ユーザータグ : 有名店シリーズの記事 (1/3)

日清食品「有名店シリーズ 六厘舎 魚介豚骨中華そば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、明治の新商品「堅焼き仕立て 大人の贅沢カール 熟旨炙りカレー味」です。このシリーズが自分は大好きでして、「濃厚炙りチーズ味」も「濃旨炙り海老味」もストライクだったんですけど、今回はカレーですよカレー、しかも炙りと来やがった。カレー味のスナック菓子にも目がない自分なのですが、ほんのりカレーが香る程度で、 “カレー風味” の枠を出ない製品も多かったりするじゃないですか。そういう時はガックシ…なんですけど、こいつぁ一味も二味も違いますぜ旦那。しっかり濃い目のカレー味も然る事乍ら、チーズを乗せた焼きカレーを彷彿とさせる炙りのホロ苦さと、炙ったチーズのコクと芳ばしさが個性と高級感を演出。スパイスの刺激的な要素は決して強くありませんが、しっかりとカレーらしいメリハリは感じられたし、蓄積さてれいくスパイス感で、割と後半はピリピリ。そんなカレーのスパイス感とチーズのマイルド感も絶妙なバランスで、チーズのコクが濃厚さを加速させ、隠し味の海老が味に奥行きを生み、まったりと口の中に居座る深い旨味がヤベェやつ。ここ数年でリリースされたカレー系スナック菓子の中では、突き抜けた完成度の高さなんじゃないですかね。もしブログ的に評価するなら、迷うことなく★8即決ですよ。まず間違いなく美味しいとは思っていましたが、実食前の期待値を遥かに超えた美味しさでした。カレー味が好きな人もチーズ味が好きな人も満足できること請け合いですし、カレー味もチーズ味も好きな自分としては、マジで箱買いしようか真剣に悩んでますw コレはカール史上に残る逸品かと!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人の贅沢カール 熟旨炙りカレー味 50g×12袋
価格:1814円(税込、送料別) (2017/2/27時点)
@亀のすけ


さて、本日の一杯は、日清食品の「有名店シリーズ 六厘舎 魚介豚骨中華そば」です。「六厘舎」毎度の事乍ら実店舗は未経験なんですけど、かなり知名度が高く、ある程度の麺通であれば知らない人は居ないであろう言わずと知れた有名店ですよね。つけ麺で有名なお店ですが、今回の再現カップ麺は魚介豚骨テイストの中華そばで、「あまりの行列の長さに、惜しまれながらも閉店した人気店『六厘舎 大崎店(旧)』の幻のメニュー『魚介豚骨中華そば』が、店主・三田 遼斉(みた りょうせい)氏による監修のもとカップ麺で復活」とのこと。魚介豚骨と言われたら、またおま系で有名な「とみ田」が真っ先に思い浮かぶワンパターンな自分ですがw ひとくちに魚介豚骨と言っても種別は様々ですから、どんなタイプなのか楽しみです。





は、「濃厚なスープと相性が良い太ストレート麺」とのこと。有名店シリーズらしいスパッ、とした歯切れの良さが特徴的なストレート状の平打ち麺で、加水率は低く、油揚げ麺特有のアブラっぽい風味が控えめ、というのが最大のメリットですね。油揚げ麺でありながら、スープの邪魔をするような嫌いは一切感じられず、油揚げ麺らしからぬ上品さは唯一無二の存在感を放っています。タテ型に使用されている油揚げ麺の中では、相変わらず最高峰と呼べる仕上がりでした。この麺が苦手という声もチラホラ耳にしてるんですけど、自分としては高く評価したい油揚げ麺ですね。今回は熱湯5分バージョンでしたが、麺単体としての存在感は程好い主張なので、繊細な面持ちのスープとも見事にマッチしていました。

スープは、「動物系素材と魚介系素材のバランスが絶妙」な、「煮干しをたっぷり使用した魚介風味が特徴の濃厚豚骨スープ」に、別添で「うるめオイルを使用した『特製油』」付とのこと。体感的には明白な煮干の旨味をフロントから感じるものの、煮干特有のクセやエグ味などの一般的にネガティブとされる印象は最小限に抑えられ、スープの粘性は低くサラサラしてて、粘度の高い重厚感あふれる「とみ田」系の濃厚魚介豚骨とは一線を画しています。そして動物系の旨味にも確かな土台を感じるんですけど、こちらも畜肉系のクセは感じられず、魚介 “豚骨” と銘打ってはいるものの、実際のバランスは鶏と豚骨がフィフティか、むしろ鶏を軸に立てて豚骨が下支えをしているような印象も。動物系素材と魚介系素材のバランスは、魚介系素材(煮干)が手前にあるのですが、極めてバランス型の飲み易いスープです。またおま系の濃厚魚介豚骨をイメージして手に取ってしまうと、おそらく大きなギャップを感じてしまうことになるでしょう。斯く言う自分がそうだったんですけど、うるめオイルが魚粉だけでは打ち出せない芳醇な魚介感を演出していて、その2層に重なった魚介感には奥床しさがあり、食べ進めて行く毎に沁み込んでくるような優しい動物系の旨味に価値が見出せた時、気が付くとギャップから来る物足りなさは払拭されていました。決してインパクトのあるスープではありませんでしたが、まさにバランスを極めたバランス型の魚介白湯と言えるでしょう。

具材は、「チャーシュー、ナルト、ネギ、メンマ」とのこと。有名店シリーズは麺とスープの完成度が高い分、やや具材が寂しい傾向にあるんですよね。チャーシューは情緒の無いチップ状の肉具材で、ナルトも小さくて飾り的。メンマはコリコリとした歯応えが箸休めに効果的な要員ではあったものの、ネギも取り立てて目立った印象は感じられず、この項目は特筆して書くことがありません。ただ、蛇足的な具材が入っているわけではありませんし、イメージ的にもソツなく雰囲気は醸し出せている為、麺とスープの完成度を思えば納得できる内容なのではないでしょうか。結局、しっかり混ぜちゃった後は良くも悪くも具材とか気にならなかったしw


(標準は★3です)

有名店の魚介豚骨ということで、自分は「とみ田」系の “またおま” なヤツを想像してたんですけど、そのイメージで臨むと相反する方向性から、確実にスッテンコロリンしちゃうと思います。動物系素材からも魚介系素材からも特筆した個性やインパクトは感じられず、悪く言えば没個性な印象を抱かせてしまうようなスープでした。ただ、妙に後引く味わいで、食べ進めて行く毎にジワジワと込み上げてくる魅力があるというか、前半は非常に大人しい表情なんですけど、気が付いたら罪悪感も忘れてスープ飲み干しちまったじゃねぇか…みたいなw 特に旨味の濃度が蓄積され高まってくる中盤から後半にかけてのパフォーマンスが魅力的で、立ち上がりこそ遅かったんですけど、一定時間を経て徐々に高パフォーマンスを発揮していき、食べ終わる頃には前半の物足りなさを払拭して満足させてくれる、そんなスロースターターな一杯でした。最初は★3かなぁ…から始まり、旨味が蓄積されていく中盤には★4が見え始め、気が付いたら思いの他にスープの量が減っとるがなw みたいな感じだったので、最終評価は上出来の★5としました。粘度の高い重厚感あふれる濃厚魚介豚骨をイメージするのではなく、あくまでも各方面から丁寧に旨味を抽出、それを融かし合わせたようなバランス型のスープをイメージして手に取っていただければ、たしかな旨味にクオリティの高さが感じられると思います。ちなみに商品のモデルとなった、「魚介豚骨中華そば」が、「六厘舎(東京ラーメンストリート内)」「六厘舎 TOKYO 東京ソラマチ店」「六厘舎 大崎店」にて、期間限定で提供されているようです。ただ、3月5日(日)迄なのでw 気になった方は、お早めに。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「有名店シリーズ 築地えび金 海老そば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「ポテリッチ 海老ガーリック味」です。以前、ハワイの「ガーリックシュリンプ」が流行っている、というのを嬉しいかな悲しいかなカップ麺で知ったんですけどw 今回それをイメージしたフレーバーでしょうか。開封した瞬間、海老煎餅チックな芳ばしい香りが漂ってきて、ファーストインプレッションから海老の芳ばしさが主張してきます。ガーリックは攻撃性の感じられないタイプでしたが、確かな存在感から引き立て役として効果的で、ほんのり後口に漂うオリーブオイル特有の風味が一工夫にナイスですね。原材料には「おきあみエキスパウダー」「えびパウダー」と2種類の海老原料が使用されていて、納得の芳ばしさ。自分は海老殻の芳ばしさよりも身の旨味を感じたい派なんですけど、海老とガーリックをオリーブオイルでこんがり焼き上げた味わいのポテトチップスとのことなので、芳ばしさに振り切っていたことも納得できたし、素直に美味しかったです。ただ、洋風海老煎餅な雰囲気は最後まで否めませんでしたけどw カルビーには「かっぱえびせん」のノウハウがあるので、海老系に関してはスペシャリストと言えますよね。もうちょいガーリック感も強いと嬉しかったかなー。

さて、本日の一杯は、日清食品の「有名店シリーズ 築地えび金 海老そば」です。今回でシリーズ第12弾に当たるんですけど、有名店シリーズから海老系が出るのは初めてですかね。以前は物珍しさを感じていた海老系のラーメンですが、カップラーメンの題材としても頻繁に起用されるようになり、すっかり板に付いてきた印象です。「築地えび金」というラーメン屋さんの看板メニュー「海老そば」を再現したそうで、実際のラーメンは、「えび粉を練り込んだ自家製麺を使用し、これまで一般には使われてこなかった甘えびの頭からダシをとったスープが特徴」とのこと。日清食品の製品情報にも「築地発! えび好きのための一杯!」なんて書かれていたので、実食前のイメージとしては私のようなエビラー(マヨラーのニュアンスで発音)の為にあるようなカップ麺だと解釈しているのですが、果たして海老殻っぽい甲殻類特有の芳ばしい攻撃性でクラクラと酔わせてくれるような一杯なのか、それとも身が持つ優しい旨味で勝負してくる繊細派なのか…なんにせよ楽しみだーw





は、「のどごしの良い細ストレート麺」とのこと。さすがにカップ麺では麺に海老は練り込まれてませんでしたがw 相変わらず上品さが売りの油揚げ麺ですね。つい最近、サンヨー食品の「和ラー」で感動したばかりなんですけど、やはり「有名店シリーズ」の油揚げ麺もタテ型の中では最高峰の地位にあると思います。何と言っても油揚げ麺特有のネガティブな印象が皆無に等しく、全くと言っていいほどスープに干渉してこない慎ましさが好印象。さらに今回は普段よりも幅が狭く、ややサイズが細めに設定されていて、スープの海老をダイレクトに運んでくれます。加水率の低い歯切れの良さや、しなやかで喉越しの良い質感を踏襲しつつ、普段よりも硬めの歯応えだったのは、麺のサイズを調整したからでしょう。主張し過ぎない香辛料の下味がスープとの一体感を高めていたし、毎度の如く油揚げ麺らしからぬ上品さを醸し出していて、スープとのバランスにも問題を感じさせません。まずテーマとなっている海老の風味を直感的に感じられたのが良かったし、それでいて埋没することなく、存在感は強過ぎない適度な自己主張。それに、こういう質感の中細麺だと、「ラーメン」というよりも「そば」という表現が似合いますね。食べ終わる頃になっても歯切れの良さが持続していた耐久力にもレベルの高さを感じたし、「そば」っぽい雰囲気を演出していたことにも好感が持てる油揚げ麺でした。

スープは、「えびの香ばしい風味が特徴の、甘みと旨みがたっぷりと詰まったしょうゆベースのスープ」に、別添で「えびの香りと旨みを凝縮した『特製油』」付とのこと。まず海老の風味ですが、海老殻を彷彿とさせる甲殻類特有の芳ばしさを軸にした輪郭のあるタイプです。えびパウダーが原材料の筆頭にあるんですけど、おそらく小海老を海老殻ごと粉砕したようなパウダーなのでしょう。甲殻類特有の芳ばしさを分かり易く打ち出していて、なかなか臨場感のあるスープでした。原材料にカニの表記はありませんでしたが、アレルゲン情報には記載があったので、おそらく甲殻類特有の芳ばしさを高める目的として、魚介調味油の原料に使用しているのでしょうね。特製油を入れる前から海老の風味はバッチリなんですけど、特製油を加えると甲殻類特有の芳ばしさに拍車が掛かり、同時に動物性のコクがプラスされ、スープに適度な厚みを付与。それでいて動物性の油脂成分が海老の風味をマスキングしていなかったのは、魚介調味油が中継ポイントとして互いの橋渡しをしていたからでしょう。前半は主張し過ぎない動物性のコクと海老の芳ばしさで喰わせるような迫力のあるスープなのですが、後半にかけて特製油の主張が弱まってくると、今度は海老の繊細さが見え始め、徐々に海老の色合いに変化が生じてきます。通常、序盤にあったインパクトが鳴りを潜めてくると物足りなさを感じてしまうのが常なんですけど、今回はベースのスープにも確かな海老の旨味と甘海老を彷彿とさせるような甘味があったので、芳ばしさのパンチが弱まっても旨味にマイナスなイメージが無かったんですよね。人によってはインパクト不足に映ってしまうかもしれませんが、自分としては表情の移行が2度楽しめる感じでプラスポイントでした。鶏の旨味も醤油の香りも下支え的で、それだけに海老を主軸にしていることがハッキリと分かる構成から、私エビラー的にも満足度は高かったです。

具材は、「小えび天ぷら、鶏肉、えび、ネギ」とのこと。まず小えび天ぷらの存在感が効果的で、赤く着色した海老風味の揚げ玉ではなく、きちんと桜海老チックな小さい海老が1尾ずつ揚げてあります。海老の効いたスープとの相性は勿論、天ぷら特有の油脂感と海老の芳ばしさが良い意味でスープに影響を及ぼし、全体の芳ばしさを数段上の位置に押し上げてくれていた功労者。量も多めに入っていたので、スープの芳ばしさが弱まってくる後半、意識的に食べると海老の芳ばしさ再発な感じでアクセントにも良かったです。さらにリアルな海老は「カップヌードル」でお馴染みの風味が強い大きな海老で、これまた全体の海老感を飛躍的に高めてくれていたんですよね。しかも9尾! この時世に泣かせるじゃないですか…。小海老天も海老も調理の過程でスープに香りが移るので、出汁的な要員にもなってるんですよね。鶏肉はカットして完全に海老オンリーな構成でもインパクトがあって面白かったと思うんですけど、蒸し鶏らしいソフトな食感と旨味の感じられる肉具材だったし、気分転換にはもってこいで、サイズ的にも確かな存在感がありながら、優しいスープの邪魔をするような自己主張の強い肉具材ではなかったのが良かったです。葱は汎用の小葱でしたが、風味と歯触りがアクセントに効果的だったし、麺とスープのクオリティが高くても、全く以て不満要素の見当たらない具材構成でした。

(標準は★3です)

えび好きのための一杯! なんてメーカーは豪語してましたけど、さすが言うだけの事はありましたね。まさにエビラーにとって、マストな一杯だと思いますよ。相変わらず油揚げ麺らしからぬ秀逸な油揚げ麺に、しっかりと海老を主軸に構成されたスープ、さらに満足度の高い具材と三拍子揃った仕上がりで、メーカーの希望小売価格は205円ですからね。麺量も80gとタテ型ビッグの平均値を守り、食べ応えの面にも余念がありません。「有名店シリーズ」だからこその秀逸な基礎クオリティの高さを考慮して、総評は★5のラインが妥当だと判断したのですが、海老系のラーメンが好きなら確実に満足できる一杯だと思いますし、コンビニで定価購入しても値段以上の満足感が得られると思いますよ。それにカップラーメンで海老系のスープと言えば、味噌系だったり白湯系だったりが多いので、今回のような清湯ベースの海老系スープって珍しかったりするんですよね。それでいて明白に海老が伝わってくるインパクトと、後半にかけての滋味深さを兼ね備えた仕上がりから、非常に満足度が高かったです。エビラーさんオススメですよー。前半は海老の芳ばしさと動物系の旨味が織り成す兼ね合いを、後半は滋味深い海老の旨味を、そんな移り行く海老の情景を楽しんでみてください。ちなみにフタ裏の特別クーポンを築地本店に持って行くと、麺増量orトッピングが無料になるそうです。遠いよ築地…(泣)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」



5月17日発売、サッポロ「ヱビス マイスター」を飲みました。いきなりですが、結果的感想…これ好きだーw さすがヱビスの最高峰ですな。ヱビスを知り尽くした総勢50名超の技術者が集結して開発されたらしく、ホップはオリジナルのヱビス同様 “ハラタウトラディション種” を使用し、さらに “ロイヤルリーフホップ” を一部使用とのこと。グラスに注ぐと琥珀がかった色合いで、まず濃度の高さを目で楽しむことが出来きます。香りにはトップノートから複雑味を感じ、密度のある芳香。口に含むとヱビスらしい重心の低さを訴えつつ、それでいて磨かれたような高級感のある洗練された面持ち。ヱビスらしい一定の苦味を持ちながら、あくまでも旨味を強調している感じで、重厚感がありながらも重た過ぎず、全体の雰囲気として確実に高級感を演出しているのですが、決して敷居が高い味ではありません。しっかりとヱビスらしさが踏襲されていることで、突っ撥ねるような印象は受けないんですよね。余韻には舌の根に残る旨味を残しながら、後味には雑味がなく、深みがありながらも重くなり過ぎないテイスト。まずオリジナルのヱビスを尊重し、それを限りなくストレートに昇華させた感じですね。かなり洗練された路線ですが、割り切ってて良いと思います。本家よりも1本あたり30円ほど高かったんですけど、値段の差以上の価値を見出すことが出来ました。ランクのイメージとしては、「ザ・プレミアム・モルツ」と「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」の中間点に位置しているような雰囲気で、まぁ値段的にもそうなんですけどw しかもこれ、嬉しいことに期間限定ではなく、通年商品なんだとか。よくやったサッポロビール! ちなみに私は、日本の大手酒造メーカーが作る一般販売向けのビールの中でヱビスを贔屓する傾向にあるので、そのような者の感想であることをご理解ください。いやでもほんと、日本初のウェットルック缶で手に取った瞬間から高級感がありますし、サッポロのプレミアムブランドであるヱビスを純粋にブラッシュアップした雰囲気で、なかなかにラグジュアリーな一杯でした。わぁ〜オレこれハマるぞw ヤバいぞw 5月24日から樽生も出ているそうなので、そっちも激しく気になってます。

さて、本日の一杯は、日清食品の「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」です。前回の「有名店シリーズ」は、まさかの丼型だったんですけど、再びタテ型でカムバック。なんですけど、ちょっとニュースリリースを見て気になったのが、今回の「鳴龍」でシリーズ第10弾となっていて、ひとつ前に当たる第9弾は「マタドール」なんですよね。つまり、丼型はカウントされていない…謎が謎を呼ぶ丼型の存在w それは扨置き、監修店の「創作麺工房 鳴龍」は、「東京・大塚で連日売り切れ続出の人気店」で、「店主の斎藤一将氏は、ホテルの中華料理店で料理長として腕をふるった経歴を持ち、看板メニューの『担担麺』以外のメニューも評価が高い、今注目の有名店」だそうです。このシリーズは基礎クオリティが高いので、いつも安心して手が出せる印象ですね。自分は担担麺に胡麻の濃度を求める傾向にあるのですが、今回は醤油ベースとのことなので、予めスタンスを切り替えて食べたいと思います。





は、「のどごしのよい細ストレート麺」とのこと。いつもの上品で繊細な油揚げ麺らしからぬ油揚げ麺で、加水率が低めの質感から歯切れの良さが光っていて、担担スープのイメージともマッチしていました。自分は担担麺に低加水麺を合わせたがる傾向にあるるので、そのバイアスが多少なりとも干渉しているかもしれませんw ただ、それを差し引いても麺自体の完成度は相変わらず秀逸で、油揚げ麺特有のネガティブさは極めて弱く、繊細で本格的なスープを阻害しない、というのが最大のメリット。麺単体としても素直に評価できるし、油揚げ麺でも再現モノとして難なく成立してしまうことから、やはりこの麺ありきのシリーズだと思います。今回はスープがスッキリとした路線だったので、追って探すと油揚げ麺特有の風味を普段よりも前に感じたのですが、油揚げ麺の持つ負のイメージよりも特有の甘味を素直に楽しめる感じだったし、その風味がスープと合っていてオツな感じでした。

スープは、「丸鶏などから取った旨み溢れるスープとしょうゆダレに、胡麻の甘味とコクを利かせた上品な担担スープ」で、別添に「唐辛子の辛みが食欲をそそる『特製油』」付とのこと。醤油ベースの担担スープということで、それなりに醤油感が強いのかと思いきや、そうでもないのですね。まず印象的だったのは、極めてバランス型だったこと。それでいて中途半端な仕上がりではなく、丸鷄の旨味と豚脂によって動物系の厚みを打ち出し、重なって芝麻醤がコクを深めています。胡麻の風味がフロントにあるわけではないのですが、食べ進めることによって蓄積されていくというか、後半にかけて頭角を現してくる感じ。そこへ絶妙な配分の酸味が相俟って、方向性としてはスッキリ路線だったのですが、追って奏でるような旨味から食べ進めていく毎に美味しさが増していくような味わい深いスープでした。ちなみに唐辛子の辣味や花椒の麻味など、刺激的な要素は控えめだったんですけど、明確な動物系の旨味と緻密に計算された酸味と甘味のバランスが絶妙で、刺激を欠いても補って満足できる要素を感じられたのが良かったです。

具材は、「肉ミンチ、ネギ」とのこと。ネギは特筆すべき具材ではなく、至って普通の小葱だったんですけど、肉ミンチの満足度は非常に高いですね。凝縮されたような肉の旨味が印象深く、自然な歯触りにも好感が持てたし、量も申し分ありません。今回はスープが繊細な路線だったので、人によってはインパクト不足な印象を受けてしまうかもしれませんが、存在感の明白な肉ミンチが分かりやすい旨味となっていて、力強さを補完してくれる感じ。そんな明瞭に存在感のある肉具材ですが、決してスープの繊細さを壊さず、適度にパンチを与えてくれている雰囲気が好印象でした。かなりシンプルな構成なんですけど、メインの肉具材は量も質も申し分なく、かなり満足感が高かったし、いろいろゴチャゴチャと品数を入れるよりも今回のように質の高い具材で一点突破してくれる方が良心的だと感じました。

(標準は★3です)

強烈に胡麻の濃度を打ち出したスープをイメージしていたり、粘度の高いコッテリ系や、辣味や麻味などの刺激的な要素を求めると物足りなさを感じてしまいそうですが、それを補って余る丸鷄の旨味と緻密に計算されたバランスの秀逸なスープ、そして一点突破型の肉具材に価値が見出せたので、納得の★5としました。製品説明にもあるように上品な出で立ちの担担スープだったんですけど、今回もスープの繊細さを壊さない秀逸な油揚げ麺が面目躍如な活躍振りだったし、相変わらず油揚げ麺を採用したタテ型の再現モノとは思えないバランスで、このブランドが持つ強みを活かせていたのが良かったです。カウントされてなかった丼型の存在が不透明なまま第10弾としてタテ型が登場してしまいましたけどw 今後も安心して手に取ることが出来そうですね。今回のようなシャープな路線の担担麺も最近では珍しいですし、こういうバランス型の担担麺もアリだなー、って素直に思えました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「有名店シリーズ 魚雷 稲庭中華そば」



ヤマザキの「ちょいパクラスク フレンチトースト味」というラスク系の菓子をスーパーで見付けて買ってみたのですが、これいいですねー。「ランチパック」を作る時にできるパンの耳をラスクにしたらしくて、コレがなかなか。基本、私はラスクが好きなんですけど、パン耳特有の芳ばしさが素直に美味しかったし、甘さも程よくて、ランチパックの切り落とされた耳ってどこに行くんだろう…と、疑問に思っていた自分としては、同時にスッキリw 副産物とはいえ、ラスク系の菓子として問題なく成立していたし、何よりリサイクル精神が素晴らしいと思いました。と、後から調べてみたら意外と前から売られてたんですねw 少なくとの自分には新鮮味があったし、メロンパンの皮だけ焼いちゃったヤツよりも印象が良かったですw

さて、本日の一杯は、日清食品の「有名店シリーズ 魚雷 稲庭中華そば」です。「有名店シリーズ」は、基本的に油揚げ麺を採用したタテ型カップで展開されているブランドなのですが、今回はシリーズ初の丼型で、しかもノンフライ麺を起用。あの油揚げ麺らしからぬ油揚げ麺こそが最大の武器になっている印象が強いので、そのブランドがノンフライ麺を開拓するとなれば、相当なハードルになってくるんじゃないですかね。それに再現カップ麺シリーズとは言え、今回の路線は丼型の完全本格思考。自ずと期待値は高まります。監修店の「本枯中華そば 魚雷」は、「サイフォンで本枯鰹節からスープを抽出する斬新な調理法で話題を呼ぶ東京・小石川の名店」で、「『稲庭中華そば』のみならず、定期的な限定ラーメンや好みの具材を選べるプリフィクス形式など、斬新な手法で話題を呼ぶ有名店」だそうです。ちなみに店主の塚田兼司氏は、「長野を拠点に『気むずかし家』などの店舗を展開し、『信州麺友会』の顧問や『日本ラーメン協会』の理事も務め」ているとのこと。「有名店シリーズ」の基礎クオリティも相俟って、私の期待値かなり高いんですけど、ちょっとこのパターン大丈夫ですかね…w 稲庭うどんのような麺と魚介&鶏だしのWスープが特徴の一杯らしいなので、双方の質と相性に注目しながら食べ進めていきたいと思います。(稲庭うどん食べたことないけど…w)





は、「なめらかでつるみがあり、独特の食感を持つストレート麺」とのこと。おっと…これは独特な麺ですね。これまでに食べてきたノンフライ麺とは一線を画す仕上がりで、少なくとも私は今までに経験したことのない麺だったので、かなり新鮮味を感じました。基本は “らーめん” の麺なんですけど、後味に残る風味と鼻を抜けるような小麦の香りが “うどん” っぽいというか、コシの強さや密度の高い粘り気、確かな小麦感がありながらも嫌味ではなかったし、表面のスープ馴染みも問題なく、ひとつのノンフライ麺としての基礎クオリティも然る事乍ら、兎にも角にも風味に強い個性を感じましたね。「稲庭うどん」は食べたことありませんが、なんだかルーツを感じるような…いや、漠然とw そのリアルな風味から、カップ麺のノンフライ麺を食べているというよりも、なんだか乾麺を茹でて食べているような感覚に近くて、ある意味カップ麺らしからぬというか、この “らしからぬ” 感が「有名店シリーズ」らしいなぁ…って、漠然とw いやいや、ほんとコレはちょっと面白い麺ですよ。かなり風味が独特で、カップ麺を普段から常用していない人は勿論、カップ麺好きにこそ手に取ってもらいたいですね。スープの項目でも触れますが、すこぶるスープとの相性が良くて、ベストマッチとはこの事だと思いました。時間経過による麺の伸び方も極めて自然で、そういった部分にも好感が持てました。

スープは、「サバや煮干し、昆布や鰹節などからとった魚介系のだしと鶏のだしを使用した、風味豊かな淡麗系スープ」とのこと。おぉ…確かに淡麗系なんですけど、力強いスープですね。まず魚介のパンチが明白で、主体となっているのは鯖と鰹、そして後味には煮干の風味が香り、昆布が旨味を補強。節系が主体の魚介感ということで、セブンプレミアムの「もちもちの木」と似た系統の魚介感なのですが、比べるとスープの油脂成分は明らかに少ないので、受ける印象は異なるんですけどね。でも軽く油膜が張っていて、薄っぺらさは感じません。方向性は淡麗系らしくスッキリでありながら、決して物足りないわけではなく、明白な魚介のパンチと上品な鶏出汁の風味による繊細かつダイナミックな味わいには滋味深さが感じられ、適度な鶏油が厚みを演出。醤油ダレはキレのあるタイプだったんですけど、ただ闇雲に尖っているわけではなく、後味に効果的なキレを生みながらも鋭利な主張ではありません。そして麺との相性、これが極めて高かったんですよね。 “らーめん” と “うどん” という両側面のメリットを併せ持ったノンフライ麺と、和の面持ちを感じさせるスープが絶妙にマッチしていて、互いの存在感と長所を尊重しつつ、それらを高め合い、両者の強みを遺憾無く伸び伸びと発揮していました。

具材は、「チャーシュー、白ネギ」とのこと。チャーシューはサイズこそ小さめだったんですけど、その質は「行列」シリーズや、「ラ王」など、日清食品の高価格帯カップ麺に入る肉具材と何ら遜色は無く、そんじょそこらのチャーシューとは比べものになりません。あとは白ネギと非常にシンプルな構成なのですが、今回は麺とスープに価値の見出せる一杯だったし、もはや素ラーメンでも勝負出来そうな雰囲気だったので、シンプルさが功を奏していると思いました。

(標準は★3です)

かなり(勝手にw)期待値を高めて臨んだので、値段も値段ですし、そこそこ辛口評価になるかと思いきや、なんのなんのw 超強力な一杯でした。まず新開発のノンフライ麺が独特で、それだけでも確かな価値を見出すことが出来たんですけど、スープの完成度も非常に高く、独特な麺と完成度の高いスープがベストマッチとなれば、これはもう素直に評価せざるを得ない感じで。やや値段を踏まえると具材に寂しさを感じるものの、今回は麺とスープが命、みたいな雰囲気だったし、チャーシューと白ネギの質には高級感があったので、むしろ蛇足的な具材が入らないのが好印象とすら思えました。自分としては、具材に対する不満は特に感じなかったです。味の方向性としては王道で、極めてシンプルだったんですけど、ほんとシンプルに本格感を突き詰めたような完成度の高さと、独特な麺、本格的なスープ、麺とスープの相性など、なかなか見所の多い一杯だと思います。淡麗系の王道魚介醤油味が好きな人は、まず満足できると思いますし、何と言っても新ノンフライ麺、これは一見の価値アリですよ。以前、明星食品が製品化していたコンセプトなんですけど、このノンフライ麺を駆使して、うどん屋とラーメン店がタイアップした異色のコラボカップ麺、みたいなの作って欲しいです。まさかの丼型で登場した「有名店シリーズ」でしたが、今後の視野が大きく広がったような気がしました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「有名店シリーズ マタドール 濃厚味噌らぁ麺」



カップ麺を食べる前、気休めに野菜ジュースとか飲んでるんですけど、カゴメの「スーパーベジ 高ポリフェノール人参ミックス」という商品が安売りワゴンにあったので、前々から気になってたし、ってことで飲んでみました。定価購入だと、ちょっと高いんですよね。実際に飲んでみると想像とは全く違った感触で、かなりサラサラしてたし、ポリフェノールのイメージにあるような渋味も控えめ。野菜ジュースはサラサラよりも重たい系が好みなのと、赤ワインよろしくタンニン系の渋味が好きなので、あまりにも飲みやす過ぎてイメージとは違ったんですけど、漠然と身体に良さそうな色はしてましたw ちょうど4日かけて1本飲み終わったところなのですが、何回か飲んでハマってきた感じですね。調子に乗って纏め買いしたので、安心しましたw リコピンのほうも気になるなー、近々試してみよう。

さて、本日の一杯は、日清食品の「有名店シリーズ マタドール 濃厚味噌らぁ麺」です。安定してクオリティの高い「有名店シリーズ」ですが、今回で第9段みたいですね。「2011年に東京・北千住に開業して以来、行列の絶えない人気店『マタドール』の看板メニュー『濃厚味噌らぁ麺』をカップ麺として初めて商品化し」たそうで、「『マタドール』のラーメンの特徴である "牛" の旨みを利かせ、濃厚な味噌で仕上げたやや甘めのスープは、寒い季節にぴったりの味わい」とのこと。カップ麺で牛骨味噌と言えば、サンヨー食品の「サッポロ一番 三重 亀山ラーメン 牛骨味噌味」が思い浮かぶんですけど、毛色は全く違う雰囲気ですね。別添のビーフフレーバーオイルの効果にも期待したいところですし、牛の旨味は勿論、やや甘めの、というのが自分の好み的にもハマりそうなので、とても楽しみです。





は、「濃厚スープがしっかり絡む中細ストレート麺」とのこと。相変わらず油揚げ麺らしからぬ油揚げ麺で、特有のネガティブさは皆無と言っても差し支えないでしょう。もちろんスープとの兼ね合いによっては、油揚げ麺特有の風味がプラスに作用することもあるんですけど、再現カップ麺としてはマイナスになることが多いので、油揚げ麺なのにスープの邪魔をしない、というメリットは大きいんですよね。しなやかで口当たりが良く、平打ち状の形状からスープの絡みも申し分なくて、歯切れの良い食感が印象的。今回のスープとも相性は抜群だったし、タテ型カップの油揚げ麺の中では最高峰の位置に君臨していると思います。いつも思うんですけど、油揚げ麺らしからぬ、という点に於いては、「日清のどん兵衛」の蕎麦や、「日清焼そばU.F.O.」にも通じるところがあると思うんですよね。さすが日清食品、この手の上品な油揚げ麺を作らせたら右に出る者がいないと断言できる秀逸な出来映えでした。この麺ありきの有名店シリーズだと思いますし、この麺があれば手放しに安心できるので、今後も品質をキープしてもらいたいです。

スープは、「牛の旨みを利かせ、濃厚な味噌で仕上げたやや甘めのスープ」に、別添で「牛の風味が食欲をそそる『ビーフフレーバーオイル』」付とのこと。別添のビーフフレーバーオイルが効果的で、牛脂を思わせる風味と若干の癖を確かに感じるのですが、斬新な個性を演出しながらもネガティブなイメージは控えめ。と言うのも、生姜っぽい風味が強く、それが牛の癖を緩和してたんですよね。生姜の清涼感が後口にキレを生んでいて、それでいて牛を消さない絶妙な主張。やや甘めの、とメーカーの説明にもあるように、柔らかい甘味を感じたことから、味噌感には西京味噌を彷彿とさせるイメージが浮かびました。牛骨を軸にしながらも洗練されているような印象を兼ね備え、味噌感からも全体が丸みを帯びた仕上がりということもあり、マタドール(闘牛士)というワイルドなイメージとは対極にあるような優しさを感じるスープです。ベースの旨味は基本的に豚が支えていて、そこに胡麻が厚みを加え、別添のオイルが牛の風味を添加するスタイルだったんですけど、その手法が功を奏し、なかなか絶妙で新感覚なスープに仕上がっていました。スープの粘性も高く、エースコックの「極どろ」に匹敵する…いや、それ以上にドロ系だったんですけど、きちんとスープにコクがあったので、素直に濃厚なイメージを加速させていて、旨味たっぷりなスープと麺の強烈な一体感を楽しめる感じ。最初に牛がやってきて、次に味噌が優しく広がり、後口には生姜のキレ。確かな動物油脂から風味に個性はあるんですけど、生姜の清涼感が効果的な主張を見せてくれていたし、濃厚だけど最後まで飽きずに食べられるバランスの光るスープでした。

具材は、「肉ミンチ、トマト、レンコン、ネギ」とのこと。牛骨味噌にトマトという組み合わせにも斬新な雰囲気を感じますが、蓮根も負けず劣らず個性的で、「カップヌードルライトプラス バーニャカウダ」に入っていた蓮根と同じ物だと思うんですけど、きちんと食感がリアルに蓮根なんですよね。砕けて小さかったのは残念でしたが、意識しなくても歯応えは確実に感じられたし、頻繁に採用される具材ではないので、個性になっていて良かったです。トマトは「カップヌードル チリトマトヌードル」でもお馴染みも爽やか具材で、口に入れるとトマトらしい酸味が広がり、意識的に食べると爽やかなアクセントが牛とのコントラストを描いてくれます。牛の間にトマトを挟むことでリセット出来るというか、また次の牛が美味しく感じられるというか、生姜とは違う爽やかさが効果的なアクセントになっていました。肉ミンチはサイズが大きく、肉の旨味もしっかりと。それに機械的にカットされた正方形ではなく、粒感のあるイビツなカタチが好印象だったんですよね。ダイスミンチよりも歯触りにリアリティがあって、食感も風味もワイルドだったので、より挽肉らしい肉具材に近付いているようでした。スープはマタドール(闘牛士)っぽくなかったのですが、具材の肉ミンチが暴れ牛っぽかったかもw

(標準は★3です)

相変わらず秀逸な油揚げ麺に、しっかり最後まで主張していた牛の風味と、西京味噌を思わせる丸みを帯びた味噌感が印象的なドロ系スープ、さらに具材でも個性の光る組み合わせで、このシリーズにしては異色のテイストにも思えたのですが、出来映えは流石のクオリティでした。きちんと牛を打ち出しつつ、それをネガティブに感じさせない爽やかな工夫がスープと具材にあって、なるほど新感覚。再現カップ麺らしく、食べ終わる頃にはお店のラーメンの味が気になって、そう思わせてくれたことにも好感が持てました。今回はシリーズの中でも冒険してきたようなイメージにあったんですけど、さすが落とし所が上手いというか、個性的でありながら幅広く楽しめる仕上がりで、女性にも好まれそうなカップ麺なんじゃないですかね。サイズはビッグサイズの麺量80gですけど、たまには女子だってカップ麺がっつりイっちゃってくださいw 次は記念すべき(?)シリーズ第10段ですし、今回のような変り種も安定してカタチに出来ることが分かったので、次回作も楽しみになりました。ほんと、相変わらず基礎クオリティの高いシリーズだと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram