ユーザータグ : ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)の記事 (1/17)

日清食品「日清のどん兵衛 肉そば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンの新商品「一番搾り 京都に乾杯」です。以前、同ブランドから「京都づくり」が発売されていましたが、以前の「飲み比べセット」に入っていた「北海道」「仙台」「取手」「横浜」「名古屋」「滋賀」「神戸」「岡山」「福岡」の9工場以外は「○○に乾杯」というネーミングに変更されたようですね。「京都づくり」は前にも飲んだことがあるんですけど、体感的なニュアンスにも目立って大きな変化は…いや、前より少しアタックが弱くなったかな? とりあえず基本の路線は、「一番搾り」らしい方向性にあるのですが、本家よりも甘味が控えめで、少し酸味にスポットを当てているような印象でしょうか。すっきりとした飲み口が華やかさの演出に繋がっていて、取り立てて目立った癖も感じられない為、こってりとした料理から淡白な刺身にまで、また昼夜の時間帯や、食前食後などのシーンを問わず、幅広い状況に対応してくれる柔軟性が魅力だと思います。やや没個性な印象は否めないものの、それだけに人を選ばず、また日本のピルスナーとしての水準は、無難に終わらせない。京都らしく上品で、淑やかな一番搾りでした。


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清のどん兵衛 肉そば」です。うどんからは頻繁に変わり種の新商品がリリースされているのですが、蕎麦の新商品は久しぶりですね。でも…テーマが超無難なイメージw どん兵衛には既存の通年商品に肉うどんがあるのと、自分は食べたことがないんですけど(っていうか実際に見たことすらないかもしれない…)「豚ねぎそば」という製品もあるんですよね。一応、メーカーのニュースリリースでは、「『日清のどん兵衛』の人気メニュー『肉うどん』のおいしさを “そば” でもお楽しみいただける『日清のどん兵衛 肉そば』を」との記載があったので、どん兵衛の肉うどんを意識しているようです。でも言われてみたら鴨じゃなくて牛肉がトッピングされている蕎麦って、あんまり食べた記憶がないかもしれない…あ、辣油蕎麦ならメジャーな具材か(こいつに任せて大丈夫なんですかねw)一応、メーカーのホームページにある製品情報を見ながら原材料を比較してみたところ、「肉うどん」とも「豚ねぎそば」ともスープの構成は違っていたので、うどんと蕎麦を単純に取っ替えただけではないようです。一見すると普通に美味しい(★3)オーラマックスなんですがw なにかサプライズがあるといいなー。




・・・!!

つゆは、「だしのうまみに牛肉の風味をきかせたつゆ」とのこと。まず牛肉の風味を効かせたとのことなんですけど…ポークですねw 一応、具材の牛肉から染み出てくる風味がある為、牛肉の旨味が皆無というわけではないんですが、動物系の原材料はポークエキスのみで、ビーフ系の素材は使用されていません。小袋も液体スープは付属しておらず、粉末スープ1本なので、こってりとした牛脂のコクや、それっぽい風味なども感じられませんでした。ベースはルーツに「どん兵衛」を感じる出汁の風味が核となっていて、鰹の旨味が中心の関東風。それなりに醤油のキレもあったんですが、どん兵衛の蕎麦は根っから関西派の自分でも素直に楽しめる出汁の力強さがあったので、これなら東西を問わず素直に楽しめる味なんじゃないかと思います。ただ、関西舌の自分としては、ちょっと醤油がキツかったので、単体では飲めないかなぁ…それに、牛肉の風味を推すのであれば、もう少し牛の個性を感じたかったです。とは言え、単純に味としては間違いのない美味しさでした。

は、「すすり心地のよい真っすぐなそば」とのこと。うん、どん兵衛の蕎麦は相変わらず秀逸ですね。エースコックの力強いワイルドな蕎麦や、東洋水産のインスタントらしい緑のたぬきとも違う、日清食品ならではのストレートで上品な蕎麦です。鰹の効いた蕎麦つゆとの相性は申し分なかったし、やまいも粉などが練り込まれていないので、蕎麦の香りがストレートなんですよね。個人的にはヤマイモパウダー入りのインスタントらしい蕎麦も大好きなんですけど、本格さで言えば、油揚げ蕎麦の中では現状だと日清食品の上を行くメーカーはいないでしょう。

具材は、「うまみたっぷりの牛肉、ワカメ、ネギ」とのこと。え、いや、ちょっ…え? わかめ?!w と、とりあえずメインの牛肉は後回しにしてですね…わかめですよ、わかめ。えーっと…メジャーなんですか? 牛肉をトッピングした蕎麦 with わかめって…だとしたら、今ちょっと恥ずかしい私なんですけどw 自分としては、そもそも牛肉+わかめという組み合わせ自体が親しみのないものだったので、少し驚いてしまいました。たしかにパッケージの写真にも映っているのですが、色の悪い 大きめのネギかなぁ…なんて思っていたので、地味にサプライズw で、結果的に相性が抜群によかったかと言われたら…うん。いや、うん…w まぁ普通…だったんですけどねw それなりに量は入っていたものの、エースコックわかめほど強烈な存在感ではなく、立ち位置としては脇役です。ただ、牛肉よりは目立っていたw と言うのも、今回の牛肉…なんか、ちょっと臭い。牛の臭さとかではなくて、風化しているような後味の悪さというか、加工品ならではの癖というか…うーん、どん兵衛の肉って、こんな感じでしたっけ。一応、最近のリニューアルで「カレーうどん」にも使われるようになった「大豆ミート」という大豆たん白を主原料とした加工品ではなく、本物の牛肉ではあったものの、サイズは細切れで量も少なく、後味の悪さがネガティヴで、肉そばを冠するには頼りない具材だと感じてしまいました。


(標準は★3です)

This is “WAKAME-SOBA” experience…(これは「わかめ蕎麦」ですw)安定の蕎麦つゆに完成度の高い蕎麦という組み合わせから、結果的に不味いわけではなかったので、暫定的に総評は及第点としたんですけど、肉そばという割に気合の感じられなかった肉具材に、牛肉の風味を効かせたと謳う割に個性の感じられなかった蕎麦つゆ。で、なぜかサプライズわかめw と、実食前に感じていた無難な印象とは裏腹にカオスな製品でしたw 前述で暫定的にと書きましたが、単純に味だけで言えば、普通に美味しかったんですよ。ただ、「肉そば」というコンセプトを踏まえると、安心感の得られた味のクオリティを差し引いても、厳しめに見ざるを得なかったかな…と。そんな思いから、少し評価を下げました。実際、わかめの存在感は「わかめ蕎麦」ってほど目立ってはいなかったんですけど、自分の中では意外な取り合わせというインパクトが強くてw 妙に印象が強烈だったんですよねw それから牛肉の質にも疑問を感じてしまった為、もうこれは「わかめ蕎麦 with ちょっと牛肉」で、いいんじゃないかと。単純に味としては満足できる内容かとは思いますが、タイトルの「肉」に期待してしまうと、なんかコレ違う…と、なってしまうかもしれません。

※(06/20)追記:わかめは「日清のどん兵衛 肉うどん」にも入っていました ←

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【企画品】日清のどん兵衛 肉そば (1コ入)
価格:187円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日清のどん兵衛 肉そば 81g×12個【1個あたり135円】
価格:1,749円(税込 / 送料別) (ケース販売)
大楠屋ストア


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「スーパーカップ 大盛りしょうゆ焼そば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、三幸製菓の「かりかりツイスト チーズ」です。かりかりツイストが好きなのに、実はチーズ味を試すのは今回が初めて。まずチーズの存在感なんですが、チーズのコクはあるものの、臭みなどの癖は控えめ。ベースの生地には軽く砂糖と醤油で甘辛い下味が付けてあって、そこにチーズの風味が寄り添う感じですね。結構チーズがグイグイくるのかと思いきや、かりんとう寄りの和風な面持ちでした。ちょっと油っこいような気もしたんですけど、横綱揚げ然り、歌舞伎揚然り、それも醍醐味でしょうw 自分は「特濃ミルク」が好きで、まだキャラメルも試していない…ってか、かりかりツイストが好きとか書いておきながら、よく考えたら「ゴーゴーカレー風味」と「おつまみかりかりツイスト ペッパーベーコン味」を食べるまで、特濃ミルクしか食べたことがありませんでしたw キャラメルも探そ…


さて、本日の一杯は、エースコックの「スーパーカップ 大盛りしょうゆ焼そば」です。昨日の「いか焼そば味ラーメン」と同時にリリースされたカップ麺で、ご覧の通り「スーパーカップ1.5倍 しょうゆラーメン」の焼そばアレンジみたいですね。スーパーの陳列棚で異彩を放っていた相方のキワモノ感は半端じゃありませんでしたがw こちらは至って平凡な空気が漂っています。イメージ通りの無難な仕上がりなのか、はたまた思わぬサプライズが待ち構えているのか…ドキドキ。ちなみに当たりだったら、こちらも500円のオリジナルQUOカードが入っているそうです。


無論…QUOカードが入っているはずもなくw



スープは、「チキンをベースにガーリックやジンジャー、ペッパーなどを利かせたしょうゆだれ」に、「香りの良い鶏油が食欲をそそり、クセになる味わいに仕上げ」たとのこと。うん、たしかにスーパーカップの「鶏ガラ醤油」に通じる味わいですね。ただ、あまりコクが感じられないというか、ちょっと大味な印象が強いです。醤油を基調にしたシャープな路線で、香味野菜の風味だったり、手前で主張してくるペッパーのアクセントなど、一般的な油そばとは面持ちが異なっていて、後味に残る顔付きはスーパーカップなんですけど、ちょっと…いや、かなり単調。これに関しては後述する具材の頼りなさも関わってくるのですが、醤油ラーメンをイメージした汁なし麺としては、まだ店頭でも頻繁に見かけるサンヨー食品の「サッポロ一番 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば」が圧倒的に有利だし、抑揚のなさが平坦な印象を生んでしまっていたのと、徐々に蓄積されていく塩気、そして麺量が130gと大盛仕様なので、途中から麺を持て余してしまいました。

めんは、「厚みがありプリッとした歯ごたえのある130g大盛りのめん」とのこと。「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」に使われている油揚げ麺と同じですね。ラーメン版のスーパーカップに使われているカドメンを起用しているわけではなく、単純に大盛りいか焼そばの油揚げ麺を流用したようです。メーカーの製品説明も同じですし、原材料も一緒でした。やや油揚げ麺特有の風味が気になるものの、ソフトな食感の油揚げ麺で、方向性は優しい面持ち。「カドメン」よりも「ガッシリ3Dめん」寄りで、私的には好みですw ただ、最初はタレとの相性も悪くなかったんですが、徐々に蓄積されていく塩気によって、後半ちょっと頼りなかったです。

かやくは、「程良く味付けしたメンマ、コーン、ねぎ」とのこと。いやぁ…しょぼいのなんのってw 近年稀に見るヘナチョコ野郎ですよコイツはw メンマの存在は嬉しかったんですけど、数を数えたら…3個w コーンは8個ほど入っていましたが、存在感は空気のエアーコーン。ネギの食感はアクセントに寄与していたものの、これなら単純にキャベツを入れて欲しかったw 一応、とっかえコンセプト? なので、ラーメンの具材を採用したんでしょうけれど、チャーシューは入っていませんし、ネギ以外の存在感は希薄。せめてチャーシューかナルトでも入っていれば、少なからず見た目を評価できたんですが、見た目は疎か実際に食べ進めると具材の存在感は見た目以上に弱く、この貧弱さが後半にかけての単調さを増長させていました。


(標準は★3です)

うーん、これはオススメできません。ゲキマズ! ってわけじゃなかったので、とりあえず★1の難は逃れたものの、個人的には★1もチラついた製品でした。まず、どこに価値を見出せばいいのか分からないw お腹いっぱい食べたいのであれば、普通に「大盛りいか焼そば」か、同ブランドの「大盛り油そば」がオススメですし、醤油ラーメンを汁なし化したようなカップ麺が食べたいのであれば、サンヨー食品の「サッポロ一番 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば」を食べてください。貧弱な具材、単調な味付け、無駄に多い麺…と、そのような印象しか残らなくて、どこを褒めたらいいのやら…w 斬新なアイディアが盛り込まれた新商品が数多くリリースされている時世ですから、いまさらネタになるほど新鮮な味付けというわけでもなかったし、ひとつの汁なしカップ麺として評価しても総合力の低さが否めず、相方の副産物として取り敢えず開発されたようなイメージさえ浮かんでしまいました。同時発売品とセットで並んでいると、今回の「大盛りしょうゆ焼そば」が安パイ、昨日の「いか焼そば味ラーメン」が地雷に思えてしまうかもしれませんが、むしろ実際は逆で、こっちが地雷です。いか焼そば味ラーメンは素直に美味しいと思えたし、皆さんにも積極的にトライしてもらいたい…と、私は高く評価しているのですが、一見すると安全そうに見えるコイツには気を付けていただきたいですね。あんまり買うな買うなとは言いたくないんですけど、よりよいカップ麺ライフを送っていただく為にも、これで貴重な1食を損してしまうのは勿体無いと思います。ちょっとケチョンケチョンに書き過ぎですかね、すいません。(平にw)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スーパーカップ 大盛りしょうゆ焼そば x12個
価格:1,788円(税込 / 送料別)
@東乾 (一応、リンク貼っときますけど…)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スーパーカップ 大盛り油そば x12個
価格:1,788円(税込 / 送料別)
@東乾 (こっちのほうがオススメ)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、山芳製菓の新商品「パインアメ味のポテトチップス」です。またコンビニで意味不明なポチテトップス(変なポテトチップスは “ポチテトップス” と呼んでいるw)売っとるわ…と、思ったら …我らがヤマヨシだったw パインアメは昔から好きで、たまに舐めたくなるんですけど、ポテトチップスとコラボして大丈夫なのか…? と、不安に思いながら開封しまして、まずは香りを…うん、パインアメですコレはw ポテトチップス特有の油っぽい臭いも重なってくるんですが、ほぼ90%あの甘酸っぱいパインアメそのもの。で、味をチェック。う、うん…パ、パインアメですw いや、なんかもう、そのまんまw うすしお味のポテトチップスに、パインアメを溶かしてスプレーしました、みたいな。予想以上に再現度は高かったんですけど、これがアリかナシかと言われたら、個人的には、「お、おぅ…w」としか言いようがw 甘塩っぱい系といえば甘塩っぱい系なんですが、パインアメらしい酸味もあって、甘塩っぱ酸っぱいパインアメ味の “ジャガイモ” みたいなw リピートしたいとは思えませんでしたが、経験しておいて損はない…か…な?w いや、もうイメージそのまんまだと思いますよw ある意味、裏切らない味だったw(★2)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【倉庫直送品】 カンピー パインアメジャム 300g ★人気商品!
価格:292円(税込 / 送料別) (ジャムまであるのか…)
香水通販B-CAT.COM (しかもショップの本業は香水通販ってw)


さて、本日の一杯は、エースコックの新商品、「厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り」です。「厚切太麺」シリーズの「こってり油そば」は、2015年と2016年にもリリースされていて、毎年の定番になりつつあるフレーバーだったりするんですが、私は初版で痛い目に遭っているのでw 2016年は全力でスルーしておりました。で、今年もスルー対象だったんですけど、この時期にリリースされた新作が少なかったことと、これまでにはなかった「背脂」のタイトルにホイホイと吸い寄せられまして…2年前の初版では「無理無理しょっぱいw」でしたが、果たして今回は…





スープは、「しょうゆに、肉感のあるチキンとポークのエキス、ガーリックなどを加えることで、チャーシューだれのようにほんのりと甘みのあるしょうゆだれに仕上げ」たとのこと。ト…トラウマエクスペリエンス!w(あの体験をもう一度w)無理無理しょっぱいw 確かに背脂を彷彿とさせる脂の旨味や、チャーシューだれっぽい面持ちも最初は感じられたのですが、如何せん醤油のカドと強烈な塩気がガッツ~ン! って、容赦なさ過ぎ…orz 完全にタレ勝ちしているというか、そもそも調味たれの分量間違えてません? 今回は麺の量が130gと大盛仕様なんですけど、麺量180g~200gくらいで丁度の塩梅なんじゃないですかね。1口目こそ何とか耐えましたが、3口目あたりから舌が痺れちゃって、もはや味もへったくれも…w と、それじゃレビューにならないんで頑張りましたけど、自分のヘタレ舌には3口までが味覚の限界で、それ以降は後にも先に醤油カラいとか、塩っぱいとか、食べる苦行でしかなかったですゴメンナサイ…多分、横にビールがあっても無理。ちなみに背脂の粒感ですが、チラホラと目視可能な粒が入っていました。でも実食の最中は、それほど体感的な恩恵は感じられなかったです。あと、製品説明にあるガーリックも目立ってなかったし、酸味のアクセントも同じく、兎にも角にも醤油ダレ…醤油ダレ…醤油ダレ…で、食べ終わる頃には味が濃いだけで単調、みたいな印象しか残ってなかったです。私の舌には耐えられないストロングな味付けでした…申し訳ざるを得ない…あ、こってり油そばらしく、アブラギッシュな感じはバッチリでしたよ。

めんは、「しっかりとした噛みごたえのある角刃の太めん」で、「大盛りにし、食べごたえ抜群に仕上げ」たとのこと。うん、さすが「厚切太麺」と麺を売りにしているシリーズだけあって、麺の完成度は高いですね。加水率が多めで、むっちりとした密度の高い粘り気のある弾力が印象的な油揚げ麺で、さすが多加水麺に強いエースコックと手放しに評価したくなるような仕上がりです。開封時や湯切りの時には油揚げ麺臭が少し気になったんですけど、実際に食べている最中は調味たれの強烈な塩気が先行して襲ってくるので、自分は気になりませんでした(というか気にする余裕がなかったですw)ただ、スープの項目でも触れましたが、後半にかけての単調さから味に対する興味が薄れてきて、なまじ大盛仕様の麺量が仇となっているように感じてしまったんですよね。もうちょっとタレを減らすか、どどーんと180gくらい麺が入っていたら、また印象は変わっていたかもたかもしれません。

かやくは、「程良く味付けしたメンマ、色調の良いなると、ねぎ、唐辛子」とのこと。結論から先に言うと、イマイチ。何だったら、この項目は読まずに飛ばしてもらっても結構です。まずメンマですが、薄くて食感が弱く、箸休めにもなりません。ナルトは素直に美味しくて好印象だったんですけど、それ以上でもそれ以下でもなく、ネギは少なかったし、輪切り唐辛子に至っては3個しか入ってないとか意味不明w 食感のアクセントと強烈な塩気の緩和剤を兼ねて、キャベツを大量に入れるとか、唐辛子をガンガンに加えてインパクトを付与するとか、価値のある具材を起用して欲しかったです。兎にも角にもナルト以外の具材は存在が希薄すぎたので、ただただ強烈なタレに塗れた油揚げ麺を食べさせられているような、悲しい気持ちになりました。初版の製品では、まだ多めの輪切り唐辛子が好印象だったんですけどね。少なくとも、具材は2年前からグレードダウンしていると感じました。


(標準は★3です)

やっぱり無理無理しょっぱいw 改めて確認したら食塩相当量7.6gって…初版の7.4gよりも上がっとるやないかいw 汁無しカップ麺で食塩相当量が7.6gとかエグいですよ…スープのあるカップ麺であれば、ある程度はスープを残して調整することも可能ですけど、それも無理ですからね。これ1食きちんと完食すれば、たった1食で1日に必要な塩分の摂取量を漏れ無くカバーできちゃいますw あ、ある意味…効率的? 個人的には全く価値の見出せないカップ麺ではあったものの、麺の量やカロリー、がっつり塩分の補給も必要な体力勝負の職に就いている人にとっては、このガテン系な仕上がりに需要が見出せるかもしれません。というわけで、これでも総評は差し引いたつもりですが、個人的には★1です。場合によっては需要が見込めないこともないとは言え、本当にカロリーや脂質や塩分を “補給” する為だけの一杯(しかも不健康に)みたいなイメージだったので、食を楽しみたい人はスルーしましょう。でもって、健康の為にも違う塩分の補給方法を模索してくださいw とにかく量が多くて、脂っこくて、味は単調で、舌が痺れるほど塩っぱいカップ麺が食べたい気分の時には、需要があるのかな…と、無理矢理こじつけてみましたがw ちょっと私には理解できない世界です。このような評価となってしまい申し訳ないのですが、ひとつのカップ麺として見ても味の単調さや具材の貧弱さ、希望小売価格も踏まえるとコストパフォーマンスも優れているとは言えず、個人的な好みを抜きにしてもオススメできません。なんかもう1食損しちゃったような気分がハンパなかった…これを食べるくらいなら、スーパーカップの「大盛りいか焼そば」か、まだ今でもチラホラ見掛けるコンビニ限定発売の「ブタキム油そば」を絶対的にオススメします。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

東洋水産「マルちゃん でかまる 濃厚どろ豚骨ラーメン」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、湖池屋の新商品「スーパー大麦ポリンキー BLT味」です。なんと、スーパー大麦「バーリーマックス」(オーストラリア連邦科学産業研究機構が開発した大麦で、一般の大麦に比べて約2倍の食物繊維量、さらにレジスタントスターチを豊富に含んでいるスーパーフード)が1袋に4000mg以上配合されているそうで、何と無く漠然と健康に良さげなポリンキーがリリースされましたw そういえば2ヶ月ほど前にも「乳酸菌ポリンキー」というポリンキーの変わり種がありましたけど、ポリンキーも健康志向な時代なのでしょうか。さて、開封すると大麦色のポリンキーが待ち構えているわけなんですが、なかなか香りはベーコンレタストマトってます。で、実際の味わいもイメージいい感じですよ。コーングリッツや米粉、大麦粉や小麦ふすま粉の効果か、通常のポリンキーよりも硬めの食感で、漠然とスーパー大麦エクスペリエンスw 味にレタスっぽい風味こそ感じられないものの、トマトの酸味とベーコンの旨味、ほんのりチーズのコクが大麦感の漂う生地の風味と相俟って、なるほどBLTサンドな雰囲気です。これを食べて健康になれるのかどうかは別としてw 一般的なスナック菓子よりも機能性が高いのは間違いないでしょうし、大麦っぽさの感じられる生地の食感と風味、テーマのイメージを裏切らないBLTっぽい味わいから、実食前の期待値以上に完成度の高いポリンキーでした。「新生 湖池屋」ちょっと気合の入れようが今までと違うというか、いま私の中でヤマヨシに匹敵する勢いの注目株です。これ、オススメですよ。間違い無く美味しいヤツ!


さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん でかまる 濃厚どろ豚骨ラーメン」です。エースコックの「スーパーカップ」と、東洋水産の「でかまる」が大盛バケツ型の二大ブランドだと思ってるんですけど、私は専ら東洋水産サイドを贔屓しておりまして…基本、でかまるは何でも美味しいと思う傾向にありますw とは言え、同社の「本気盛」然り、好きなブランドだからこそ厳しく見なければ…と、思っている節もあるので、今回のカップ麺には少し緊張感が漂っているんですよね。と言うのも…「濃厚」「どろ」「豚骨」なんて、私の大好きなワードが盛り沢山なわけでw 豚骨に於ける濃厚の指標は、個人差びよって幅が広かったりもするんですが(骨っぽさや豚骨臭の有無を如何に評価するか)「どろ」で「豚骨」のイメージ的に、豚骨臭は兎も角、やはり豚骨を炊き出したような骨っぽさは感じたいところ。そこがバッチリなら高評価、イマイチだったら叩きます。でかまるだから美味しいんだろうなぁ…でも豚骨感どうなのかなぁ…(これは評価に悩むパターンのヤツw)


また粉末スープ2袋かいw(参考記事



スープは、「ポークの旨味をふんだんに利かせ、にんにくと香辛料で味を引き締めた、どろどろと粘度の高い濃厚な豚骨スープ」とのこと。まずスープの粘度ですが…強烈ですw もはや餡掛け。どろっどろ。今回は粉末スープが2袋入っていて、でん粉を中心としたトロミ成分が仕込まれているので、麺の上に粉末スープをあけたら、その山を目掛けて熱湯を集中的に注ぎ、フタを開けた後は底から徹底的に混ぜてください。で、肝心の味なんですけど…妙に出汁っぽい旨味成分? 舌に纏わり付いてくるほど野暮な主張ではなかったものの、豚骨よりも化調の旨味が先行して感じられるような、ややギミック的なスープです。これはこれでジャンクな旨味と受け取れなくはないものの、骨っぽさよりも人工的な旨味成分(これグアニル酸ですかね?)が手前にあった為、豚骨感に期待して手に取ってしまうと、かなりイメージは違うかもしれません。たしかに「どろ」っとしてて、旨味も「濃厚」なんですけど、肝心の「豚骨」がサードポジションはナンセンスだと感じてしまいました。

めんは、「なめらかで歯切れが良く、弾力のある麺」に、「オニオンとガーリックで味付けしスープとの相性を良くし」たとのこと。お、確かに麺自体からもガーリックとオニオンの香味感が漂ってきますね。意識しなくても超高粘度スープが必然的に(執拗にw)纏わり付いてくるので、麺とスープの一体感については申し分ないのですが、濃いめの下味が飛躍的に一体感を高めて…というか、ほぼ同化しちゃってますw 麺の質感に関しては、取り立てて書く個性は感じられず、よくあるオーソドックスで縮れたスナック的な油揚げ麺、みたいな。うーん、でもちょっとイメージが違うかなぁ。いや、取り立てて書くような個性が無かった分、取り立てて目立った欠点も無かったんですけど、でかまるっぽくないというか。でかまるシリーズの油揚げ麺は、しっとりとした口当たりが印象的で、それが個性だと思っているのですが、そのような面影は皆無に等しく、やや没個性な印象を受けてしまいました。食べ始めこそ硬めの食感が好印象ではあったものの、経時劣化耐性に優れている麺とは言えず、割と早い段階から柔らかくなってきます。しっとりとした口当たりの油揚げ麺もシリーズの売りだと思っている自分としては、残念に映ってしまいました。単純にスナック的な油揚げ麺としては、美味しかったんですけどね。

具材は、「味付挽肉、豚肉チップ、きくらげ、ねぎ」とのこと。2種類の肉具材に大振りのキクラゲという構成から、それなりの気合は感じられるものの、いつもの具材盛り沢山なイメージで行くと、ちょっと今回は寂しいですね。味付挽肉は相変わらず秀逸で、これに関しては文句の付け所がなかったんですけど、豚肉チップはサイズが小さくて、掻き混ぜた後は目立って主張してきませんでした。細切りでないキクラゲはコリコリとした食感が明白で、アクセント的にな要員ではなく、完全なる具材だったのは良かったです。ネギは…存在感ありませんでしたw


(標準は★3です)

たしかに粘度の高さは「どろ」の名に恥じないほど濃かったし、良くも悪くも旨味は「濃厚」だったんですけど、シリーズの顔とも言える油揚げ麺が普段とは全く異なる仕様だったので、没個性な印象を招いてしまっていたことと、粘度の高さに豚骨の骨っぽさが全く追い付いてなくて、何かと不完全燃焼な仕上がりに思えてしまいました。美味しいか不味いかと問われたら、不味いとは言いませんが、豚骨スープなのにグアニル酸(干し椎茸)を彷彿とさせる旨味成分が手前にあるって…どうよ? みたいな。いや、かなりドロドロのスープは面白かったし、具材も普段より量が控えめに感じたとは言え、スーパーカップのように決して貧弱なわけではなく、麺とスープの相性も悪くなかったんですけど、でかまる的にアレかなぁ…という印象が否めなかったので、ちょっと厳しめに評価しました。インスタント的な豚骨感で構わないから、人工的な旨味成分に頼って粘度だけを上げるのではなく、もうちょっと骨っぽさを意識して欲しかったです。結果的な仕上がりとしては、★3でも差し支えないかと思ったのですが、ちょっとブランド愛のバイアスが影響してしまったようなので、お手数ですがニュアンスは差し引いていただければと思います。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「スーパーカップ1.5倍 コーン塩バター味ラーメン」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「ポテトチップスクリスプ コンソメパンチ」です。昨日の「うすしお味」と同じく、ベースのポテトはチップスターよりもカタメ食感で、味は皆様お馴染みコンソメパンチ。驚き無しw ただ、ポテトのニュアンスが違う分、やはり受ける印象は異なりますね。そういえばチップスターにもコンソメがありますけど、あんまり食べた記憶が…というか、そもそも見掛けた記憶すらw いや、意識してないから気が付いてないだけなのかも…そういうのありますよねー。あ、ポテトチップスクリスプのコンソメパンチは、イメージ通りで美味しかったです(他に言いようが…スイマセンw)これぞ安定感ですな。新商品だけどw


さて、本日の一杯は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 コーン塩バター味ラーメン」です。同時発売品の「コーン醤油バター味」がイマイチだったので、もはや嫌な予感しかしない心境での実食になるのですが、逆に言えば心の準備が整っているとも言えるわけでしてw で、何気なしに自分の過去記事を漁ってみると、2015年の3月に「三つ星スーパーカップ」シリーズから、同じくバター状ブロックを売りにした「塩バター味ラーメン」というカップ麺のリリースがありまして、また2015年の8月にも「じわとろ」というタテ型カップのブランドから、バター状ブロックがメインの「塩バター味ラーメン」と、2016年9月にも「コーン塩バター味ラーメン」というカップ麺のリリースがありまして、自分で自分の過去記事を読み返してみると…どれも煮え切らない評価だったw とりあえずコーン塩バター味は定番のイメージなので、せめて味は普通に美味しいと思える水準にあると嬉しいのですが…





スープは、「ポークをベースに野菜や香辛料、ホタテの旨みを加えた塩スープ」に、「後入れの『バター状ブロック』を加えることでバターの風味が食欲をそそり、後引くコクをしっかり感じ」られるとのこと。ベースのスープは少し洋風テイストで、塩ラーメンというよりも、味のイメージとしてはポタージュに近い雰囲気です。でも粘土の高さは意識されておらず、サラサラとしているのですが、クリーミングパウダーや乳等を主要原料とする食品が洋風な面持ちを醸し出していて、適度なガーリックとブラックペッパーのアクセントもイイ感じ。ホタテエキスの含有量は少なく、製品説明にあるようなホタテの旨味は目立ってなかったんですけど、この段階だと普通に美味しいスープです。でもって真打ちのバター状ブロックを溶かしてみると…うん、普通に美味しいですねw もともとベースが洋風路線という部分が功を奏していて、クリーミングパウダーや乳等を主要原料とする食品が醸し出していたポタージュ的な雰囲気を後押ししてくれているというか、リッチとまでは言えないものの、大味ってほど雑な仕上がりでもなく、きちんと相乗効果は感じられました。良くも悪くも当たり障りのない味でしたが、裏を返せばギャップも控えめで、ちくしょうハズした…と、落胆するようなショックは受けないでしょう。

めんは、「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメン」とのこと。多分、「コーン醤油バター味」と同じ油揚げ麺だと思うんですけど…うーん、やっぱり今までのカドメンと比較して、印象は少し異なりますね。食べ始めて直ぐの段階は兎も角、食感の緩みが早いことと、どうも油揚げ麺特有の風味が気になります。ガッシリ3Dめんからカドメンに変更された後、油揚げ麺特有の風味が随分と控えめになり、そこにレベルの高さを感じていたのですが、なんかこう、かつての「ガッシリ3Dめん」と「カドメン」を足して割ったような状態というか。いや、自分は食べるのが遅いので、それも影響しているのかもしれませんが…少なくともコンビニ限定の「ブタキム」に使われているカドメンとは別物だと感じました。

かやくは、「色調の良いコーン、人参、ねぎ」とのこと。うーん、メインのコーンは「コーン醤油バター味」と同じく、イマイチな歯触りですね。きちんと甘味は感じられるんですが、どうもこう、乾燥具材チックというか、なんというか。で、人参はコリコリとした歯応えがアクセントに寄与してくれるのかと思いきやクッタクタw でも人参の甘味は好印象でした。意識して拾わないと見た目だけで存在感は薄かったけどw ネギは食感も風味も目立っていたのですが、あんまりスープと合ってなかったです。そもそも「かやく入りスープ」という時点でヤル気が感じらr(ry


(標準は★3です)

うーん、スープなんかの味だけで言えば、取り立てて酷評するほど粗雑ではなく、普通に美味しかったので、及第点でもいいかな…と、思ったんですけど、コーン塩バターなのにイマイチなコーンは正直いただけなかったし、カドメンの劣化したような印象も否めず…いや、取得価格が138円だったので、それを思えば及第点でも差し支えなかったのかもしれないんですけどね。ただ、この中途半端な5月にコーン塩バター味を食べたいかと言われたら、イマイチこう需要が見出せないというか、もちろん洋風路線のスープにバターの援護射撃は間違いのない組み合わせだったんですけど、じわリッチか? みたいな。裏切りのなさと鉄板のタッグから、醤油か塩かで言えば塩に軍配ですが、まぁ別に今わざわざ食べなくても…という印象から、少し厳しめに見ちゃってるかもしれません。具材の貧弱さを許容できるなら、味の評価は★3です。ただ、これを食べるなら200円出してでも美味しい大盛バケツ型を食べて欲しいのが本音。または質より量、味も無難で結構というスタンスならば、オープン価格の廉価版シリーズを手に取った方がコスパ的にも賢明かと思います。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram