ユーザータグ : author:takaの記事 (1/200)

七海交易「りょう君のジョロキア」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


【お知らせ】本日は定例の馬肉会(オフ会)を開催する為、メッセージやコメントの返信などに大幅な遅れが生じます。予め、ご了承ください。でもってですね…なんと今回、私の愛してやまないブログ、「おっちょこ主婦の家計救出ブログ」のオーサー、ビー玉ちゃんが満を持しての馬肉会に参戦ですよ。ふふふ… ←



さて、本日の記事は、不定期更新の勝手に激辛コーナーで、七海交易の「りょう君のジョロキア」です。私は普段、川口貿易のブートジョロキアパウダー(バングラデシュ産)を愛用しているのですが(そういえば記事にしてないな…)実は前々から気にはなっていたものの、きっと中身は同じだろうし…と、実際に試したことはなかったんですよね。それを知ってか知らずか、前回の激辛コーナーで紹介した、「燃えよ唐辛子」と一緒に変態紳士が送ってくれました。りょう君こと竹内僚氏がバングラデシュに渡り、本場で栽培したブート・ジョロキアを100%使用した一味唐辛子なので、おそらく中身のニュアンスは同じと見て間違いないでしょう。現在では「キャロライナ・リーパー」に、その座を奪われてしまったものの、かつては世界一辛い唐辛子として名を馳せ、ギネスに認定されたブート・ジョロキア。ちなみにブート・ジョロキアのスコヴィル値(カプサイシンの割合を測定した値:SHU)は、最高記録で1,001,304SHUと言われていて、激辛唐辛子として有名なハバネロのスコヴィル値は100,000~30,0000とされている為…もはや兵器w そんな茶目っ気のある(?)唐辛子を100%使用した、一味唐辛子…詳しくは、以下の項目で。



風味は、柑橘系の爽やかでフルーティな面持ちで、ハバネロなどに見られがちな甘味(コク)や、目立った癖は感じられず、料理の味を損なわないのが大きな利点ですね。どんな料理とも合わせ易く、しっかり辛さは添加してくれるので、非常に汎用性の高い仕様となっております。もちろん柑橘系の香りがプラスされる為、それなりに風味の変化は生じるわけなんですけど、その香りが自然と料理の味を引き立ててくれるというか、割と何にでもマッチしちゃう風味なんですよね。一般的な唐辛子特有の芳ばしさは感じられない為、そのようなアクセントが欲しい時には、「朝天辣椒面」という四川唐辛子をブレンドするなどして私は対応しています。

辛味は、文句無しに辛いです。いやほんと、冗談抜きで。直接舐めると(くれぐれも素人さんは真似しないでください)のっけから多数の細い針で舌の表面をグサッ、と突き刺されているような感覚に陥る瞬発力の高い即効性の辣味で、かなり攻撃的。しかし、割と引き際は潔くて、ダラダラと口内に停滞することなく、後味は爽やかに抜けていきます。この即効性と引き際の良さ、これこそがブート・ジョロキアの妙技と言えるでしょう。一味唐辛子なので、量さえ増やせば激辛マニアも納得の水準まで持っていくのは容易いことですが、おそらくジョロキアを知らない方にとっては未知なる刺激に足を踏み入れることになるので、少なくとも一般的な一味唐辛子を使う感覚での使用は控えてください。火を噴くレベルとか、そんな生易しいものじゃなくて、一歩間違えたら内臓の組織が崩壊するレベルなのでw


旨さ満足度:★★★★★★★★☆☆ (8)
辛さ満足度:★★★★★★★★★☆ (9)
(標準は★3です)

まず、罰ゲームなどでの使用を目的とした購入や、生半可な気持ちでの利用は控えてください。製品ラベルにも「過剰使用による胃の不調、皮膚の付着によるただれなどの責任は、製造元・販売元は一切の責任を追いかねます」と表記されているように、もはや食品を超えて “危険物” の領域なので、量を間違えたら多分、冗談抜きで死ぬと思います。初めて利用される方は、耳掻き1杯分から試してみてください。少なくとも一般的な一味唐辛子の感覚で使用すると、大変なコトになりますよ。例えばカップ麺の場合、人によっては2~3振りで食べられなくなってしまうかもしれません。軽く4~5回ほど振ってやれば、市場に出回っている「激辛」と名の付く製品も目じゃない刺激物に化けますよ。冒頭でも触れたように、辛さだけで言えば上を行く唐辛子が他にもあるのですが、もとの味を損なわない汎用性の高さと、量さえ増やせば激辛マニアも納得の刺激レベルに持っていくことが可能なので、このような満足度とさせていただきました(★10は未来の為に…)一応、カップ麺の総評とは違い、こちらは完全に私の独断と偏見に基づいた個人的な “満足度” になりますので、ご理解くださいませ。激辛党としてオススメの一味唐辛子ですが、前述したように取り扱い注意の “危険物” なので、くれぐれも計画的に、尚且つ自己責任でお願い致します。あ、それから粒子が非常に細かい為、湯気の立つ料理や、火を使っての調理中に使用すると、もれなく舞い上がって目や鼻の粘膜にダメージを喰らうことも稀ではないので、ほんと取り扱いには細心の注意を払ってくださいね。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「(コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 厚切焼豚とんこつラーメン ねぎ盛り」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、山芳製菓の新商品「ポテトチップス クレイジーソルト&ビーフ味」です。クレイジーソルトは我が家でも常にストックが欠かせないほど重宝している調味料なんですが、ポテトチップスともコラボしちゃったんですねー。以前、フリトレーのスナック菓子とコラボした製品は食べたことがあるんですけど、ポテトチップスは初めてかも。で、肝心の味なんですが…うん。クレイジーソルトらしいかと聞かれたら、まぁ言われてみれば、雰囲気は…みたいなw でも岩塩を思わせる塩気だったり、複雑味を感じるハーブの香りから、きちんとクレイジーソルトを彷彿とさせる個性は感じ取ることができました。ビーフの旨味は下支え的な存在感で、クレイジーソルトが手前です。そして意外にも目立っていたのが甘味で、これ砂糖の甘味ですかね。結構フロントで主張してきます。でも野暮ったい甘さではなく、旨味の一環として素直に受け入れられるような感じだったので、自分には好印象な甘味でした。気になる人は気になるかもですけど…それもポテトチップスらしいジャンクさの演出に寄与しているようだったし、シンプルで美味しかったです。

それにしても、カルビーや湖池屋から、いきなりポテトチップスの一時休売、及び終売のニュースリリースが発表されて、ちょっと話題になりましたよね。で、案の定、ネット上では転売屋が跋扈してるし…明らかに厖大な価格設定でネット出品している輩が多いので、騒ぎに便乗した法外な値段に騙されて買わないように注意しましょうねー。話題の「ピザポテト」も「終売」ではなく、あくまで「休売」ですから、いま焦って買わなくても大丈夫です。ただ、我らが愛しの「堅あげポテト 関西だししょうゆ」が “終売” なのはツラいなぁ…


さて、本日の一杯は、エースコックの「(コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 厚切焼豚とんこつラーメン ねぎ盛り」です。「三つ星」「極みの」「大人の」などなど、これまでにもワンランク上のスーパーカップがリリースされてきましたが、あまり個人的には良い印象がなくて…今度は「超」かー。ただ、意外にもメーカーの希望小売価格は205円と予想していたよりも良心的な値段設定でした。RICHの指標と思われる「厚切焼豚」のクオリティも然る事乍ら、スープの作り込みにも期待したいところ。あと、「ねぎ盛り」もワンランク上の指標ですかね。以前、「三つ星スーパーカップ」からも「辛ダレとんこつラーメン ねぎ盛り」というカップ麺のリリースがありました。最近のエースコックは白湯系のスープだと、小手先のギミック路線に走りがちな傾向にある為、やや不安は否めないものの、レギュラー販売されているスーパーカップの「濃コクとんこつ」は昔から大好きなカップ麺なので、ちょっと期待しちゃってたりもします。ちなみに販路はコンビニ限定のはずなんですけど、メーカーのニュースリリースには、「発売地区:全国(スーパー、コンビニ等)」って書いてあったんですよねw 多分、単純に表記ミスだとは思いますが。





スープは、「数種の特徴のある豚エキスやポークコラーゲンを使用し、ガーリックやオニオン等の香味野菜の旨みを加えた豚骨スープ」で、「ほんのり甘いスープに胡椒で味を引き締め、強めに香る独特の豚骨臭がより一層食欲をそそ」るとのこと。お、想像通り既存の「スーパーカップ1.5倍 とんこつラーメン」の流れを汲んでいますね。ただ、「超」なのにオリジナルと同じく、かやく入り粉末スープのみ、という構成が少々いただけなかったりもするのですがw スーパーカップの豚骨が好きな人は素直に好印象だと感じられる味だと思いますし、オリジナルの流れを汲んでいるとは言え、本家よりもリッチな雰囲気ですよ。あくまでも粉末スープ的な豚骨感なんですけど、まず “骨” だとハッキリ分かる旨味を中心に据えていて、昨今のエースコックに有り勝ちだったギミック的なネガティブさは感じられません。メーカーが製品説明の中に「豚骨臭」というワードを用いていますが、液状の油脂成分は付属していないので、あまりリアルなタイプの豚骨臭ではないです。然し乍ら、香りからはハッキリと豚骨であることが伝わってくる獣臭が漂っていて、粉末スープだからこそというか、「これぞ豚骨味のカップ麺だ!」とでも言わんばかりの “カップ麺として” 硬派な豚骨スープです。そしてスナック的でありながらも濃厚な豚骨感を強めのガーリックが引き立てていて、後味をペッパー系のアクセントと、やや強めの塩気が引き締めます。ルーツとしてはオリジナルの豚骨に起源を感じるものの、どこか東洋水産のタテ型カップ麺で感じるような面持ちに通じる豚骨感の持ち主でした。カップ麺としての王道を地で行くような豚骨味のスープだったので、この良い意味でのチープさには魅了されてしまう人も多いんじゃないですかね。

めんは、「豚骨ラーメンらしい歯切れの良さがある角刃の細めん」で、「適度な弾力を持つ、食べごたえのあるめんに仕上げ」たとのこと。既存の豚骨から使い回しかと思いきや、どうやら汎用の麺ではないようですね。やや縮れの付けられた断面の四角い油揚げ麺なんですが、カドメンほど自己主張の強い麺ではありません。博多系の低加水麺とは少し様子が違うものの、白っぽい見た目だったり、やや加水率の低い質感と歯切れの良さから、きちんと豚骨ラーメンに合わせて開発したことが伝わってきます。で、よく見ると麺に胚芽のような粒が見えるんですよね。これが全粒粉的な胚芽なのか、練り込まれている粉末醤油の色なのか、はたまた単純に油で揚げる工程で付着した色(焦げ)なのかは定かではないものの、焦げたような雑味は感じられなかったので、こだわりのポイントなのかな? と、思いました。

かやくは、「食べごたえたっぷりの焼豚をメインに、コリコリとした食感の良いキクラゲ、風味の良いごま、色調の良いねぎ」とのこと。おっ…さすがタイトルに掲げているだけあって、厚切焼豚は完成度が高いですよ。ちょっと味付けが濃過ぎるような気もしたんですけど、大きくて分厚くて食べ応え抜群。ややレトルト系の具材に通じる独特の風味を感じたのですが、逆に乾燥具材には見られない風味が高級感というか、乾燥チャーシューとレトルトチャーシューの合いの子みたいな、ちょっと他に類を見ないタイプの焼豚でした。スーパーカップ御用達の粗悪なスポンジ肉そぼろは論外として、あんまりエースコックの乾燥チャーシューで印象に残っている肉具材は記憶にないので、今回のハイクオリティな焼豚は軽く衝撃でした。他の具材は全て粉末スープの中に同梱されていて、キクラゲは細切れ、ネギの量も多いのは多かったんですけど、ねぎ盛りと銘打つのであれば、せめてネギだけ別添で後入れ仕様にして欲しかった、というのが不満でしょうか。然し乍ら食べ応えのある厚切焼豚を筆頭に、ネギもキクラゲも確かな存在感を放っていたので、いつもの具材に貧弱なブランドのマイナスイメージは皆無に等しかったです。揚げ玉も入ってたら嬉しかったなー、というのは思いっきりオリジナルのバイアスですねw


(標準は★3です)

コンビニ限定=定価購入必須という条件は回避できませんが、既存の濃コクとんこつラーメンと比較して、麺,スープ,具材の全てがブラッシュアップしていたし、それでいて希望小売価格の差は、たったの5円。もちろん既存のスーパーカップをコンビニ以外のチャンネルで購入することを思えば、コストパフォーマンスの優劣にこそ引けを取ってしまうものの、オリジナルよりも明らかにリッチな雰囲気だったし、それ故に体感的な満足度も高く、既存の豚骨味が好きならコンビニで定価購入するだけの価値は十二分に見出せると思います。きちんと専用に開発されたことが伝わってくる油揚げ麺に、あくまでも粉末スープ1本勝負ならではのスナック的な豚骨感とは言え、これぞ古き良きカップ麺の豚骨味だとも言わんばかりの豚骨感には素直に好感が持てたし、印象に残る厚切焼豚のクオリティも含め、今回は迷うことなく上出来の★5即決でした。ちょっと自分には全体的に塩気の強い味付けだったんですけど、味の濃さで舌が痺れて麻痺するようなレベルではなかったし、一定の塩気もスーパーカップの魅力なのだろうと最近は思っているので、スーパーカップが好きなユーザーであれば、手放しに楽しめる一杯だと思います。と、素直にオススメできる良品でした。ちょっと右肩下がりな印象の強かったスーパーカップシリーズでしたが、これぞスーパーカップの良さが最大限に活かされた一杯というか、毎回このくらいのクオリティで提供してもらえたら申し分ないんですけどね。少し期待していたとは言え、まぁ及第点に★ひとつプラスくらいかなぁ…という側面もあったんですけど、なんのなんの。まさに上出来の一杯でした。一応、シリーズ第1弾とのことなので、この水準を製品リリースのボーダーラインとして、開発陣の方々には一意専心の想いで続編の開発に取り組んで頂きたいです(←何様w)第2弾のリリースが素直に楽しみだと思えた、良い意味でスーパーカップらしい良品でした。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

まるか食品「ペヤング 背脂MAXやきそば」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、サントリーの新商品「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」です。いや、新商品というかリニューアル商品ですね。ちなみにサブタイトルが、「〈香るエール〉」から、「〈香る〉エール」に変わりました。サントリー曰く、「ご好評いただいている “フルーティな味わい” はそのままに、醸造工程を見直すことで、よりすっきりと心地よい後味に仕上げ」たとのこと。相変わらずホップの適度にフルーティな爽やかさと、タイトルで「香り」を括っているだけあって、確かに以前の香るエールよりも香り立ちが良くなったような気がします。ただ、本家リニューアルの時ほど目立ったブラッシュアップは感じられず、体感的にはロット差のニュアンスでしょうか。いや、オリジナルのプレモルは頻繁に楽しませていただいているのですが、香るエールは指折り数える程しか飲んだことがないので、自分が変化に気が付いていないだけかもしれませんがw ただ、やっぱりオリジナルと比較して、香りを意識している分、どうしてもコクに欠けるというか、うん。でもコンセプトが「プレモルにして、かろやか。」なので、立ち位置としては間違っていないのでしょう。しっかり香りを楽しむ為に、是非ともワイングラスを使用して楽しんでみてください。で、今回は “彼” を強制召喚しますよー。ちなみに前回のコラボ記事で、「惜しむらくは、4月11日に発売される『ザ・プレミアム・モルツ<香る>エール』。これと飲み比べをしてみたかったなぁ。」と、自ら公言してるんですよねw(フラグ?)ってことで…出でよ! バカワイン!(ゴゴゴゴゴ…)


さて、本日の一杯は、まるか食品の「ペヤング 背脂MAXやきそば」です。「にんにく」「わかめ」「パクチー」に続くMAXシリーズ第4弾で、背脂ですよ、背脂。今のところMAXシリーズは、良くも悪くも漏れ無くMAX(パクチーとかトラウマレベルで…w)だったので、今回の背脂にも期待と安心感を抱いている反面、問題は私の内臓が許容するかどうか…w 味としては背脂とか大好物なんですけど、身体が受け付けないという…いや、食べますよw ええw っていうか、ここまでハッキリとモノクロームのパッケージも珍しいですよね。店頭で異色なオーラを放っていましたw





ソースは…すんごいアブラです。ひと口目から唇ギットギト。かなりギッシュな仕上がりで、液体ソースというか…うん、もはやアブラです。割合としては、アブラ7割:タレ3割な感じですかね。こってり系のラーメン(チルド)に付属している液体スープあるじゃないですか、希釈用の。あんな感じw ただ、これがですね…美味しいんですよw とても美味しいw 嗚呼…アブラってウマイんだなぁ…ってw 植物油脂も含まれているのですが、ほぼ動物油脂だと思ってください。背脂の粒感とかは特に意識されてなかったんですけど、ひとくち食べた瞬間に背脂(豚脂)と分かる、こってこての旨味。でも闇雲にギッシュなわけではなく、豚脂の芳ばしさや特有の甘味など、きちんとアブラの “ウマミ” を意識してるんですよね。方向性は焼そばというよりも完全に油そばのニュアンスでしたが、酸味などのサッパリとしたアクセントは皆無に等しかった為、怒涛の如くアブラが押し寄せてきます。とんでもなくジャンク。意識高い系の海外セレブとか悲鳴を上げて逃げ出すんじゃないですかねw でも油そばに一定の耐性さえあれば、ほんと素直に楽しめる旨味だと思います。反面、苦手な人は絶対に手を出さないでください。出した手を喰い千切られますよw もちろん液体ソースにはアブラだけでなく、きちんとタレの要素も含まれていて、適度に醤油のキレを効かせながらもカドは立たせず、焼豚のタレを彷彿とさせる甘味を帯びたタイプ。チキンエキスとガラスープがレトロな中華そばを彷彿とさせるテイストを演出し、ガーリックペーストが然りげ無く旨味を補強。たしかにオイル感のインパクトはハンパじゃなかったんですけど、単純に脂っぽいだけでなく、ひとつの油そばとして、意外にも硬派な一面を魅せてくれた味わいでした。

は、いつものペヤング麺ですね。全体の方向性は油そばのイメージが強かったんですけど、いつものペヤングに使われている油揚げ麺を使用することで、なんとか「ペヤングのカップやきそば」という体裁を保っているようでしたw ソースの背脂が打ち出していたインパクトが強烈な分、麺は埋没しているのでは…と、思われるかもしれませんが、タレが鋭いタイプではなかったことと、油揚げ麺ならではの芳ばしいスナック感が功を奏し、ジャンクさの相乗効果を感じるような相性の良さで、意外と麺単体としての存在感は保たれていたんですよね。もともとがスナック路線邁進中な油揚げ麺なので、カップ麺ならではと言えるジャンクさが好印象でした。サイズも細めですから、ソースのアブラを容赦なく絡め取ってくれますよw

かやくは、メンマ、ねぎ、ナルトですね。肉系の具材は入っていませんが、あのペットフードみたいなヤツが入ってたら逆にテンションが下がるのでw 潔くカットしてくれたほうが好印象。で、やはり具材の構成も硬派な油そば、または中華そばに通じる内容ですね。で、それぞれの役割が非常に効果的です。まずメンマ、特有の風味に目立った主張は感じられませんでしたが、厚みがあって歯応えが明確。量も多く、箸休めに嬉しい存在でした。ネギの量も多く、歯触りと風味が脂一辺倒にならない工夫として寄与しています。ナルトも量が多く、箸休めとしてメンマとは違った方向性から存在感をアプローチ。それぞれが効果的に作用していたことで、強烈な油脂感を制することができた、と言っても過言ではないかもしれません。


(標準は★3です)

結論…「アブラはウマイ」w ここまで清々しく不健康だったら、もはや開き直って食べられちゃうというか…うんw ちょっと個人的には厳しい一杯(内臓的に)だったんですけど、それでも素直にウマイと思わされたことに、ひとつの油そば系カップ麺としての説得力の高さを感じた次第です。酸味の有無が大きな違いと言えるかもしれませんが、硬派でクラシックな油そばが好きな人は、ほんと違和感なく楽しめると思いますよ。反面、動物油脂に対する抵抗力に自信が無い人は、まず避けられたほうが賢明です。そのくらい強烈にアブラ推しだったので、かなり人を選ぶカップ麺になるとは思うんですけど、ここまでアブラの旨味をストレートに伝えてくれるカップ麺は珍しいですよ。変わり種のカップ麺や油そばに馴染みのない一般客層からのウケはイマイチかもしれませんが、コアな客層からは猛烈に支持されそうというか、そんな敢えて人を選ぶようなインパクトで勝負してきた部分に確かな価値が見出せました。ついてこれるヤツだけついてこい…的な、うん。これぞMAXシリーズの醍醐味だと思います。個人的に再食することは叶いませんがw(こう見えてマニア級の健康志向なのでw)このクレイジーな仕上がりには素直に好感が持てました。とりあえず今回の背脂MAXは…マジで背脂MAXなのでw ご利用は計画的に。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「和dining 清乃 こってり和歌山中華そば」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


自然とペットとアラフォー野郎と」の すっかりキラーパスを見落としていやがったw えたばりゅ氏が、番外編「100の質問」で回したバトンを やっとこさw 受け取ってくれました。「100の質問に答えまひょ(^^♪」さすが私の友人… 変わり者の 個性派w なかなか面白いアンサーとなっておりますので、是非ご覧くださいませー。



さて、本日の一杯は、エースコックの「和dining 清乃 こってり和歌山中華そば」です。前回記事の「みつ葉」と同じく、「セブンイレブン関西進出25周年記念商品」の一角としてリリースされたカップ麺で、こちらも大阪の父から頂きました。「和dining 清乃」は、2015年4月29日にラーメン専門としてリニューアルオープンされたそうで(もともとは和食屋さんだったらしい)かなり地元でも人気が…と、調べていたら、なんと食べログの「ベストラーメン2013」で全国1位を勝ち取ったラーメン屋さんだったんですねw ちょっと「みつ葉」の印象がイマイチだったので、同じエースコックが製造を担当してるところに懸念が否めないものの、またまた超有名店とのコラボカップ麺、お店の個性が感じられることに淡い期待を寄せながら…





スープは、かなり粘度が高く、たまに出てくる餡掛け系のカップ麺に匹敵するトロミ加減です。で、かなりカエシの主張も強いですね。別添の小袋は2種類とも醤油ダレ系の内容で、液体スープには醤油ベースのタレ+油脂成分、調味たれに至ってはフルで醤油でした。でも決して闇雲に醤油一辺倒なスープではなく、醤油の攻撃性を打ち出しながら、醤油の芳醇な香りや若干の酸味など、生醤油を彷彿とさせる本格さを演出しているような醤油感というか、そこに拘りが感じられた為、不必要に尖った醤油ではなかったです。塩気に過剰反応する私の舌には、やはりスープ単体だと厳しいレベルではあったものの、動物系の土台が力強かったのと、やや “雛形的な成分とは違う旨味” が感じられたので、そういった部分には見所を感じました。ただ、ちょっとトロミが態とらしかったかなぁ…これによって “こってり” っぽい雰囲気ではあったものの、粘性のタイプが動物系の素材を炊き出して自然に生まれたようなトロミではなく、片栗粉を使っているようなタイプだったので、中華そばというよりも餡掛け? みたいな。いや、お店のスープも餡掛け風なら再現度は高い、ということになるわけですけど、なにぶん本物の味を知りませんので…(苦笑)原材料にポークコラーゲンや、おからパウダーを使用しているあたりが如何にもエースコックらしかったりもするのですが、今回は鶏レバーパウダーという珍しい成分が起用されていて、動物系の旨味に雛形的な成分とは違う旨味が感じられたのは、鶏レバーパウダーの恩恵だったのかもしれません。あんまり見ない成分なんですけど、あの秀逸だった「MEGA豚 どトンコツラーメン」にも使われていた素材なんですよね。今回は典型的な醤油ベースの醤油豚骨味だったので、いわゆる「井出系」ではなく、「車庫前系」に分類されるのでしょうか。いや、でも漠然と餡掛け風のトロミスープ的なイメージが強かったので、どっちでもないのかもしれませんがw

めんは、軽く縮れの付けられた断面の四角い細麺で、歯切れの良さと歯応えにフォーカスを絞っています。プツンッ、とした食感が小気味の良い油揚げ麺ですね。加水率は低めの設定ですが、経時劣化耐性に優れ、3分しっかり待っても硬めに仕上がります。餡掛け並みの保温性能を誇っていたスープの中にあっても、最後まで硬め食感を楽しめたことにレベルの高さを感じました。と、同時に油揚げ麺特有のスナック的な面持ちも強かったんですけど、ややスープに押され気味な部分があったので、それが功を奏していたというか、麺のスナック感がスープをマスクするのではなく、スープが麺のスナック感をマスクしているようなバランスが面白かったです。で、スープの項目でも例として挙げた「MEGA豚」ですが、体感的な印象も似ていたし、もしかしたらMEGA豚に使われていた油揚げ麺と同じかもしれません。

かやくは、焼豚,ねぎ,メンマで、具材の構成は「みつ葉」と同じですね。ただ、今回はスープの関係か、やや焼豚からケミカルな風味を感じました。で、逆にメンマは印象が良く、個体差なのか仕様なのかは分かりませんが、「みつ葉」に入っていたメンマよりも2倍ほどの厚みがあって、コリコリ食感が濃い味スープの中で箸休めに良かったです。ちなみに今回の焼豚は…無事に原型を留めていましたww


(標準は★3です)

片栗粉を使って粘性を高めているような餡掛け風のトロミと、醤油に対する拘りに個性の感じられたカップ麺でした。で、気になる餡掛け風のニュアンスですが…こってりの演出に致し方ない手法だったのか、それとも実際のラーメンが餡掛け風なのか、そこが自分には分からないので、ちょっと今回の総評には自信がないんですよね…一応、漠然と和歌山の中華そばをイメージしながら食べたんですけど、一先ず醤油と豚骨のバランスは、完全に醤油ベース。ただ、餡掛け風のトロミが和のイメージを先行させて…あ、そっか、お店の名前は「和dining」…! と、書きながらリアルタイムに思いましてw もと和食屋さんの名残なのかなー、って。いや、全く関係ないのかもしれませんけどね。なんせ本物を知りませんので…orz ただ、漠然としたイメージと、和diningという屋号のイメージがピッタリと重なったので、食べてる最中こそ疑問符が否めなかったものの、食べ終わってから改めて整理し直して、ようやく価値が見出せた感じでした。ただ、今回の評価は私のイメージも強く作用していると思うので、あんまりアテにしないでくださいね…って、いつものことかw



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「奈良 ラーメン家 みつ葉 豚CHIKIしょうゆラーメン」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、森永製菓の「キョロちゃんのエッグハント<カスタードプリン>」です。カワイイでしょ?w 結論として、あんまりプリンっぽくはなかったんですけど、ちゃんとカスタードっぽさは感じられます。中はビスケット生地になっていて、タマゴボーロにカスタード風味のホワイトチョコレートをコーティングしました、みたいな雰囲気ですかね。チョコレートの中にはカラーシュガーが練り込まれていて、カラフルにデザインしたイースター・エッグをイメージした見た目となっています。そう、ハロウィンの次に流行るのでは? と、言われている「イースター」(ヨーロッパでの様子はコチラ)に便乗した商品で、スーパーの売り場には他にも関連商品がズラリと並んでいました。恥ずかしながら私、イースターの詳細を知らなかったんですよね。ずっと今まで「なんで春にモアイ(イースター島)なんだろう…」くらいに認識しておりましてw キリストの復活をお祝いする “復活祭” であり、春の訪れを祝うイベントだったんですね。キョロちゃんの商品名にもなっている「エッグハント」(隠したタマゴを探す)や、スプーンに乗せたタマゴを割らないように運んでスピードを競い合う「エッグレース」に、タマゴを割らないように転がして遊ぶ「エッグロール」など、カラフルに色付けされたイースター・エッグを使って遊ぶイベントなんかもあるそうです。あと、うさぎも大切なシンボルなんだとか。モアイまったく関係ねぇw ちなみにキョロちゃんのパッケージには仕掛けがあって、ちょっとしたエッグハント気分が味わえます。お子さんと一緒に遊ぶのは勿論、イベントの小道具や、ミニゲームの景品なんかにも使えそうですね。ところでカラフルなイースター・エッグ…この後どうするんだろう? 食べるのかな…


さて、本日の一杯は、エースコックの「奈良 ラーメン家 みつ葉 豚CHIKIしょうゆラーメン」です。セブン&アイ系列店舗限定発売品としてリリースされたカップ麺なんですけど、その中でも近畿地方の2府4県(奈良・大阪・京都・和歌山・兵庫・滋賀)限定となっていて、奈良・大阪・京都・和歌山では3月6日から、兵庫・滋賀では3月20日から発売となっています。自分の住んでいる地域はセブンイレブンやイトーヨーカ堂など、7&i系列店舗が不毛の地なので、自力で入手できず、見兼ねた大阪の父が譲ってくれました。一応、「みつ葉」のカップ麺自体は昨年から発売されていたので、新商品ではなく、実質リニューアルですね。私は実際の店を知らないのですが、行列必至の有名店らしく、連日かなりの列を作っているそうです。そんな有名店の看板メニュー「豚(トン)CHIKIしょうゆラーメン」を再現した今回のカップ麺、実はリニューアル前の製品も入手していたんですけど…何故か記事にしていないw そして食べた記憶も曖昧w という情け無さ…orz ってことで、改めて新鮮な気持ちでトライしたいと思います。ちなみに「セブンイレブン関西進出25周年記念商品」だそうです。もう25周年を迎えた2016年から年は変わってますけどもw




焼豚がぁーw

スープは、まず表面の細かな泡が印象的ですね。実際のラーメンもエスプーマ系らしいので、その雰囲気を再現しているのでしょう。エースコックには「極みのスーパーカップ」や、「衝撃の泡立ち」による泡系ラーメンの実績があるので、製造を委託したのも納得ですね。さて、肝心の味わいですが…かなりジャンクです。と言うのも、全面で化調が幅を利かせてまして、化調特有の成分で途中から舌がピリピリしてくるほど。これはこれでエースコックらしいとうか、ジャンクさの一端として評価できなくはないものの、有名店の再現モノというよりも、カップ麺(スーパーカップ)的な印象の強いスープでした。エースコックらしく香味野菜の主張も強く、醤油でしょうか? あと化調かな? やったら芳ばしいw そんなジャンクさには一定の需要が感じられたのですが、お店のスープはエスプーマ系なんだな、という点を除いては、かなり大味な仕上がりだと私は感じてしまいました。おからパウダーとクリーミングパウダーの影響か、スープの粘性は高く、それでいて動物系の旨味はポークコラーゲンや豚ゼラチンなどによるギミック感が強かったので、同社の「極どろ」シリーズに通じるネガティブさも否めなかったです。いや、これはこれで美味しかったんですけどね。ただ、有名店監修のスープというよりも、エースコックのカップ麺、という印象に随分と引っ張られてしまいました。ちなみに泡を演出する成分が粉末スープに含まれているので、小袋は熱湯を注いでから5分後に調味油が先、粉末スープが後と指定されている為、調理の際は留意してください。

めんは、もちもちとした密度の高い多加水系の油揚げ麺で、かなり麺単体としての存在感は大きいのですが、それに反して油揚げ麺特有のネガティブな風味は控えめ。エースコックの作る多加水系の麺は、ノンフライ麺も油揚げ麺も基礎レベルが非常に高いですね。食べ始めから食べ終わるまで、もっちりとした粘り気をキープしていて、麺量以上の食べ応えが得られました。かなり化調のパワーが力強いスープだったのでw それに負けない自己主張を放っていたのが良かったです。砂糖で味付けが施されているのですが、油揚げ麺特有の甘味と相俟って、じっくりと麺の味を楽しみたくなるような、完成度の高い油揚げ麺でした。

かやくは、焼豚,ねぎ,メンマですね。エースコックのタテ型では定番の構成で、これといって特筆すべき点はございません。ただ、本来1枚であるはずの焼豚は…提供者の愛車「たうい号」(チャリ)の前カゴで盛大に暴れ回ったのか、3分割+α(破片)の状態にw もちろん割れたからといって味の質が落ちるわけではありませんが、サイズが小さくなった分、チャーシューチップ的な雰囲気というか、ちょっと切なかったですw メンマは細切れだったんですけど(かなり小さくて薄い…)こりこりとした歯応えのある食感で、何気に量は多く、ふと口に入った時、アクセントに寄与してくれていました。ネギも同じく、歯触りと風味がハッキリとしていたので、こちらもアクセントに効果的でした。ただ、泡にコストを持って行かれたのか、具材までコストが回りませんでした、みたいな印象は否めなかったです。


(標準は★3です)

想像していたよりも随分とジャンクな仕上がりで、見るからにエースコック(スーパーカップ)的というか、勿論そのジャンクさはカップ麺ならではの魅力が感じられるポイントと言えなくはないんですけど、端的なイメージとしては、「極どろ」のネガティブな部分と「衝撃の泡立ち」を足して2で割ったような仕上がりというか、有名店監修らしい本格さが皆無に等しい、というのが大きく足を引っ張る要因となり、残念ながら今回は厳しめに見ざるを得ませんでした。連日、長蛇の列を作るほどの超有名店ですから、まず実際のスープは今回のような化調が主役のスープではないと思うし、きっと並んでまで食べる価値のある逸品なんだろう…と、想像はできるのですが、そういった要素がカップ麺からは微塵も感じられなかったんですよね。舌がピリピリするほど表立っていた化調の刺激は、ある意味カップ麺でしか味わえない美味しさ? と、言えるかもしれませんが、そういうのはスーパーカップの役目(と、思っている)であって、もうちょっと有名店監修らしい本格さや、繊細なニュアンスを感じたかったです。あ、でも多加水系の油揚げ麺は、かなり完成度が高かったですよ。他のシリーズにも汎用している麺だと思いますが、非常にレベルの高い油揚げ麺だったので、これは是非とも積極的に使用して欲しいです。今回、エスプーマ系を演出する上でエースコックに製造を委託したのは正解と思えた反面、「極どろ」シリーズや「スーパーカップ」シリーズの持つネガティブさが並行…いや、メリット以上に目立ってしまっていたので、そこだけが残念でした。ただ、お店の個性(味の面で)が全く伝わってこなかった分、より実際のラーメンに俄然として興味が湧いた、というのは大きな収穫だったかもしれませんw



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram