徳島製粉の記事 (1/1)

徳島製粉「(新)金ちゃん飯店 焼豚ラーメン」



こんにちは :) 今日も昨日に引き続き呑ん兵衛ネタ(笑) 晩酌で焼酎を飲み終えた後はDVDを観ながらビール(2本)→缶チューハイ(2本)→ウィスキー(眠くなるまで)って感じで飲んでるんですけど、果糖ぶどう糖液糖の不自然な甘さが好きではないので缶チューハイは滅多に飲むほうではありませんでした。それが最近かなりハマってる缶チューハイがあってですね「キリン 本搾り」これがウマい!近所のスーパーにレモン、グレープフルーツ、オレンジと三種類置いてあるんですけど、自分はキリッとしたレモンがお気に入り。果汁とお酒だけのチューハイなので糖類も無添加、原材料の表記も〈レモン・ウォッカ〉のみ。ウォッカベースなのでスッキリとしてますし、余計な香りや雑味が無いのでシンプルイズベストとはまさにコレだなって感じですね。果汁が多いので飲む前に2~3回ゆっくりと逆さまにしてから飲むのがポイント「キリン 本搾り」オススメです。

さて、本日の一杯は、徳島製粉の《(新)金ちゃん飯店 焼豚ラーメン》です。

勝手に徳島製粉シリーズ第三弾(笑)

第一弾の「金ちゃんヌードル」第二弾の「NEO金ちゃん焼そば復刻版」に続き、最後の取りを飾るのは徳島製粉の高価格帯商品「(新)金ちゃん飯店 焼豚ラーメン」これもドラッグストアで上記の二品と一緒に購入したものなんですが、徳島製粉のカップ麺がその店舗にはこの三種類しかなかったので勝手に徳島製粉シリーズは一先ず第三弾で完結ですw「金ちゃんヌードル」「金ちゃん焼そば復刻版」は今までにも何度か見かけたことはあったんですけど「(新)金ちゃん飯店 焼豚ラーメン」は初めてで、今回ようやくその存在を知りました。内容量156gでレトルトかやく入り、これは食べ応えがありそうです :)




◆スープは〈豚骨エキスをベースに、鶏の旨味を加え香味野菜の風味を効かせたコクのある豚骨しょう油スープ〉とのこと。どちらかというと醤油の主張が強めな豚骨しょうゆ味で、アッサリとしていながらもコクはしっかりと感じます。豚的な要素としては、豚の骨を炊き出したというよりも、豚バラをじっくりと煮込んだような豚の旨みが目立っているといった印象。レトルトかやくの焼豚の旨みや脂なんかがスープに溶け出しているので、それが大きく影響しているんだと思います。スープ自体はシンプルな豚骨しょうゆ味なんですけど、後口に追いかけてくるような甘みがあって、それがなんともクセになるような後引く味わいのスープでした。

◆麺は〈調理時間が3分になって、さらにしなやかでコシのある、スープと馴染みの良い麺〉とのこと。しなやかさもないですしコシも全くありません(笑) 食感もボソボソとしたもので、かなり早い段階から湯伸びしてくるような印象の麺です。ただ、それだけにどんどんスープと馴染んでいく感じで、伸びやすい分スープの旨みを麺が吸い込んでいくというか、その感じが非常に好印象でした。インスタントらしい油揚げ麺なんですけど、このボソッとした食感が却って良いなーと思えるもので、スープとの相性はとても良かったです。なるほど、なんでもかんでもコシや歯応えがあればいいってもんじゃないんだなーと思いました。高価格帯のカップ麺=ノンフライ麺という傾向ですし、普通だったら『高価格帯なのにこの麺?』って感じるかもしれないんですけど、今回の場合に限っては“これが良い”と思えるような麺だと思います。

◆具は〈旨味たっぷりの焼豚とメンマの入ったレトルトを使用し、ナルトとネギで彩りを添えた本格具材〉とのこと。厚みのある3枚の焼豚は豚バラをひたすら煮込んだような感じで、箸で持ち上げると崩れそうになるくらい柔らかいです。どうしても赤身の部分は少しパサッとした食感ですが、脂身の部分のトロッとした溶け具合や豚脂の甘みなんかが感じられる美味しい焼豚でした。メンマは写真では大半が沈んでしまってるんですけど、大振りのメンマが7~8個としっかり入っており、コリコリとした歯応えもあってさすがレトルトだなといった印象。具材がメインといえるような高価格帯のカップ麺を食べたのは久しぶりだったので、なんだかちょっとリッチな気分になりました。(庶民派w)


《今回のカップ麺》高価格帯のカップ麺なんですが、あくまでも“カップラーメン”という枠は崩さない仕上がりといった印象を受けました。全くもってそのままなんですけど、イメージとしてはまさに“高級なインスタントラーメン”って感じの仕上がりです。いやーこれは好み。高価格帯=より本物らしく、より本格的にといった“脱カップ麺”な製品が多い中、こういうスタイルを通しているというのは非常に良いですね。レトルトかやくで本格感を出しながらも決してカップ麺という枠からははみ出さず、それでいてきっちりと価格に見合った満足感を与える。徳島製粉さん、あっぱれ!こんな風に自分のツボを突かれるとうっかりファンになっちゃいそうですw「(新)金ちゃん飯店 焼豚ラーメン」満足度の高い一杯でした :)


【製品情報】

商品名:(新)金ちゃん飯店 焼豚ラーメン
発売日:不明
メーカー:徳島製粉
希望小売価格:270円 (税別)

内容量 (めん量):156g (72g)

~栄養成分表~

1食 (156g) あたり

エネルギー:540kcal
たんぱく質:16.2g
脂質:27.2g
炭水化物:57.7g
ナトリウム:2.6g
ビタミンB1:0.44mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:130mg

(食塩相当量:6.6g)




徳島製粉「NEO金ちゃん焼そば復刻版」



どーも、毎晩の晩酌は欠かせない呑ん兵衛のtakaです。カクテルなどの甘い系から、赤ワインに白ワイン、日本酒に焼酎、ウィスキーにテキーラetc…ジャンルを問わず基本的に何でも飲むんですけど、紹興酒だけは飲めるやつと飲めないやつがあります。美味しい紹興酒は本当に美味しいんですけど、よくスーパーなんかで見かける紹興酒は苦手ですねぇ。初めて一口飲んだ時けっこうショックを受け、何年か経って好みも変わってるんじゃないかと先日口にしてみたらやっぱりダメでした(苦笑) 普段の晩酌では日本酒か焼酎がメインで、冬の寒い時期は日本酒を石油ストーブの上でゆっくりと燗をしながら飲み、最近は温かくなってきたのでもっぱらロックで焼酎(芋or黒糖)ばかり飲んでいます。芋焼酎は芋くさ~いのが好きなんですけど、毎晩ということと量もけっこう飲むので普段飲みは比較的リーズナブルなパックの黒霧島ですね(笑) え、休肝日?月月火水木金金、頑張れ肝臓w

さて、本日の一杯は、徳島製粉の《NEO金ちゃん焼そば復刻版》です。

元祖タテ型カップ焼そば「金ちゃん焼そば」の復刻版で「NEO」の文字がなんか誇らしげw これもたまたまドラッグストアで見かけたので「金ちゃんヌードル」と一緒に購入しました。復刻前の味は食べていないので分かりませんが、元祖タテ型カップ焼そばの復刻版ということで楽しみです :)




◆ソースは〈スパイシーであり、懐かしい味〉とのこと。「金ちゃんヌードル」同様、容器の内側は熱さ対策と思われるキザギザ加工が施されているんですけど、粉末ソースがその隙間に…w ま、まあ、いいでしょう(苦笑) まさに昔からあるような香りが漂うソースで、芳ばしくスパイシーな仕上がり。ほんのりと甘さもあるんですが、フルーティって感じではないですね。濃すぎることなくちょうどいい感じの味でクドさも感じられず、粉末ならではって感じのスパイシーさがクセになりそうなレトロな味わいのソースでした。

◆麺は〈ソースと相性がよい香ばしい麺〉とのこと。丸麺かと思いきや、やや太めの角ばった感じの麺です。プリッとした食感でちゃんと歯応えがあり、歯切れも悪くありません。もっと頼りないチープな麺を想像していたんですけど、意外にもしっかりと焼そばの麺だったので驚きです。ただ、湯切りの前にいったん麺を箸でほぐす工程が必要なので、それがちょっと手間ですかね。麺自体にも芳ばしい風味があって、ソース馴染みも良かったです。

◆具は〈シャキシャキキャベツが色、味ともにアクセントをつけています〉とのこと。具材はシンプルにキャベツオンリーなんですけど、昨今のカップ焼そばの傾向からもう珍しくもなんともありませんね。みずみずしいキャベツの甘みあって、食感もシャキシャキとしていて普通に美味しいキャベツでした。


《今回のカップ麺》「金ちゃんヌードル」と同じく、良い意味でなんとも素朴なソース焼そばです。どことなく懐かしさを感じさせるような味わいで、それでいてパッケージのレトロな見た目に反し押さえるところはきっちり押さえているなといった印象。ただ、カップ焼そばにしては量が少なかったことと(出来上がった状態でカップの半分ちょい)作る工程に若干の難あり。しっかり混ぜても側面が箸で削れないのは救いですが、タテ型カップの焼そばはただでさえ混ぜにくいのに粉末ソース&カップ内側ギザギザ加工で混ぜにくい混ぜにくいw それから湯切り前にフタを取って、箸でかき混ぜて、またフタをして、湯切りして、フタを開けて…と、何度か開け閉めしなきゃいけないんですけど、またこのフタがピッチリとフィットしていて開けにくい開けにくいw なんかそういう手間がかかる感じも含めて“昔なつかしい”なのかなーとか思ったり(苦笑) とはいえ仕上がりとしてはけっこうイケてたので、食べたことのない人はとりあえず食べてみて損はないと思います :)


【製品情報】

商品名:NEO金ちゃん焼そば復刻版
発売日:不明
メーカー:徳島製粉
希望小売価格:オープンプライス

内容量 (めん量):84g (72g)

~栄養成分表~

1食 (84g) あたり

エネルギー:415kcal
たんぱく質:6.4g
脂質:20.2g
炭水化物:52.1g
ナトリウム:1.3g
ビタミンB1:0.21mg
ビタミンB2:0.25mg
カルシウム:120mg

(食塩相当量:3.3g)




徳島製粉「金ちゃんヌードル」



どーも、将来は亀仙人のじっちゃんみたいなファンキーでフレッシュな爺さんになりたいtakaです。最近は夜中にビールやウィスキーを飲みながらドラゴンボールZのDVDを見てるんですけど(いまナメック星で悟空がついに超サイヤ人になってフリーザを倒したあたりです)ドラゴンボールのDVDを最後に観たのはたしか5~6年ほど前で、久しぶりに観ると何だか受け取り方が違うというか、妙に深く考えさせられるというか、ちょっと自分の見る視点や感受性が変わったかなーと思いました。たとえば悟空がフリーザに『バカヤロォー!!』とトドメを刺すとき“しゃーないフリーザ絶対的にお前が悪い”なんて当然の報いだと思ってたんですが、改めて観ると何だが込み上げてくる切ないものがあったりですね…。それに、前は気が付かなかった変なワンシーンにふと気が付いたりして面白いです。たとえばピッコロが力尽きて前向きにバタッと倒れたのに、何故か次のカットでは何食わぬ顔で仰向けになってたりして。いやいや、立つ気力も残ってないのにどうやってうつ伏せから瞬間的に仰向けになったんだとw そんな感じで最近は夜中にDVD鑑賞を楽しんでるんですけど、毎度のことながら悟空たちの戦いを見ていると思うわけです…いつか自分もかめはめ波くらいなら撃てるようになると(真剣)。たぶん、きっと、メイビー…いや、絶対!←

はいw というわけで本日の一杯は、徳島製粉の《金ちゃんヌードル》です。

関西圏でも自分の地域では徳島製粉のカップ麺は普段あまり見かけないんですが、たまたまドラッグストアで発見したのでたまにはこんなド定番商品を食べるのもいいかなと思って買ってみました。ずーっと前に食べた気もするんですが、全く記憶に無いので食べてないのかもしれません。アテにならないですねw せっかくなのでヌードル枠の代表格とも言える日清食品の「カップヌードル」と比較しながら、新鮮な気持ちで食べて感想を書きたいと思います :)




◆スープは〈何度食べても飽きない、さっぱりしょうゆ味〉とのこと。比較的あっさりとした醤油ベースで、椎茸などのダシの旨みがしっかりと感じられます。さっぱりとしているものの、味として濃い目。程よく効かされた胡椒などのスパイス感もちょうどいいバランスで、素朴な味わいながらも味気なさは全く感じません。野菜の甘さやダシっぽさからバリバリ洋風テイストの「カップヌードル」と比べると和テイストな仕上がりで、なんだか昔ながらの醤油味というか、とても懐かしさを感じるスープでした。

◆麺は〈肉エキスを練り込み芳ばしさと香り付けを行い、コシがあり歯切れ良く仕上げました〉とのこと。ヌードル麺っぽい麺なんですけど「カップヌードル」と比べると太さや厚みがあり、コシと歯切れの良さがきちんと感じられます。そして、想像以上に湯伸びしにくかったのには驚きました。お湯の量が少なかったり温度が低かったら前半は芯が残りそうですし、カタ麺にこだわらないのであれば湯戻し時間はキッチリ3分守ったほうがよさそうです。この手の麺の例に漏れず油揚げ麺の風味は強いんですけど、そのチープさが却って好印象というか、インスタントらしくていい感じ。しっかりと味付けされた麺は肉エキス練り込み麺ということで芳ばしさと旨みがあって、スープとの相性もよく食べ応えを感じる麺でした。

◆具は〈えび、豚肉、卵、椎茸、ねぎと彩りとボリュームのある具材〉とのこと。エビはしっかりと風味があって美味しいんですが、サイズは「カップヌードル」と比べると小さいです。くっ、さすが日清w でも、量はけっこうたくさん入っていたし、品種が違うのかスープとの関係なのかエビらしい味や風味はこっちのほうが強いかも。卵はしっかりとしていて何度かき混ぜても全く型崩れせず、ほんのりと甘いその優しい味とフワフワなのに弾力のある食感が印象に残りました。豚肉は…あまり印象に残ってませんw 椎茸は意識して噛むとジワッと椎茸の旨みが口に広がって、スープとの相性も良く美味しかったです。そいえば小さい頃、しょうゆ味の袋ラーメンに婆ちゃんが椎茸を入れて作ってくれたっけなぁ…と、ふと思い出しました。あれ好きだったなー。


《今回のカップ麺》とてもシンプルながらも後引く味わいで、なんだか子どもの頃に食べていたような懐かしさを感じるカップラーメンでした。雰囲気的には「カップヌードル」と「サッポロ一番 しょうゆ味」の合いの子って感じでしょうか。リニューアルと試行錯誤を繰り返し、数々の新商品がリリースされ、麺やスープにこだわりのあるカップ麺がありふれている中、こういう至って普通でクセのない素朴な味わいのカップ麺は貴重な存在だと思いました。販売地域が〈一部商品・地域を除き、主に中部地方より西日本。関東、東北地方においては、一部店舗にて取扱い〉とのことなんですが、全国展開しても問題なく通用するんじゃないでしょうか。スタンダードながらも飽きのこない味付けに『これはふと無性に食べたくなる味だなぁ』と感じたので、もしまた見かけたら買い置きしとこうと思います :)

あ、カップが「ペヤング」同様プラスチックの二重構造なので出来たてだとけっこう熱が手に伝わってきて熱いです。本気で熱いです。普段通り最近のカップ麺を食べるようなノリで油断して持つと確実にダメージくらいます。(くらいましたw) 注意(笑)


【製品情報】

商品名:金ちゃんヌードル
発売日:不明
メーカー:徳島製粉
希望小売価格:170円 (税別)

内容量 (めん量):85g (72g)

~栄養成分表~

1食 (85g) あたり

エネルギー:388kcal
たんぱく質:9.6g
脂質:15.3g
炭水化物:52.9g
ナトリウム:1.8g
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:155mg

(食塩相当量:4.6g)