ユーザータグ : 汁なし!!の記事 (1/1)

サンヨー食品「サッポロ一番 汁なし!!横浜家系豚骨しょうゆラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ジャパンフリトレーの新商品「ピザーラ モントレー カレー味」です。ピザーラのロングセラーメニュー、「モントレー」の「カレー」をトルティーヤチップスで再現したらしいのですが、恥ずかしながら私はピザーラのモントレーを食べたことがございません。なので、再現度なんかは分からないんですけど、なかなか面白い味ですね。トルティーヤチップなので、生地の原材料はコーンなんですが、ポテトパウダーでジャガイモの風味が並行している部分が面白いw ほんのり重なるチーズのコクと、マヨネーズの風味。肉エキスパウダーがベーコンの旨味を演出していて、カレーは刺激の弱い甘口。実際のカレー味も、カレーの刺激的な要素は控えめなんですかね。かなりスパイス感が弱かったことから、カレー味に期待して手に取った自分としては、少し物足りなさを感じてしまったんですけど、よくあるカレー推しのカレー味ではなかった、というのは新鮮でした。ちなみに以前にも割引クーポン付きで発売されていたようなんですが、今年は割引クーポン付いてなかったです。まぁクーポンあっても使えないんですけどねー、ど田舎なんでw


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 汁なし!!横浜家系豚骨しょうゆラーメン」です。元来、サンヨー食品という企業は、ノンフライ麺を使った汁なしカップ麺を作らせたら、それはもう軒並み間違いのないクオリティの製品を世に叩き出してくれるメーカーなので、今回のカップ麺に対する実食前の期待値アップは否めません。最近はカップ麺でも見かけることの多い家系がテーマで、しかも汁なしバージョンだなんて、着眼点も面白いじゃないですか。汁なしラーメン系のカップ麺は各社から幾度となくリリースされていますが、はっきりと家系ラーメンを名乗る汁なしカップ麺を見たのは初めてかもしれません。家系ラーメンのイメージ的に、喉が渇きそうというか、味付けの濃さに対する懸念はあるものの、濃い味も家系の指標だと思っているので、評価がブレないように頑張りたいと思います。





たれは、「横浜家系のスープを、豚骨のうまみに鶏油のコクと香りを合わせた、汁なし用の豚骨しょうゆだれにアレンジし」たとのこと。うん、これは正しく “家系ラーメンが汁なしになりました” ですね。まったりとした豚骨の太い旨味に、負けじと重なる鶏油のコク。ほんのり漂う鶏油特有の芳ばしい香りや、ニンニクのパンチが効いたアクセントが家系ラーメンの演出に寄与しています。醤油ダレには確かな醤油の輪郭も感じるのですが、想像していたよりも塩気のカドは控えめで、味付けとしては濃いめに分類されるものの、塩気のキレで食わせるようなタイプではありません。食塩相当量も4.1gと汁なしカップ麺にしては常識の範囲内…いや、むしろ低と言えるし、勝手に比較対象として日清食品の「日清焼そばU.F.O.」を挙げますけど、食塩相当量はU.F.O.の5.8gよりも控えめな値となっています。それでいてポークエキスの旨味が濃厚なので、濃い味派のユーザーでも素直に楽しめるのではないでしょうか。特に奇を衒った要素は感じられませんが、きちんと塩気のレベルを汁なしカップ麺に合わせて調整した上で、どっしり豚骨、きちんと鶏油、ジャンクなニンニクという王道の雰囲気と味わいから、非常に満足度の高い仕上がりでした。

は、「つるみとしっかりとしたコシのある、太ちぢれのノンフライ麺」で、「たれにほどよく絡」むとのこと。太ちぢれのノンフライ麺と製品説明には記載されているのですが、サイズは中くらいか、一歩譲って中太ですかね。いつもサンヨー食品の製品説明では、麺の太さを表現する際、どうも実際のサイズよりも一回りサバを読んでいる気がしますw と、それは扨置き。家系ラーメンの麺は太いストレート麺が基本と言われていますが、今回は汁なしアレンジなので、縮れ麺でも全く以てネガティブな違和感はないですね。むしろ縮れがタレとの一体感に寄与していて、表面はツルツルとした上品なタイプのノンフライ麺だったんですけど、浮いているような嫌いは一切感じられませんでした。さらに油揚げ麺ではないので、濃厚なタレを合わせていても、最後までクドさを感じることなく食べられたのが大きな利点。もっちりとした粘り気が印象的で、麺単体としての存在感も強過ぎず、埋没せずの適切な立ち位置。このノンフライ麺を食べ慣れている私としては、特に驚きこそ感じられなかったものの、これといって改良して欲しい点も見当たらず、相変わらず質の高いノンフライでした。麺の量は70gだったので、汁なしカップ麺の平均値(80g~100g)よりは少なかったんですけど、質の高さから麺量は誤差の範囲内と思えたし、質に関してはタレと同様に文句の付け所が見当たらなかったです。

具材は、「肉そぼろのうまみが食欲をそそり、横浜家系ラーメンの特徴である、ほうれん草と焼のりを使用」とのこと。うーん、タレと麺は文句無しの仕上がりだったんですけど、やはり具材に寂しさが生じてしまったようですね。相変わらず肉そぼろは何の問題もなく美味しい肉具材だったんですが、ほうれん草の量は気持ち程度。でもって板状の焼のりがビジュアル的にも家系ラーメンの雰囲気を演出することに寄与しているんですけど、ひとつ注意点。私のように撮影するワンクッションが必要ない人は(普通は必要ないかw)麺の上に乗せて見た目を楽しんだ後、すぐに食べられることをオススメします。と言うのも、撮影が終わって間もなく、海苔がパリパリの状態で麺に巻いて食べたら美味しかったんですが、しばらくすると湯気で湿気ちゃうんですよね。スープありの場合、しっかりとスープに浸し、さらに表面を鶏油でコーティングすることによって、ウホウホ麺ローリンできちゃうんですけど、今回はスープがないので、時間が経ったら…ただの湿気た海苔w せっかくの別包装なので、食べたいタイミングでライドオンさせるのがいいと思います。


(標準は★3です)

希望小売価格が220円の製品なので、総評から具材の分ちょっと差し引いたんですけど、それを踏まえても文句無しでオススメです。抜群のクオリティを誇ったノンフライ麺と、濃厚の指標を履き違えていない丁寧なタレには、値段以上の価値を感じました。そもそも汁なしカップ麺が苦手な人には向きませんが、家系ラーメンが好きな人でも納得できそうな硬派な味だったし、家系ラーメンを知らない人でも問題なく楽しめるカップ麺になると思います。自分は大型量販店でも税込237円というコンビニ定価購入と変わらない取得価格だったんですが、それを加味しても大満足でした。しっかり濃厚、でも油揚げ麺ではなくノンフライ麺という取り合わせから、胸焼けを起こすようなクドいタイプのカップ麺ではなかったですし、軽く食後はニンニク注意報が出ちゃうかもしれませんがw 家系バッチコ〜イな男性ユーザーは勿論、こう見えてワイルドなカップ麺だって食べたくなるのよ、という隠れ肉食女子にもオススメです。まさに家系ラーメンをストレートに汁なしアレンジした仕上がりだったので、そのイメージで美味しそうと感じた人は、迷わず購入なさって大丈夫ですよ。個人的には、複数個買い置き決定レベルでした。まぁブログを書いている手前、怒涛の新商品リリースを思うと、買い置きなんて夢のまた夢ですけどね…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ一番 汁なし!!横浜家系豚骨しょうゆラーメン 100g
価格:193円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@イージャパンアンドカンパニーズ【7/22 - 29朝迄★期間限定★全品ポイント10倍】



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram