ユーザータグ : ★★★★☆☆☆☆☆☆(4)の記事 (2/61)

日清食品「日清ラ王 ピリ辛酸辣湯麺」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの「堅あげポテト えだ豆チーズ味」です。さて、開封した瞬間…お〜意外と枝豆っているw ただ、味覚としてはジャガイモ = チーズ > 枝豆です。でも残り香が割と枝豆っぽかったのと、なんせ嗅覚に訴えかけてくるのは完全に枝豆がフロントですよ。その分、実際に食べてみて思いの外にチーズだったのがアレだったりもしたのですが、チーズのコクは結構濃厚で、ハードタイプのチーズをじっくり焼いた感じというか、うん。もはや味は完全に焼きチーズだったんですけどw 後味ほんのり顔を覗かせる枝豆が面白いアクセントだったので(でも匂いはモロに枝豆です)食べてて楽しいポテトチップスでした。枝豆に過度な期待を寄せると肩透かしを喰らいますが(でも匂いはモロに枝豆ですw もはや枝豆一辺倒ですw)こんがり焼いたチーズとかが好きな人は、ばっちりハマれると思います。あ、これビールに合うやつです。かなりw(ちなみにビールネタまだ残ってますw)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

堅あげポテトえだ豆チーズ味 (63g)
価格:138円(税込・送料別) (2017/03/23時点)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清ラ王 ピリ辛酸辣湯麺」です。定期的に発売されている酸っぱ辛いが美味しい酸辣湯麺ですが、ラ王の酸辣湯麺を食べるのは初めてかもしれません。カップ麺の酸辣湯麺と言えば、自分の中では中華三昧シリーズ(明星食品)のイメージが強かったりもするんですけど、同じ題材でもメーカーによって仕上がりが結構違ってくるので、ラ王の指標が気になるところ。ちなみに「サンラータンメン」と、わざわざフリガナが振ってあるのですが、私は断固として「スーラータンメン」と発音しますよ、ええ(そうですかw)





スープは、「濃縮した鶏のうまみをベースに、爽やかな酸味とラー油のピリッとした辛みをバランス良くきかせたスープ」とのこと。お、なかなかシャープな路線で攻めてきましたね。まず印象的だったのは、製品説明にもある爽やかな酸味。ただ、よくある黒酢を意識したような丸みを帯びた熟成タイプのコクを感じる酸味ではなく、ごく一般的な米酢を思わせるストレートな酸味。とろみは意識されておらず、サラサラとした口当たりだったんですけど、黒酢ではなく米酢を思わせる醸造酢の酸味を基盤とした酸辣湯だったので、粘性の低さがシャープな印象を加速させています。自分は粘度の高い酸辣湯が好みなのですが、今回はサラサラで正解だと素直に思えました。辣油の主張はアクセントに過ぎず、刺激のレベルはピリ辛に毛も生えない程度。然し乍ら酢酸の爽やかさが物足りなさを感じさせない核となっていて、動物系のコクも重過ぎず、それでいて希薄さを感じさせない適度な存在感。往々にしてバランス型の優等生な酸辣湯だったんですけど、酸味のタイプは新鮮でした。そして椎茸の旨味が味に奥行きを生み、バランス型でも決して無難では終わらせない、そんな説得力の持ち主だと思います。ちなみに必要なお湯の目安量は400mlと表記されていましたが、370mlちょいで喫水線に到達しました。

は、「20番の切刃で切り出した3層ストレートノンフライ麺」で、「スープによく絡む、しなやかな中細麺に仕上げ」たとのこと。やや加水率は低めの設定で、プリプリとした歯切れの良さがラ王らしいノンフライ麺です。コシや粘り気よりも歯切れの良さにフォーカスを絞った感じだったんですけど、おそらくスープのシャープな路線に合わせての工夫なのでしょう。小麦の風味は、追い掛けると感じるタイプ。敢えて手前には持ってきていないような印象だったので、その適度な小麦感もスープのシャープさを妨げない配慮に思えました。基本的な路線はラ王のデフォルトを継承しているものの、きちんと今回のカップ麺に合わせて調整してある事がハッキリと分かる仕上がりで、その微妙なニュアンスに感心。加水率の低さから、やや経時劣化耐性に難ありではあったものの、後半は後半でスープとの一体感が増す感じだったので、食感の緩みは取り立ててネガティブではなかったです。

具材は、「たっぷりのかきたま、蒸し鶏、チンゲン菜、シイタケ」とのこと。ふわふわの掻き玉は甘めに味付けされていたのですが、これが実に良いアクセントになってたんですよね。スープが醸造酢を基調としたシャープな路線だったので、甘めの味付けがコントラストになっていて絶妙でした。ご覧の通り掻き玉たっぷりだったし、パッケージに書かれている「たっぷり卵のとろふわ酸辣湯麺」の看板にも偽り無し。反面、蒸し鶏と青梗菜は量が少なく、あまり印象に残らないかも。でも意識して拾うと、しっとりとした蒸し鶏は安定の日清食品クオリティで、鶏肉らしい旨味とソフトな食感が好印象。青梗菜も特有の風味と甘味が感じられ、掻き玉と同じく甘味がスープの中でアクセントを描く効果的な存在でした。 椎茸はサイズこそ小さめだったんですけど、意外と多めに入っていて、ちょいちょい口の中に入ってきた時、独特の旨味成分がスープの後押しをしてくれていたのが良かったです。


(標準は★3です)

自分はトロミのあるスープに丸刃の低加水麺を合わせた酸辣湯麺が好きなので、そのイメージで行くと好みとはハズれるんですけど、そんな自分でも素直に楽しめる魅力を感じた酸辣湯麺でした。まず醸造酢による酸味のタイプが印象的で、そこに焦点を絞っていたのが勝因ですね。もっと酸味が強烈でも…と、思ってしまった自分は酸味バカなんですけどw ラ王というブランドが見据える顧客層の広さを考慮すると、結構ハッキリしたタイプだと思います。王道のバランス型でありながら、しっかり酸辣湯として押さえるべきポイントを押さえ、ふわふわ掻き玉と青梗菜の甘味でアクセントを演出し、その雰囲気を壊すことのない基礎水準の高いノンフライ麺を合わせている、日清食品らしい優等生な仕上がりではあるものの、予想以上に隙のない酸辣湯麺でした。東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ」という強力なライバルが出現し、一時期は存続が危ぶまれた? ラ王シリーズですが、まだまだ捨てたものではないですね。今後も互いに切磋琢磨しながら、カップ麺界を盛り上げて行って欲しいです。ラ王は今年でシリーズ25周年を迎えたので、引き続き盛り上がりに期待したいですね。ちなみにメーカーの希望小売価格は税別220円だったんですけど、希望小売価格+税での取得が当たり前と言えるコンビニにて、何故か希望小売価格を下回る税込218円で捕獲w(ファミリーマート)おそらくコンビニ以外のチャンネルだと税込200円以下で捕獲可能と思われるので、すっきりとした爽やかテイストのシャープな酸辣湯麺が好みに合いそうな人は、積極的に捜してみてください。

【余談】ちょっと気になったのが、食品添加物の項目。調味料の欄が「アミノ酸等」ではなく、「核酸等」と書かれていたんですよね。通常、「調味料(アミノ酸等)」が一般的なんですけど、「アミノ酸等」は、昆布の旨味成分「グルタミン酸ナトリウム」や、グリシンなどのアミノ酸と呼ばれる物質によって構成されているのに対し、「核酸等」は、鰹節,煮干,肉などに含まれる旨味成分「イノシン酸二ナトリウム」や、椎茸の旨味成分「グアニル酸二ナトリウム」などの核酸と呼ばれる物質によって構成されています。椎茸エキスの含有量がスープの欄では末尾だった(少なかった)のですが、その割に椎茸を強く感じたのは、使用されていた添加物がアミノ酸等ではなく、核酸等だったからなのかな…と、そんな部分にも拘りを感じたマニアでしたw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【数量限定】日清ラ王 ピリ辛酸辣湯麺 (1コ入)【日清ラ王】
価格:230円(税込・送料別) (2017/03/23時点)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

東洋水産「マルちゃん 縦型ビッグ 麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨」


曲☆線☆美ッ!!(いや…なんか違うw)

ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンの「一番搾り 北海道づくり」です。副原料の北海道米が拘りのポイントで、麦芽とはベクトルの違うライトな甘味と、初夏の澄んだ北海道の気候を思わせる、すっきりした喉越しと清涼感が特徴でしょうか。良く言えば、アッサリと飲み易いテイスト。悪く言えば、やや没個性な印象も。自分はクセのあるビールや、どっしりとした重心の低いタイプのビールが好みなので、少し物足りなかったりもしたんですけど、バランスの良い丁寧な作り込みは素直に好感触でした。「岡山づくり」と方向性が似ていたのですが、それよりも米の主張を軽めにして、澄んだ印象を強調させた感じですかね。料理を選ばないタイプのビールだったんですけど、米の膨よかさがあったからか、和食と相性が良さそうに思えました。お造りは勿論、焼き物にも合うでしょう。いや、焼き物の方が合うかな。例えばブリなんかだと、こってりトロ部分の刺身よりも大葉を添えたカマの塩焼きと合わせたい感じというか。マグロなんかだと、中トロの握りよりもサクッ、と揚げたカツを合わせたいというか。ぬおぉぉ無性にブリのカマ焼きが食べたくなってきたーw


さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ 麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨」です。「麺屋彩未」「田中商店」両者共に東洋水産から再現カップ麺が何度かリリースされていて、彩未の「札幌味噌らーめん」も、田中商店の「濃厚豚骨」も、当ブログでは高評価を叩き出してるんですよね。ちなみに田中商店は、前にも「長尾中華そば 」という店とWコラボした「バリ豚激煮干」というタイアップ製品をリリースしてたんですけど、そちらも当ブログでは高評価でした。自分は彩未も田中商店も大好きなので、今回のコラボには期待を寄せているのですが、繊細で複雑味のある彩未と、荒々しい田中商店という一見すると相反するタイアップにも思えるので、楽しみ半分、不安半分な実食です。ちなみに「夢のWコラボ」シリーズ第8弾になるらしいんですけど…そんなにリリースされていたのか…(苦笑)





スープは、「ポークをベースに味噌を加え、香辛料で味を調えた、濃厚な味噌豚骨味のスープ」に、別添で「調理感のある野菜やにんにくの香りを利かせた、特製油付き」とのこと。ぽってり濃厚な重心の低い豚骨ベースの味噌スープで、味噌感は尖らせずも旨味と風味を濃縮したかのような存在感。そんな大胆さの中に漂う山椒の香りと、花椒とは違う和の麻味が繊細さを演出し、生姜の清涼感が濃厚なテイストを諄いと感じさせない効果的なアクセントに。別添の特製油は量が多く、タテ型という口径の狭さも相俟って、掻き混ぜないと湯気が立たないほどの厚み。それも滅多矢鱈な厚みではなく、その油脂感が札幌みそラーメンらしさの盛り上げに貢献していたし、絶妙な山椒のアクセントと生姜のキレがバランスを保ちます。まさにコレは、大胆さと繊細さを兼ね備えた彩未ワールドですね。とろ~っと粘度も高かったんですけど、それを全く不自然に思わせない旨味の濃度から、とろみの強さも素直に濃厚の指標として評価できる仕上がりで、希望小売価格が205円とは思えないパフォーマンスの持ち主でした。決して濃厚の指標を履き違えない、実に美味しい味噌スープです。ただ…田中商店どこ? っていうw 重心の低い豚骨感には素直に好感が持てたものの、田中商店らしい荒々しさやクセは感じられず、もともと彩未のスープは札幌みそラーメンらしい動物性油脂をベースにした濃厚さを兼ね備えているので、田中商店らしさが埋没しちゃっているというか…最初は田中商店が彩未を喰うカタチになってないか心配だったんですけど、まさかの逆展開。彩未が田中商店を喰ってますw ちなみに必要なお湯の目安量は460mlだったのですが、ゆ~っくり注いでも420mlで喫水線に到達してしまったので、そこで止めました。

めんは、「スープとの相性が良い、食べごたえのある角麺」とのこと。おや? これは東洋水産の秋冬定番品「味噌バター味コーンラーメン」と同じ油揚げ麺ではないでしょうか。適度にモチモチとした弾力があって、それでいて適度に歯切れも良くて、しっとりとした優しい口当たりが超自分好みで好印象w 原材料も同じですし、体感的にも相違ありませんでした。雰囲気を例えるなら、「でかまる」と「本気盛」の麺を足して2で割って(どっちも食べ慣れていない人にとっては分かりにくい例えでスイマセンw)細めに仕上げたような感じですね。太麺のイメージが強い味噌ラーメンと、細麺のイメージが強い豚骨ラーメンの中間に位置するようなイメージ。今回はスープが濃厚だったので、ややスープに対して頼りない気もしたんですけど、スープを活かすという観点から評価すれば、こってり好きには嬉しいサイズになると思います。ゆるやかにウェーブがかった平打ちタイプの麺だったので、ぐいぐいスープを持ち上げてくれて、麺とスープの一体感は非常に高かったです。

具材は、「味付挽肉、キャベツ、ねぎ」とのこと。おー、これまた満足度の高い内容ですね。スープの完成度が高かったので、しわ寄せが具材に来ちゃうかと思いきや、なんのなんの。品数豊富とは言えませんが、ご覧の通り味付挽肉もキャベツもタップリと入っています。しかも味付挽肉のクオリティは、どこぞの(…w)粗悪なスポンジそぼろのように、質より量なネガティブさを一切感じさせず、挽肉らしい歯触りと旨味が素直に美味しく、サイズも大きくて、変な粉っぽさも無し。量質ともに優秀な肉具材です。キャベツは汎用的な物ですが、濃厚なスープの中で瑞々しさが嬉しく、葱は飾りに過ぎなかったものの、ひとつのカップ麺として不満を感じさせない、シンプルながらも確実に食べ応えの感じられる好印象な構成でした。


(標準は★3です)

これはねぇ…評価、かなり迷いました。「麺屋彩未」サイドから見てやると、しっかり店の特徴が表現できていたし、単純に有名店コラボを抜きにして評価しても、ひとつのカップ麺としての満足度は文句なしに★5の水準即決です。しかも希望小売価格は205円ですよ? 素晴らしいじゃないですか! ただ、どうしても引っかかってしまったのは、「田中商店」らしさが見えなかったから。分厚い豚骨の旨味には素直に好感が持てたものの、田中商店を思わせる骨っぽさやクセは特筆して目立っておらず、この指標なら田中商店を引っ張り出さなくても作れるよね? みたいな。特に自分は田中商店のワイルドな豚骨感に価値を感じていたので、そのハードルが強く作用してしまったのかもしれません。味としては素直に美味しい…というか、ひとつの濃厚みそラーメンとして、素晴らしい仕上がりではあったものの、ほぼ9割方が彩未という表情から、夢のWコラボというタイアップ企画なのに “A+B=A+” というか…むしろ、ほぼ100%彩未ですコレはw 繰り返しますが、味は良かったです。非常に良かったです。めちゃ美味しかったですw 大胆さと繊細さを兼ね備えた彩未らしい濃厚みそラーメン万歳! って感じで、かなり美味しかったw ただ、両者の個性が活かされているからこそ価値を見出すことの出来る「夢のWコラボ」というコンセプトを踏まえると、カップ麺ブロガー的に★の数は差し引かざるを得ないというか…うーん、コンセプトを重視したら、★3が妥当かもしれません。もし「彩未の札幌味噌らーめんが手軽なタテ型カップになって登場!」だったら、★5…いや、★6も夢ではない一杯でした。ビッグネーム同士のコラボだったが故に、ちょっとネームバリューに頼った感が否めないというか、コンセプト的に名前負けしているというか…うーん(まだ迷っている…w)まぁそれでも逆らえない美味しさだったので、結果的に★4にプラスマークまで付けてしまったんですけどねw 繰り返しますが、あくまでも田中商店の影が薄くて評価は差し引かざるを得なかっただけの話なので、彩未の味噌らーめんが好きな人や、濃厚こってりタイプの味噌らーめんが好きな人は、間違いなく楽しめること請け合いです。田中商店らしさ(豚骨の癖)にさえ強く拘らなければ、かなりオススメの一杯ですよ(しつこいようですがw 単純に味の満足度は★6クラスです! 味噌らーめんが好きな人は是非お試しあれ!)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「日清麺ニッポン 京都背脂醤油ラーメン」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンの「一番搾り 取手づくり」です。家に帰るまで「鳥取づくり」だと思っていたのはココだけの話w 取手って茨城の地名なんですねー(地理が壊滅的にダメな人w)「滋賀づくり」と同じく米やスターチなどの副原料は用いず、アルコール度数は5.5%と少し高め。ファーストインプレッションはフルーティで、受け入れやすいタイプの軽快な飲み口。滋賀づくりよりも少し腰を上げ、ホップの香りを意識して飲み易くさせた感じでしょうか。オリジナルの一番搾りから少し重心を落としつつ、麦よりもホップを優先させたようなニュアンスです。ホップの存在感は「とれたてホップ」ほど鮮烈ではなかった為、やや似た方向性から新鮮味やインパクトに欠ける印象は否めなかったりもしたのですが、オリジナルとの違いは確かに感じられたし、一番搾りの基礎を踏襲しつつ、ホップの清涼感を意識してブラッシュアップしたような、オリジナルの一番搾りが好きなら親しみの得られるビールになると思います。どれもベースは一番搾りなのに、ちゃんと個性の違いがあって面白いですねー。もうちょっと冒頭のビールが続きますので、20歳以上の方は(ここ重要よw)引き続き、お付き合いいただければと思います(ぺこり)


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清麺ニッポン 京都背脂醤油ラーメン」です。京都といえばラーメンの激戦区としても有名で、「第一旭(たかばし)」「新福菜館」「ますたに」「天下一品」「横綱」「魁力屋」「来来亭」(現在の本社は滋賀県にありますが元々のルーツは京都市伏見区深草にあったラーメン屋さんだそうです)など、代表的なラーメン屋さんは数多く、清湯系でも豚骨ベースに鶏ガラべース、醤油の濃いやつ薄いやつ、さらにベジポタ系や鶏白湯など、店によってジャンルは幅広く多岐にわたり、一括りに出来なかったりするんですよね。ただ、今回は「背脂醤油」と銘打っているので、おそらく魁力屋などの “背脂チャッチャ系” を意識しているのでしょう。このシリーズは、ご当地ラーメンの特徴を掴みながらも平均値を狙っているような雰囲気が強い為、どの店の特徴を色濃く引き継いでいるかなど、そういった部分にはストイックに拘らず、ふんわりとしたイメージでバランス重視の背脂チャッチャ系を想像しながら肩の力を抜いて食べたいと思います。





スープは、「背脂のうまみがきいたコクのある醤油スープ」とのこと。動物系の原材料として鶏由来の素材は一切使用せず、ベースは完全に豚骨。魚介系のアクセントも無く、背脂も豚脂も豚由来なので、まさに豚の一本勝負ですね。然し乍ら一般的な豚骨スープのように乳化した白濁色の白湯スープではなく、澄んだ色合いのスッキリとした豚骨ベースの清湯スープです。体感的な塩分濃度(醤油ではなく食塩の)は、やや高めでしょうか。とは言え、ノンフライ麺のカップ麺なのに脂質が23gという数値の高さが物語っているように、液体スープに含まれる動物油脂の量が多かったので、塩気はスープをピンボケさせない為の配慮でしょう。それだけに動物系のコクと厚みは明白で、澄んだ見た目とは裏腹に、こってり好きも満足できるスープだと思います。背脂もハッキリと目視できる大きさで、容易に箸で拾い上げられるサイズだったのが好印象。実際、意識して食べてみると、背脂特有の甘味やプルプルとした食感が楽しめる高品質な背脂で、カップ麺にしては量も頑張ってますね。ほんのちょっと一味唐辛子も入ってたんですけど、そんなに気になりませんでした。と、ここまでは具材の葱を避けての感想で、写真でも圧巻の九条種葱を攪拌したら最後、強烈に葱が主張してきますw 詳しくは具材の項目で触れますね。

は、「つるみとコシのある麺」とのこと。プリプリとした歯切れの良さが特徴的な断面の四角い角刃のノンフライ麺で、口当たりにはエッジがあり、まさに日清食品が得意とする典型的な「ラ王」タイプのノンフライ麺です。加水率は中位で、ほんのちょっとだけ縮れてますね。もうちょっと加水率を下げた方が背脂チャッチャ系のイメージに合うと思ったんですけど、結果的にスープとのバランスは悪くなかったし、これといって特筆すべき点こそなかったものの、印象は悪くなかったです。ただ、いつも何かしら記憶に残る個性を持ったノンフライ麺を使用してくれている印象が強いシリーズなので、ちょっと今回はオーソドックスだったかなー。

具材は、「チャーシュー、メンマ、九条種ネギ」とのこと。チャーシューは日清食品お得意の高級厚切焼豚ほど満足度の高い内容ではありませんが、そんじょそこらのペラチャーでは太刀打ちできないような内容で、例の厚切焼豚を薄めにスライスした感じ。サイズの割りに、なかなかの満足度です。反面、メンマは発酵感も食感も特筆すべき項目は見当たらず、あんまり主張してきませんでした。で、スープの項目でも触れましたが…九条種ネギですよ。もうね、とんでもないですよコイツの存在感はw こってり好きも満足できそうなスープの重厚感も葱の清涼感によって圧倒されるほど、しかも葱特有の辛味を帯びたシャープなタイプだったので、全投入して攪拌した瞬間、スープ全体のイメージがシャープな面持ちにシフトチェンジして、表情は一変。そして乾燥状態の葱なので、良くも悪くも風味食感ともに自己主張は絶大です。もはや葱ラーメンw 自分は乾燥葱の風味が嫌いではないことと、葱のシャープさも嫌いではないので、そんなに抵抗は無かったんですけど、少なくとも葱が苦手な人は、絶対に手を出してはいけないレベルです。このインパクトは凄かったw ちなみに九条 “種” という表記ですが、京都府内で栽培した九条葱ではなく、九条葱の種を用いながらも生産地が異なることから、九条 “種” と表記しているのではないかと思われます。下仁田 “系” 葱とか、そのニュアンスですね。


(標準は★3です)

豚骨ベースか鶏ガラベースかの違いだったり、麺の加水率であったり、そもそも京都ラーメンの定義とは…と、まぁいろいろ悩ましい部分はあったんですけどw インパクト絶大な九条種ネギを筆頭に、京都風チャッチャ系ラーメンとしての雰囲気は演出できているのではないでしょうか。突き詰めていくと賛否両論かもしれませんが、京都の背脂チャッチャ系を知らない県外の人であれば、このカップ麺で雰囲気を感じるには充分な仕上がりかと思います。ただし、後入れかやく(乾燥ねぎ)の取り扱いには充分ご注意ください。「京都背脂醤油ラーメン」は、一瞬で「乾燥小葱ラーメン」に変わりますw せっかく葱だけ別添で用意されているわけですから、しっかり別添であることを有効活用してやりましょう。まずは葱を入れずに背脂や動物系の重厚感が印象的なチャッチャ系の雰囲気を楽しみ、大凡のイメージを掴んだ後、途中から好みに合わせて調節しながら投入。かなりの量なので、最初は¼から⅓くらいを意識して、少しずつ入れるのが正攻法かと思います。想像以上に葱が幅を利かせていた予想外の展開は、良くも悪くもインパクト絶大なサプライズだったんですけどw やっぱり京都の清湯系には九条葱、というイメージが強くあると思いますし、そこにフォーカスを絞ったのは、ある意味このシリーズらしからぬ突き抜けた要素を感じられたのが良かったです。いやーそれにしても、ここまで葱を際立たせたカップ麺は、もしかしたら初めてかもしれませんw 好みの分かれる仕上がりかとは思いますが、しっかり記憶に(葱がw)残る一杯になると思いますよ。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

寿がきや食品「味噌麺処花道監修 濃厚味噌ラーメン」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンの「一番搾り 仙台づくり」です。宮城県産ササニシキと、東北産のホップが拘りのポイントとなっていて、米の甘味を意識しつつ、ホップの清涼感が同等に作用することで、甘味を帯びた芳醇なテイストでありながら、後味にはスッキリとした印象を与えます。「神戸づくり」や「岡山づくり」も米の甘味を意識していましたが、こちらは喉越しにもスポットを当てたことで、きちんと差別化が図られていますね。ファーストからミドルにかけて芳醇な旨味を、そしてラストの後味はスッキリと…そんな味の運び方には、鮮度の高い肉をサッ、と軽く炙ってレモン汁で頂く牛タンを彷彿とさせる…って、これは仙台ネームによる刷り込みですね完全にw いやでも実際、程好く酸味の効いたテイストだったので、マグロの中トロや、焼肉なんかの脂っこい料理と相性の良いビールだと思います。


さて、本日の一杯は、寿がきや食品の「味噌麺処花道監修 濃厚味噌ラーメン」です。「味噌麺処 花道」といえば、「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」の姉妹品みたいな立ち位置にあった、「番長花道 辛味噌ラーメン」のイメージが強かったんですけど、今年は激辛路線じゃありませんでした。スープは白味噌がメイン、「とろんと濃厚でまろやかな味わいながらも、しつこさが無く、後味の良い仕上がり」で、「他とは一線を画す味噌ラーメン」に仕上がっているそうです。白味噌ベースの味噌ラーメンといえば、最近ではエースコックの作る味噌系のスープが強いイメージで…って、書き始めたら余談が長くなっちゃうのでw さっさと実食に進みたいと思います。ちなみに今回も販売者は寿がきや食品ですが、製造所は加ト吉水産株式会社フーズ部群馬工場になってました。ちなみにエースコックが製造を担当した「麺処 花田」の店主は、今回の「味噌麺処 花道」で修行して独立されたそうですよ。





スープは、「白味噌の旨味を重厚な豚骨スープでひきだした濃厚味噌ラーメンスープ」とのこと。白味噌ベースということで、割と優しいタイプのスープを想像してたんですけど、なんのなんの。どっしり系です。かなりw まず液体スープの量が多くて、しかも中身が思いっきり味噌〜! な、感じだったんですよね。ちょっと投入の段階から引いてしまったw ただ、あくまでもベースが白味噌なので、赤味噌ほど尖っておらず、ハッキリとした味噌の濃度を演出しつつ、トゲトゲしさは最小限に抑えられているような印象。ちょっとスープ単体だと自分には厳しい濃度だったんですけど、麺を食べている時には程好いと思える塩梅だったし、これだけ味噌の濃度を明確に打ち出していれば、味噌ラーメンのスープには味噌の輪郭がないと…って人でも物足りなさを感じることなく満足できると思います。さらに動物系の濃度も高く、あくまで豚骨は味噌の土台に過ぎませんでしたが、横綱級の白味噌を支えられるだけの基盤は優に構築できていたし、多めのラードが動物系の濃度を確実な位置に押し上げ、その油脂成分が適度に味噌を包み込み、互いのメリットを高め合っているかのような力関係。砂糖による甘味の演出も目立って主張しているわけではなく、あくまでも味に奥行きを生むことに徹していて、それでいて砂糖の恩恵が確かに感じられる好印象な使い方。で、製品説明には書かれてないんですけど、かやく入スープの中に花椒が仕込んでありますね。和の山椒とは明らかに違う、花椒の風味と香りのアクセントを感じたので、おそらく間違いないでしょう。目立った麻味は感じられませんが、ほんのちょっと、後味には花椒特有の清涼感が残ります。これによって、どっしりとした味噌、どっしりとした豚骨という重心の低い濃い味のスープでありながら、最後まで飽きずに楽しめたんですよね。ちなみに必要なお湯の目安量は450mlだったんですけど、360mlで内側の線に達しました。味の濃さが気になりそうな方は、お湯を気持ち多めに注いでおくと吉かもしれません。

めんは、「もっちりとしたノンフライ太めん」とのこと。もちもち食感の縮れた太麺で、コシの強さを重点的に意識したタイプ。指定の時間を守って食べ始めても目立った戻りムラはなく、それでいて後半になっても弾力に衰えは感じられず、なかなか食感の持続力も優秀な性能です。スープの項目でも触れたように、寿がきや食品のノンフライ麺は濃い味のスープと相性が良いので、今回は絵に描いたようにバッチリな取り合わせでした。新鮮味やサプライズを感じるようなノンフライ麺ではありませんが、小麦っぽい甘味がスープの味噌感と絶妙にマッチしていたし、基礎クオリティの水準が高く、スープを選り好みするようなタイプではないので、良い意味で寿がきや食品らしい相変わらずのノンフライ麺だったのが良かったです。

かやくは、「チャーシュー、もやし、ニラ」とのこと。チャーシューは普段よりも味付けが濃い目に感じられたのですが、残念ながら例の如く寿がきや食品らしい後味の悪いケミカルな風味を踏襲していて、兎にも角にも希望小売価格250円オーバーの肉具材にしては貧弱。完全に力不足なペラチャーです。もやしもニラも量は少なく、安定の具材に貧弱な寿がきや食品クオリティでした。ただ、チャーシューの質と全体の量こそ貧弱な内容ではあるものの、もやしは太めのシャキシャキ食感、風味もハッキリとしていて、濃厚な味噌スープとの相性は抜群。ニラも風味にパンチがあったので、質の満足度は高かったです。ただ、如何せん少ないショボいw


(標準は★3です)

白味噌を基調とした味噌ラーメンということで、攻撃性よりも優しさを重視した、ひたすらマイルドなスープを想像してたんですけど、いやいやなんのなんの。超どっしり系の味噌ラーメンでしたw これは確かに白味噌ベースの味噌ラーメンの中では、他と一線を画した仕上がりですね。あくまでも白味噌なので、赤味噌ほど尖ることはなく、それでいて白味噌のイメージとは相反するような力強い味噌感が個性的。さらに動物系の厚みにも層があり、かなり重心が低く、どっしり濃い味。それでいて飽きることなく楽しめたのは、適度な砂糖の甘味と、ほんのり花椒のアクセントが効果的だったから。今回は激辛バージョンではありませんでしたが、まさに雰囲気は番長w でも強面なのに面倒見が良いというか、闇雲にツッパってオラオラしてるわけじゃなくて、頼り甲斐のある包容力と優しさを兼ね備えた、男気溢れる「漢」みたいな。伝わりますかねコレw なんにせよ、白味噌ベースだから薄味なんでしょ? とか、味噌とラードが多いだけなんじゃないの? とか、そんな薄っぺらい内容のスープじゃないですよ。自分は輪郭のある味噌よりも優しいタイプを好んでいるのですが(そもそも実際は味噌ラーメンあんまり食べないんですけどw)そんな自分でも素直に楽しめた完成度の高さでした。但し、手放しに評価できなかったのは、メーカーの希望小売価格。取得価格を度外視して、味だけで言えば文句無しの★5即決だったんですけど、コンビニ定価購入で275円だったので、★ひとつ差し引きました。もし税込250円前後で製品化されていたら、なんの迷いもなく★5を付けていたと思います。とは言え、この味噌ラーメンは、なかなか画期的だと思いますよ。白味噌ベースの味噌ラーメンといえば優しい、そんな常識(なのかどうかは責任を負いかねますがw)を覆すような力強い方向性から、味噌ラーメンが好きな人であれば、コンビニで定価購入を強いられて、275円を支払わなければいけないという枷を踏まえても、販売期間中に一度は食べておくことをオススメします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

味噌麺処花道監修 濃厚味噌ラーメン(1コ入)
価格:258円(税込・条件付送料無料) (2017/03/13時点)
@爽快ドラッグ (とりあえずコンビニよりは安いですw)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「日清のどん兵衛焼うどん 旨塩だれ ゆず胡椒仕立て」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンの「一番搾り 滋賀づくり」です。こちらは米などの副原料を使用せず、アルコール度数は5.5%と少し高めの設定。喉ごしよりもコク、そして適度な酸味と苦味を意識しているような仕上がりで、オリジナルと比較して重心は低いです。滋賀県産の麦芽を使用しているのが拘りで、米とはベクトルの違う、あまり余韻に響かない大麦の適度な甘味が感じられます。比較的コクを重視しながら、やや軽やかなホップのアクセントが親しみ易さを演出していて、よく言えば重心を落としつつも受け入れ易く、悪く言えば中途半端な立ち位置ではあるものの、料理やシーンを選ばない柔軟性の高さがポイントでしょうか。オリジナルの良さを踏襲しつつ、深みの落とし加減から飲み応えが増しているような印象だったので、オリジナルの一番搾りは軽いと思っている自分としては、素直に好印象な一杯でした。もうちょっと重厚感に振り切って欲しかった、という若干の不満が無きにしも非ずだったのですが、腹八分目な感じが美味しいというか、ホップの軽やかさを利用して、そのギリギリを突いたかのようなバランスは…なかなか憎かったですw あ、それからパッケージの右上に描かれてる県のデザインなんですけど、このシルエットって…滋賀県じゃなくて琵琶湖? ですよね? こっちが本体だったのか?w


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清のどん兵衛焼うどん 旨塩だれ ゆず胡椒仕立て」です。実は定期的に発売されている日清のどん兵衛焼うどんバージョンなんですけど、今年は定番の「だし醤油味」はリリースされず、新たに「旨塩だれ ゆず胡椒仕立て」が登場しました。同シリーズから、「担担 花椒仕立て」もリリースされているのですが、当ブログでは昨年バージョンを記事にしている為、今年は旨塩だれのみ紹介しますね。おそらく担担の仕上がりは昨年と大差ないと思われるので、味の詳細が気になる方は、過去記事(2016年)の感想を参考にしてください。





ソースは、「ローストガーリックの風味と旨みをきかせた塩だれソース」に、別添で「ピリッとした辛みとクセになる香りが特徴の『特製ゆず胡椒』」とのこと。のっけからローストガーリックのパンチを感じるパワフルな塩ダレなんですけど、ジャンクに感じるほど好戦的で一辺倒な主張ではありません。味の主軸として存在しているのですが、ニンニクのインパクトよりも旨味を意識しているようなタイプです。体感的な塩分濃度に尖ったカドは感じられず、やや油脂成分の量は多めだったんですけど、クドさを感じるほどギトギトしてなくて、ほんのり胡麻油の香りと隠し味の醸造酢がアクセントに。ニンニクの効いた塩ベースの焼肉のタレあるじゃないですか? あんな感じ。これで豚肉を焼いたら超おいしそうw なかなか無駄なく丁寧な旨味の感じられるソースで、このままでも充分おいしいです。で、それをワンランク上の段階に引き上げてくれるのが、特製ゆず胡椒の存在。これはですね…まさに柚子胡椒です(バカ炸裂なコメントw)いや、ほんとにw チューブの柚子胡椒あるじゃないですか? あんな感じ。ただ、こいつ単体で舐めると、かなり塩っぱいです。撮影の関係もあって麺の上(写真右下)に全量絞り出したんですけど、全体に行き渡らせたらヤバそうだったので、別の皿に避難させ、ちょっとずつ麺に付けながら食べました。味のバランスは、塩味 > 胡椒 > 柚子ですかね。胡椒の刺激は、直接舐めても至って常識の範囲内です。もうちょい塩気を抑えて、柚子を効かせて欲しかったかなー。自分の舌には塩気が強過ぎたので、ひとくちに対して耳かき一杯分くらいが丁度いいアクセントでした(冗談ではなくw)もし液体ソースの一部として最初から全体的に仕込まれていたら、個人的な満足度を下げてしまう要因になり得る懸念を感じたものの、ここは別添の強み、各々の好みに調節できるので、個人差に合わせて程よく楽しめたのが良かったです。いきなり柚子胡椒を麺の上に全量投入するのではなく、途中で少しずつ加える、もしくはカップのフチに待機させて、少しずつ箸の先に付けて変化を加えながら食べるのがポイントですかね。

は、「もっちりとしたつるみのある太麺のうどん」とのこと。どん兵衛らしく形状はストレートで、表面はツヤッツヤ、食感はモッチモチ、まさにジューシーという表現がピッタリな瑞々しい油揚げ麺です。今回は5分しっかり待ったら思ってたよりも柔らかめに仕上がったんですけど、若干の仕様変更があったのでしょうか。やや粘り気が控えめになり、ソースとの一体感を重視しているような印象を受けました。いや、熱湯の量や室温などの環境にも大きく左右されるので、その差異かもしれませんが。なんにせよ、この麺は大幅にフライングしたらヤバそうなタイプなので、室温などの状況にも左右されますが、最低でも4分30秒は守ったほうが賢明かと。今回は柚子胡椒の清涼感があったので、油揚げ麺臭は気になりませんでした。表面はツヤツヤでもソースの馴染みに問題は無かったし、どん兵衛らしい雰囲気も踏襲されていて、ソースとのバランスも問題無かったです。

具材は、「キャベツ、肉ミンチ、ニンジン」とのこと。うーん、ちょっと具材は寂しいですね。キャベツは小さかったし、肉ミンチも量が多いとは言えませんが、意外と目立っていたのが人参。コリコリとした食感が柔麺の間でアクセントになっていて、かなり効果的だと感じました。キャベツがU.F.O.のキャベツくらい大きいと嬉しかったんですけど、肉ミンチはダイスミンチ的で美味しかったし、素直にソースとの相性が良かったのと、価格帯を加味したら、まぁこんなもんでしょうか。


(標準は★3です)

ソースのベース自体は特筆して個性のあるタイプではなかったものの、ローストガーリックの旨味を基調としたソツなくも満足度の高い内容だったし、ハッキリとした個性を演出していた別添の柚子胡椒に価値の見出せた焼うどんでした。★の数は5にするかで迷ったんですけど、自分の中では相方の担担を特筆して秀逸だと感じているので、同時発売だと少し見劣りしてしまうというか、ちょっと厳しめに見ているかもしれません。すっきりライトな塩ダレをイメージして手に取ると、ローストガーリック基調の方向性と油脂感にギャップを抱いてしまうかもしれないし、逆にローストガーリックのインパクトに期待して手に取ると、ちょっと大人しいというか、それが人を激しく選ばない窓口の広さに寄与していたものの、良く言えばバランスの良い旨味重視の塩ダレ、悪く言えば没個性。でも柚子胡椒の明白なアクセントが無難に終わらせない個性を演出していたので、及第点は余裕でクリアです。柚子胡椒の清涼感がある分、もっとローストガーリックをガンガンに効かせてほしかったのと、もうちょい柚子の主張が欲しかった、というのが個人的に物足りないと感じてしまった部分だったんですけど、柚子の香りや風味は兎も角、ローストガーリックの主張を強めたら、シーンを選んじゃいますもんね。人によっては油脂が少し重いと感じてしまうかもしれませんが、そこは柚子胡椒の清涼感がカバーしてくれると思いますし、ローストガーリックの旨味が効いた焼肉の塩ダレ路線に柚子胡椒のアクセント、このイメージでハマれそうな方は手に取ってみてください。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram