ユーザータグ : ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(0)の記事 (1/1)

エースコック「美味しさ発掘!ジモト麺 埼玉発 スタミナ醤油ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、東ハトの新商品「懐かし横丁 キャラメルコーン・フルーツ牛乳味」です。以前、ブログの冒頭で紹介した「コーヒー牛乳味」を買った時、フルーツ牛乳味も一緒に販売されていたんですが、まぁ明日でいいか(フルーツ牛乳ちょっと苦手だし…)と、後回しにした翌日…即完売御礼w で、1週間後の月曜日(安売り均一祭が開催される火曜日の前日)宵積みで再び並んでいたのを発見。そっこーカゴにシュートですよw 先に触れたように、私は実際のフルーツ牛乳が得意ではないので、むかし懐かしいかどうかはアレなんですけどw いや〜これは素直に美味しいです。っていうか、そもそも美味しくないキャラメルコーンとか存在しませんよね? バナナとピーチを中心とした甘酸っぱいフルーツ感に、加糖練乳とミルク風味パウダー、そしてキャラメルコーンの持つ優しさが相俟って、なるほど安定のフルーツ牛乳味です。フルーツ牛乳が苦手な人でも、甘酸っぱいフルーツ系のテイストさえ大丈夫だったら、全く以て問題なく楽しめると思いますよ。牛乳臭くないしw っていうか、そもそも美味しくないキャラメルコーンとか存在しm(ry


さて、本日の一杯は、エースコックの「美味しさ発掘!ジモト麺 埼玉発 スタミナ醤油ラーメン」です。「地元で愛されている味わいを手軽に楽しむことが出来る新ブランド『ジモト麺』が登場!」と、ニュースリリースには意気揚々に書かれていたんですけど…これ以上、ブランドを増やして大丈夫なのだろうかエースコックw もはや「EDGE」とか完全に放置されているわけなんですが…マジで大丈夫なんですかね。まぁそんな心配は扨置き、埼玉ご当地ラーメンといえば、「豆腐ラーメン」のイメージが強く、「スタミナラーメン」というジャンルは初耳でした。「天理ラーメン」や「ベトコンラーメン」など、スタミナ系のラーメンは他地域にも存在するので、埼玉の個性が気になるところ。ただ、このカップ麺には少々問題があるようでして…と言うのも、普段から交流のあるカップ麺ブロガーのたうい氏が液体スープを事前に湯煎したところ、小袋内の成分が凝固し、大変な目に遭っていたんですよね。それを見た友人のかーと氏は、小袋を全く温めることなく調理した模様。しかし、液体スープの小袋には「フタの上にのせよく温めて」というセオリー通りの決まり文句が記載されているので、その指示自体が大きな問題なのでは…というわけで、私は2人の間を取って “メーカーの指示通り” 熱湯を注いでから液体スープの小袋をフタの上に乗せて、4分間 “よく温めて” 調理してみたいと思います。





スープは、「鶏ガラエキスを利かせた醤油ベースに、味噌や豆板醤、ニンニクなどで味に深みをつけ、さらにラー油を加えることで食欲をそそるスープ」で、「埼玉スタミナラーメンらしいとろみに、ニンニクのコクと旨みとラー油や豆板醤の辛みがクセになり、最後まで飽きのこない味に仕上げてい」るとのこと。ちょっと、コレは…うーん、結論から言いますと、イマイチです。なんかこう、わざとらしい人工的な旨味成分が主体の味というか、舌に纏わり付いてくる感じが…と、思って原材料を確認してみたところ、「たん白加水分解物」が最も手前(最も含有量が多い意)に記載されていました。たん白加水分解物とは、大豆や小麦、とうもろこしなどの植物性たん白質や、動物性たん白質を原料に、酸や酵素などで加水分解したアミノ酸の一種で、要するにグルタミン酸ナトリウム(「味の素」など)と同じような目的で使用されているのですが、隠し味程度なら旨味を引き立てることに寄与してくれるものの、これを主体とした時の野暮ったさときたら…分類としては “添加物” ではなく、 “食品” に属している成分なんですけど、使用目的が添加物の「アミノ酸等」などと同じなので、そっち系の旨味成分が苦手な人は避けてください。そして、体感的な塩気のカドが強烈です。旨味が濃厚で味が濃いとかではなく、完全に濃い味のベクトルは食塩による塩気。さらに人工的な旨味成分の弊害とも言えるピリピリとした味覚の違和感が重なってくるので、味どうこうを判断する前に味蕾をヤられてしまいました…すいません。ニンニクが強めに効いていたのは分かったんですけど、ひたすらタレ勝ちのスープでした。そして、とろみが強烈(市販の素を使って作った麻婆豆腐や餡掛け料理のレベル)だったので、麺を食べている時も味の濃いスープから逃れられず、後述する麺のポテンシャルを殺していたのも残念だった点。ちなみに液体スープの結果ですが、それについては総評で触れます。

めんは、「しなやかな弾力とコシを併せもった丸刃のめん」で、「滑らかで臨場感あふれるめんに仕上げ」たとのこと。まず、麺単体としてのクオリティは非常に高いです。エースコックが得意とする多加水系のノンフライ麺で、しっとりと口当たりがよく、小麦の風味も自然かつ濃厚。ある意味、東洋水産のマルちゃん正麺カップにも匹敵するノンフライだと思っています。今回も液体スープを入れる前に麺だけ味見してみたところ、質感から風味に至るまで、文句の付けようがないノンフライ麺でした。ただ、餡掛けレベルの強烈な粘性を誇った、なおかつ攻撃的なスープが麺の風味を押さえ込み、せっかくの小麦の風味だったり、繊細なニュアンスを感じる余裕がなかったんですよね。これは完全にスープ側の問題だったし、私のヘナチョコな舌にも問題があるのかもしれませんが、3口くらい食べて「液体スープを入れずに “お湯だけ” で食べたかった…」と、思ってしまったのが正直な感想です。

かやくは、「程良く味付けした肉そぼろ、色調の良いニラ、ねぎ、唐辛子」とのこと。はい、今回は例のスポンジ野郎ですね。パッケージの写真からして怪しさ満点だったんですけど、相変わらず油断させた頃合いを見計らって登場しやがる茶目っ気なアクションw 食感はスポンジ状でスッカスカ、程よい味付けも分からず…というか、今回はスープのカドが強烈だったので、もはや味なんて解読不能。ご覧の通り “無駄に” 量も多かったし、とりあえず食感が邪魔、以上。ニラやネギは量が多くなかったのと、強烈なスープを前にしては、ほとんど存在感ありませんでした。で、唐辛子…入ってなかったんですけど?w え、どういうことですかね。冒頭でリンクを貼った友人のブログを確認してみると、2人とも調理後の写真には唐辛子が写っていたんですが、私のカップ麺には1個も入っていませんでした…w あ、それから液体スープの中に、具材のスポンジ野郎とは違う豚肉そぼろが入っていて、それはリアル系の肉具材で美味しかったです。なんで質の高い豚肉そぼろを意識しないと気が付かない程度の存在に貶めて、スポンジ野郎を入れちゃったんですかね。


(標準は★3です)

液体スープの中に入っていたリアルで美味しい豚肉そぼろと、相変わらず質の高い多加水ノンフライ麺の完成度は秀逸だったので、最低でも★1は確保してやろうかとも思ったんですけど、液体スープの凝固問題、これが評価対象外(論外)の決定打となってしまいました。まず私は “メーカーの指示通り” に、きっちり4分間「フタの上にのせよく温め」ましたよ。すると、このようなゼラチン質の塊が各所に点在していて、いくら混ぜても溶けなかったんですよね。さらに強烈な塩カドに加え、舌をピリピリと刺激してくる人工的な旨味に私の軟弱な舌が耐え切れず、このような評価となってしまったこと、お許し下さい。いやでもフタの上で温めろっていうから温めたのに、それでスープの成分が部分的に凝固するって、もはや市販の製品として致命的な欠陥ですよね? せめて「一部の成分が固まるおそれがあるため、液体スープは温めないでください」という記載があったなら、また話は別かもしれませんが(いや、それでも★1か★2を付けていたと思いますけど)場合によってはリコール対象にもなり得る欠陥だと感じたので、この評価で間違っていないと判断しました。何故か唐辛子も入っていなかったし…w これでオープン価格なら兎も角、希望小売価格は税別230円なので、私としてはオススメしたくないカップ麺です。ちなみに当ブログで総評★0を叩き出したのは、今回のカップ麺が初めてですね。とりあえず新シリーズ第1弾とのことですから、第2弾で汚名返上してもらいましょう。

【裏話(っていうか愚痴w)】普段、撮影の関係もあるので、フタは早めに開けるようにしています。ただ、今回はフタの上で “時間通り” 液体スープの小袋を温めると宣言してしまった手前、フライングするわけにはいかない。しかし、それでは麺が伸びてしまい、正確な感想が掴めない…ということで、わざわざ空っぽのカップ麺(フタが付いたまま)を用意しましてw 時間差で熱湯を注ぎ、しっかり4分経過後に小袋を回収。と、同時に本体(今回のカップ麺)のフタを開け(この時点で本体は3分ちょい)麺を解してから液体スープを入れて…みたいな感じでセコセコと頑張りましたよw で、総評は★0っていうね…俺が一体なにをしたーw

【私信】もし、このブログを読んで下さっている方の中に、この製品の開発に携わった方がいらっしゃいましたら、このような評価を付けて投稿してしまったこと、まことに申し訳ありませんでした。ただ、いち消費者の感想として、このような感想でも真摯に受け止めていただけますと、これほど嬉しいことはありません。ちなみに私は、エースコックが大好きです。これからも新商品のリリース、心より楽しみにしております。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram