レッドペッパー」になっていたり、そのような単語のニュアンスに違いこそ見られたものの、含まれている成分や原材料の構成は、並びからして全く同じでした。多分、単純に「チリビーフ デビルズ」がミニストップのPB商品として取り扱われるようになったのでしょう。相変わらず刺激の強さは激辛党目線で見ると激辛には満たないレベルではあったものの、辛い食べ物が苦手な人は絶対に避けてください。まず一般的に見ても辛口以上(ほぼ激辛ライン)と言って差し支えのない水準にありますし、少なくとも「カラムーチョ」的なノリで手を出してしまったら…火を噴くことになりますよw じんわり追って蓄積されるような遅効性の辣味ではなく、口に入れた瞬間から間髪入れずに襲ってくる速効タイプで、なかなか瞬発力のある攻めの姿勢。もともと激辛を謳っているなら未だしも、コンビニのPB商品でコレだとクレームレベルなんじゃないですかねw 一応、パッケージにコーションは書かれていますが、この虫眼鏡が必要なサイズですよ…もはや悪意を感じるんですけどw でも単純に刺激が強いだけの製品でなく、きちんとしたビーフの旨味に、オニオンとガーリックの引き立て系アクセント、ほどよいグラニュー糖の甘さが味に奥行きを生み、唐辛子特有の芳ばしさも感じられる、レッドペッパービーフの名に違和感のない味わい。いつでも手軽に購入でき、尚且つ価格帯も手頃なPB商品の持つメリットを踏襲しつつ、何喰わぬ顔でPB商品に混じってたらヤバいのでは…という刺激の強さから、満足度は前回よりも高く評価しました。いやほんと、ピリ辛気分で手に取ったら…お前ちょっと待てコラ聞いてねぇぞレベルだと思いますよw 市販のPB商品とは思えないデンジャラスなヤツです。「チリビーフ デビルズ」が好きだった人は勿論、それ気になってたけど食べ逃した…という人は、これで解決ですよ。ちなみに今回も味付けのパウダーが疎らだったので、ガツンとした刺激を感じたいときは濃い色のポテトチップスを、インターバルが欲しいときは薄い色のポテトチップスを意識的に選別するといいでしょう。特に真っ赤なヤツには気を付けてくださいね…なっかなかの攻撃力ですよw


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

山芳製菓「博多どんたく 男気わさビーフ」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


本日の記事は不定期更新の勝手に激辛コーナーで、山芳製菓の「博多どんたく 男気わさビーフ」です。前回の激辛コーナーでは、ジャパンフリトレーの「わさびマニア」を取り上げましたが、意外にも楽しめちゃったので、実は私のトラウマでもある「男気わさビーフ」にリベンジマッチ。というのも以前、わさびの刺激アップ系わさビーフには本気で泣かされましてw(リアルに涙が出た…)それ以来、意識的に避けてたんですよね。ただ、何と無く自分のワサビ耐性値が上がっているような気がして(錯覚でないことを祈るw)勇気を振り絞って購入に踏み切りました。ちなみに「男気三ヶ条」なるものがありまして、1. わさびの辛さ★★★(まぁ男気わさビーフですし)2. 濃厚なビーフ味★★★(これは素直に好印象)3. 一気に喰らうべし!!(ここ待て~い!!w)3番おかしいぞオイw これ、これなんですよ…私がリアルに泣かされたのも、調子に乗って3枚くらい(調子に乗っても3枚程度w)口に放り込んでツ~ン! って…いうわけで、今回はビビりながらも若干ちょっとイケるんじゃないかと思っている私が果敢に挑戦する勇姿を皆様にお届けしたいと…





































































・・・キターーーー!!ww










ん? いや、そうでも…











































いや…やっぱり地味にキターーーー!!ww






満足度:★★★★☆☆☆☆☆☆ (4)
刺激満足度:★★★★☆☆☆☆☆☆ (4)
(標準は★3です)

トラウマエクスペリエンス!w ってほど衝撃的ではなかったんですけど、男気三ヶ条の「3」を実行すると、地味にキます。最初の1枚は、おそるおそる慎重に食べたのでw 割と遅れてツ~ン…だったんですよ。あ、でも確かに鼻にはくるかな、くらい。でもって調子に乗って3枚ほど重ねて続けざまに食べてみたら、案の定…ツ~ン!w でも単発の威力で言えば、圧倒的にジャパンフリトレーの「わさびマニア」が上ですね。並べてリアルタイムに食べ比べてみたんですが、わさびマニアを食べてから男気わさビーフの順番で行くと、感覚が麻痺してることもあって、男気わさビーフは大したことなかったです。うーん、ちょっと拍子抜けかも。少なくとも「だんじりわさビーフ」(男気わさビーフのビーフ抜き)より控えめですね(「だんじり」にはリアルに泣かされた…w)でも苦手な人は間違いなく厳しい刺激だと思うので、死んだ魚のような目をしている のほほ~んとしたパッケージの「わさっち」に騙されないように注意してください。ちなみに3枚重ね4セットくらいのペースで立て続けに放り込むと…結構な威力でしたw で、わさびの濃度だけでなく、ビーフも濃いめになっている分、なかなか食べ応えがありますよ。いつもよりワイルドな男気わさビーフ、なかなか美味しかったです。ただ、わさびの刺激を欲しているのであれば、やはりジャパンフリトレーの「わさびマニア」をオススメしたいですね。こちらのイメージは単純に、わさビーフのワサビとビーフを濃くした感じなので、わさビーフのファンであれば、裏切りのない想像通りの味には安心感が得られると思います。あ、ここで言うのもアレなんですけど、改めて「わさびマニア」を見直したので、味の満足度を当初つけていた「5+」から「6」に訂正しました。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

ジャパンフリトレー「わさびマニア ツーン!と刺激的わさび味」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


本日の記事は、不定期更新の勝手に激辛コーナーで、ジャパンフリトレーの「わさびマニア ツーン!と刺激的わさび味」です。僭越ながら激辛党の端くれと称している私 taka :a ですが、唐辛子や花椒の刺激には一般的な人以上の耐性値を備えていると自負しているものの、ワサビやカラシなどの揮発性刺激物に対しては、一般人並みの…いや、一般人以下の耐性値なんですよね。もちろんワサビもカラシも大好きなんですけど、度を超えた刺激と言われたら、身構えてしまいます。今回はジャパンフリトレーの誇る名作「激辛マニア」を彷彿とさせるネーミング、「わさびマニア」ということで、今めちゃくちゃ構えてます私w 以前、同社が「チートスエクストラ 激辛マニア味」という製品を開発していて、しっかり納得の刺激だったので、今回のワサビは…うんw そのノリだとヤベェ感じのアレですなw というわけで、今回は絶賛ビビりまくっている私が果敢に挑戦する勇姿を皆様にお届けしたいと…



























































































・・・あかーーーん!!ww







味の満足度:★★★★★★☆☆☆☆ (6)
刺激満足度?:★★★★★★☆☆☆☆ (6)
(標準は★3です)

ナミダメエクスペリエンス…(脳天直撃体験w)わさびマニアが一体どういう神経してるのか どれほどの刺激までが美味しく食べられるレベルなのかは分かりませんが、一般人が美味しく食べられる常識的な刺激ではないです。最初ひとつ食べた時には、そうでもないかな? だったんですけど、調子に乗って続けたら、急にツ~ンッ! ってw ただコレがですね…素直に美味しいです(真顔)確かに刺激は アタマおかしい 非常識なレベルだったんですが、ねちねちと居座ることなく、ツ~ン! とキてスッ、と引いてくれんですよね。で、その後ふんわり甘味が上がってきて、仄かに残るワサビの余韻と甘味がクセになる感じというか、ツ~ンとクるぞぉ…ツ~ンと…ほらキタッ!w なのに、ついつい手が伸びてしまう後引く味わいでした。もちろんワサビが苦手な人は間違いなくヤメとけレベルではあったものの、チューブのワサビをダイレクトインしているような一辺倒で単調な刺激物ではなく、きちんと美味しい、そう素直に思える強烈なワサビ味です。ワサビの刺激耐性値がフツーな自分でも、最後まで持て余すことなく楽しめそうな予感(普段は数口しか食べないスナック菓子なのに⅓ほど一気に食べてしまったw)ワサビの刺激は舌にではなく、鼻に向けてダメージを集中砲火してくるタイプだったので、鼻を抜けた後の旨味を素直に楽しめたんだと思います。最初は思いっきりネタで買ったんですけど、ビールとの相性も最高だったし、これは期間中にリピートしたいスナック菓子でした。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

湖池屋「カラムーチョチップス タイ風ホットチリ味」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


本日の記事は不定期更新の勝手に激辛コーナーで、湖池屋の「カラムーチョチップス タイ風ホットチリ味」です。まず激辛ではないと思いますけどw イオンで絶賛開催中のタイフェア(あれ…? 本日最終日?!)で発見しまして、ちょっとカップ麺の箸休めに…と、思いましてですね(最近ちょっと忙しくてスイマセンw)軽〜く読み流しちゃってくださいw(私も軽〜く書きますので…w)というかタイ風って…まさか カメムs “アイツ” が大量に入っているとかではない…よね? 一応、パッケージの左下には、「※本品は辛い為、辛いものが苦手な方や小さいお子様はご注意ください。」とのコーションがあるので、ちょっと辣味にも注目してみましょうか。





満足度:★★★☆☆☆☆☆☆☆ (3)
辛さ満足度:★★★☆☆☆☆☆☆☆ (3)
(標準は★3です)

想像通り激辛には程遠い刺激ではあったものの、辛い食べ物が苦手…という人には少し厳しい辛さになるかもしれません。パウダーの量にムラがあったので、真っ赤じゃないヤツは大したことなかったんですけど、真っ赤に染まった個体は割と唐辛子の主張に輪郭がありました。味は日本のカラムーチョよりも酸味が控えめで、やや粉っぽく、唐辛子の風味には若干ながらハバネロ感あり。ほんのちょっと、気持ちチップスのサイズも厚めでしょうか。割と強めのガーリックは日本の味にも通じていましたが、酸味と香辛料の兼ね合いなど、やはり味のバランスは日本のカラムーチョが秀逸ですね。ただ、意外と唐辛子にスポットを当ててくれていたことには好感が持てました。確かに小さな子どもさんや、辛い食べ物が苦手な人にとっては辛口だと思うので、真っ赤なヤツに当たると厳しいかもしれません。反面、唐辛子の辣味が好きな人にとっては、適度に美味しいと思える刺激となるでしょう。少なくとも激辛党は、刺激に過度な期待を抱かないでくださいw 唐辛子の刺激にガツンと効いたガーリックのパンチが相俟って、これからの季節にかけてビールの相棒に誂え向きだと思います。日本のカラムーチョより酸味が控えめで、少し唐辛子が強めというニュアンスで問題ないのですが…タイ風は何処w 辛口仕様がタイ風なんですかね? とりあえずアンニャロウ(パクチーw)は潜んでおりませんでしたw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カラムーチョチップス ホットチリ味(55g)
価格:115円(税込 / 送料別) (広告の製品は「タイ風」ではありません)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram