ユーザータグ : ★★★★★☆☆☆☆☆(5)の記事 (1/60)

日清食品「日清 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」です。つい最近、5年ぶりにリニューアルしたプレモルなんですけど、まぁロット差(製造年月日)程度のニュアンスだろうなぁ…と、思いきや、なんのなんの。従来品と比べ、明らかに洗練されてるじゃないですか。まず印象的だったのは、香り。同ブランドの「香るエール」ほどではないものの、確実に華やかさが増しています。飲む前に感じる香り立ちの良さも然る事乍ら、喉を通過した後に鼻腔へ戻って来る香りというか、そんなセカンドの香りが増してたんですよね。そして次に印象的だったのは、苦味と酸味。もともとプレモルは余韻に残る甘味もポイントだと思っているのですが、そこに絡む絶妙な酸味のアクセントが自分としては好印象で、その酸味がブラッシュアップされていたように感じたのと、ホップ由来の苦味もフレッシュさを増しているように思いました。適度な苦味と上質な酸味、モルトの甘味にコクのある余韻、しっかりとプレモルらしさを踏襲しつつ、パッケージと同様に、中身のプレミアム感もアップしています。戻り返る華やかな香りから、キャッチコピーの「香り、コク、香り。」も伊達じゃなかったし、いわゆるマイナーチェンジかと思いきや、マイナーチェンジやロット差の枠を超えたブラッシュアップにプレモル好きの自分は大満足でした。今なら従来品も手に入ると思うので、意識して飲み比べてみるのも楽しいと思いますよ。でも飲み比べるなら、同時にグラスを並べてリアルタイムに行うか、1日あけて飲み比べることをオススメします。1本飲み終わってから2本目に飲むビールって、やっぱりニュアンスの印象が大きく異なりますからね。って…自分だけですかねw あと、このビールは是非、ワイングラスを用いてテイスティングしてみてください。まだワイングラスでビールを試したことのない人は、きっと価値観が変わると思いますよ。さて、この流れ…当ブログの愛読者さんなら分かりますよね? その通り…我が盟友「バカワイン強制召喚の儀」を執り行いますw


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA」です。「オリーブオイルで仕上げる究極の "オシャレ女子ラーメン"」だそうで、私のような女子力高めの?(知らんがなw)カップ麺ブロガーには嬉しいコンセプト。たしかにパッケージの雰囲気からしてオシャンティーな感じ(言ってみたかった)ですよねー。今回でシリーズ第6弾に当たる「むぎとオリーブ 特製鶏SOBA」なのですが、「カフェのようなオシャレな店構えが女性に人気のラーメン店『むぎとオリーブ』店主の岩田圭介氏の監修によるこだわりの一杯」だそうで、「お店の人気No.1メニュー『鶏SOBA』の特徴である "丸鶏をじっくり煮込んで作った透き通ったスープ" に "丸大豆醤油を使用した醤油ダレ" を合わせた、鶏と醤油のうまみが凝縮された味わいを再現し」たとのこと。実際の店舗もオシャンティー(もう1回だけ使ってみたかった)な店構えみたいですし、オリーブオイルで仕上げたヘルシーなラーメンが女性を中心に人気を集めているそうです。オリーブオイルといえば、やはり洋風のイメージが先行するんですけど、丸大豆醤油という部分には和の拘りを感じますし、ちょっと相反しそうなタイプの取り合わせが想像できない感じというか、一体どんなラーメンなんでしょうねー。





スープは、「鶏ガラベースのスープにかつお節と醤油のうまみが感じられるスープ」に、別添で「オリーブオイル入りの特製鶏油ダレ」とのこと。まず別添の特製鶏油ダレが思いの外に強烈で、こと鶏油の芳ばしさに関しては特筆すべきレベルにあります。そんなに量が多い訳ではない…というか、むしろ少ないくらいだったんですけど、量に反する鶏油の存在感には正直、度肝を抜かれました。反面、個性的と思われたオリーブオイルの風味ですが、そんなに主張してこないですね。意識すれば特有の風味を微かに感じるものの、あくまでも下支え的な存在感でした。そして丸大豆醤油を意識してか、かえしには醤油の輪郭があり、そこへ鰹の芳ばしさが重なってくるので、ちょっと関東風の蕎麦つゆに似た面持ちも。スープ単体で飲むと自分には醤油の主張が強かったんですけど、あくまでも醤油の輪郭にフォーカスを絞ったタイプというか、舌を刺してくるような角張った食塩のネガティブさとは違ったし、麺を食べている時にはベストマッチと思える塩梅だったので、素直に印象が良かったです。ちなみに必要なお湯の目安量は410mlでしたが、喫水線を守ると370mlでした。なんか最近、370mlで…って、頻繁に書いてる気がするんですけどw

は、「歯応えのあるストレート麺」とのこと。有名店シリーズらしいスパッ、とした歯切れの良さが特徴的な、縮れの少ないストレート状の油揚げ麺で、断面は四角く、いつもの麺より気持ち硬めに仕上がりますね。きちんと時間を守っても、敢えて少し芯を残しているようなアルデンテ食感というか、輪郭のあるスープにも負けていません。それでいて油揚げ麺特有の風味は限りなくゼロに近く、全くと言っていいほどスープに干渉してこないんですよね。この上品さが大きく功を奏し、スープの鮮度が最後まで維持して感じられ、油揚げ麺らしからぬ気品が本格さを演出。加水率は低めの設定なんですけど、それに反して麺の耐久性は優れていて、最後まで歯応えを感じられたのが好印象。加水率の低さからスープの馴染みも全く問題なかったし、麺質の雰囲気的にもスープとの相性は絶妙にマッチしていました。

具材は、「蒸し鶏、ダイスポテト、カマボコ、ネギ」とのこと。一見すると、なんかこう…しっちゃかめっちゃかな組み合わせにも思えるのですがw 順を追って見ていきましょう。まず蒸し鶏ですが、日清食品らしくソフトな食感のリアル系で、風味も食感も鶏肉らしい好印象な肉具材。スープに鶏油のインパクトがあった為、相乗効果もバッチリです。続いて異彩を放っていたダイスポテトなんですけど、そんなに違和感ないですね。まぁ抜群に美味しかったかと言われれば、まぁフツーだったりもしたのですがw 個性の演出には非常に効果的でした。ただ、味とか食感は良かったんですけど、小さいのが4つだけしか入ってなかったので、カップヌードルカレーに入っているフライドポテトくらい大きいと嬉しかったかなぁ。で、なんで純和風型の蒲鉾? って感じなのですがw これも意外と違和感ないですね。と言うのも、スープの項目で触れたように、やや蕎麦つゆに通じるニュアンスを感じていたので、それでかもしれません。いや、蒲鉾が入ってたから蕎麦つゆっぽいニュアンスを感じたのか…定かではありませんがw 一見するとカオスな様で、実際に食べてみると意外にも違和感を感じない、なかなか面白くて個性的な構成でした。


(標準は★3です)

オリーブオイルの存在感が希薄だったのは不満だったんですけど、それも気にならなくなるほど強烈に主張していた鶏油のインパクトと、鶏油を一辺倒にのさばらせなかった鮮度の高い醤油感。そして今回のスープともベストマッチだった秀逸な油揚げ麺に、個性的な具材の構成…と、なかなか見所の多い一杯でした。一見するチグハグにも思える多種多様な要素が組み込まれている為、こうやって文字だけで見ると組んず解れつな印象を抱いてしまうかもしれませんが、不思議と全体には言い様のない(と…これ言っちゃったらレビューブログ的にアレなんですけどw)纏まりがあったんですよね。ベースは蕎麦つゆに通じるような硬派で和風な面持ちで、鶏油のインパクトがラーメンらしさを明確にしつつ、極めて繊細なオリーブオイルのアクセントが洋のテイストを微かに演出。で、具材の構成しっちゃかめっちゃかw なんですけど、それを変だと感じないんですよ。そんな違和感の無さに、ひとつのカップ麺として総合力の高さを感じたのと、いろいろ難しいこと考えずに食べても素直に美味しいと思えるような仕上がりから、今回は上出来の★5即決でした。きっと実際のラーメンは、もっと複雑な構成で、オリーブオイルの主張も強いのかもしれませんが、鮮度の高い醤油感と存在の大きかった鶏油のインパクトから、何と無く店の特徴は掴めたような気がします。「蛤SOBA」というメニューも有名らしいので、それもカップ麺で再現してもらいたいですね。流れ的に次回作はAFURIかな? 今のところ、2回に1回のペースでAFURIを挟むのがルーティンなシリーズなのでw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【数量限定】日清 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA (1コ入)
価格:221円(税込・送料別) (2017/03/25時点)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

サンヨー食品「サッポロ一番 極出汁 鯛あらだし うま味奥深き淡麗なる塩らぁめん」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


以前、冒頭にて「ヱビス 華みやび」の感想をアップしたんですけど、その際に強制召喚した、カップ麺界に於ける狂乱の貴公子(そうなの?w)こと私 taka :a のマイメン(心の友)「ポイントサイトで美味しいワイン!~貯めたポイントでワインを満喫~」のオーサーで、年間約200本のワインを嗜んでいるポイントサイト界の華麗なる貴公子、バカワイン氏(@pointsitedewine)が、素敵なアンサー記事を投稿してくれました。「ビール党必見!話題のヱビス華みやびを世界一のホワイトビールと飲み比べた結果!」気になる記事の内容は…リンク先にて直接チェキラです!


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 極出汁 鯛あらだし うま味奥深き淡麗なる塩らぁめん」です。やったら長い商品名が相変わらず気になるところではあるもののw「極出汁」の「鯛あら」ですよ、奥さん。しかもヘルシーなノンフライ麺ですよ、奥さん。サブタイトルも「うま味奥深き淡麗なる塩らぁめん」とか…もう絶対に美味しいヤツw なんて、まんまと煽られている筆者なんですけど、「瀬戸のほんじお」(瀬戸内地方・備前岡山の海水100%使用)とか、実食前の段階から尋常ではない気合の入れ様を感じているのですが、期待通り出汁を極めた仕上がりか、はたまた見掛け倒しの内容か、このハラハラ感が堪りませんですなw ←





スープは、「瀬戸内地方・備前岡山の海水100%を使用した、まろやかで深い味わいの瀬戸のほんじおと、鯛の奥深い旨みが味わえる淡麗系塩ラーメンスープ」とのこと。いやいやいや…極出汁とは、よく言ったもんだと…今回のスープ秀逸ですよ。まず立ち昇る湯気からして鯛の香りがハッキリと感じられ、実際の味わいも然り。鯛特有の風味がフロントに立ち、あらだし感を体現。それでいて興味深かったのが、複合的な魚介の旨味。最初は香りも相俟って、まず鯛を感じるのですが、余韻として残る表情の中に、鰹の芳ばしくて膨よかな節系の旨味、それとはベクトルの違う鱈の淡白かつ豊潤な旨味、そこへ煮干のシャープな旨味が重なって、実に表情豊かな余韻が舌を楽しませてくれます。さらに昆布エキスが重なることで、旨味の相乗効果が図られ、出汁の質がワンランク上の水準に。動物性の原材料にはチキンエキスが組み込まれているのですが、あくまでフレームワークの一端として要所を下支え的に繋いでいる存在に過ぎず、旨味の指標は紛うことなく魚介の出汁が握っています。そして、もうひとつのポイントは塩気。スープの食塩相当量は4.6gと少し高めの数値なんですけど、人工的な食塩の刺してくるようなトゲトゲしさは感じられず、むしろ塩特有の甘味を彷彿とさせる質の高い塩気。スープにコクを与える油脂成分も動物油脂ではなく植物油脂がメインですし、これによって体感的にも淡麗系のスッキリとした印象を尊重しているような味わいでありながら、鯛の風味と複合的な魚介の旨味によって、淡麗を希薄とは捉えさません。極出汁の名に相応しい旨味の濃度と繊細さから、実食前の期待値を裏切らない完成度の高さでした。

は、「黄色みの強い存在感のある幅広の麺」で、「スープがよく絡む張りとコシのあるちぢれ麺」とのこと。しっとりとした加水率の高いノンフライ麺なのですが、多加水麺ほど粘りを重視したタイプではなく、程よい密度の自然な弾力。小麦の香りも主張し過ぎず、それでいて弱過ぎず、でも小麦らしい香りと甘味はハッキリと感じられる適切な小麦感。表面はツルツルとしていて喉越しが良く、それでいてスープを弾くほどキメが細かいわけではなかったので、スープとの一体感も申し分ありませんでした。淡麗系の塩スープには繊細な細麺、というのが自分の中では定石だったりするので、そのイメージで行くと少し太めに思えたのですが、メーカーの説明文ほど主張の強いノンフライ麺ではなかったし、実際に今回のスープとは丁度いいバランスだったと思います。後半にかけて麺とスープの一体感が見る見る増すタイプだったので、少し柔らかめになってきた頃合いがピークかもしれない。

具材は、「えび風味団子のうまみとメンマのコリコリとした食感が、おいしさを引き立」て、「ねぎ、花型かまぼこ、白髪ねぎを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。えび風味団子,花型かまぼこ,ねぎは、おそらく「和ラー 能登 海老汁風」と同じ個体ですね。鯛摘入じゃないのは少し残念でしたが、えび風味団子はプリプリ食感で、風味もイイ感じ。メンマは目立ってなかったかなー。でも意識的に食べると厚みのある部分はコリコリしてて、箸休めに良かったです。ねぎは青葱と白髪葱の2種類入っていて、青葱は量が多く、それでいて邪魔にならないギリギリのライン。で、青葱の食感が結構いいアクセントになってるんですよね。そして白髪葱は青葱とは違うシャープな方向性から変化を演出していて、これがまた引き立て役として実に効果的な存在に。花型かまぼこは見た目的な要員に過ぎなかったものの、文字通り透き通ったスープに映えていて、きちんと製品を彩ってくれていました。


(標準は★3です)

うん、実食前に期待値を容赦なく煽ってくれただけのことはありましたよ。全体の構成と雰囲気を旅館に例えて解説すると(必要性の有無に関するコメントは受け付けませんw)高級な佇まいと厳かな外観(パッケージ)から、しっかりと高級感をアピールしつつ、出迎えてくれた少し癖のある女将(鯛)の存在感も然る事乍ら、裏でスタンバイしていたスタッフたち(鰹と鱈と煮干)の繊細かつ大胆なパフォーマンスと丁寧な受け応え。足元を見ると掃除の行き届いた真っ赤な絨毯(昆布)が敷かれていて、ふと小物(具材)に目をやると、決して賑やかとは言えないが、ポイントを押さえつつ無駄のない洗練された飾り付け…みたいな?(書いてて楽しかっただけですスイマセンw)もし取得価格が250円台でも★5を付けていたと思うので、希望小売価格を加味してプラスマークを追加しました。淡麗系でありながら、味の物足りなさは皆無に等しく、大層なネーミングにも名前負けしていなかった出汁の極まるスープの完成度も然る事乍ら、基礎水準の高いノンフライ麺に、工夫でボリュームを補っていた具材構成と、想像していた以上に隙の無い一杯でした。出汁を重視した淡麗系の塩らーめんが好きな人は、まず間違いなく楽しめると思いますよ。あ、でも魚が大丈夫な人限定ね。塩気の塩梅も適正に効かされていたし、鯛をベースにした淡麗系の塩らーめんの鑑とも言える、とても優れた一杯でした。

※本日のみ、試験的に予約投稿時間を12:00から18:00に変更しております。

サッポロ一番 極出汁 鯛あらだし うま味奥深き淡麗なる塩らぁめん (1コ入)
価格:237円(税込・送料別) (2017/03/21時点)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「(コンビニ限定)スーパーカップ大盛り ブタキム油そば」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンの「一番搾り」です。何を今更ですがw いや、と言うのもですね…ここ数日にわたって紹介してきた「9工場の一番搾り飲みくらべセット」は12本入りで、それぞれ9工場の一番搾りが1本ずつと、残りの3本はノーマルの一番搾りなんですよ。で、自分は普段あまり好んで一番搾りを飲まないと何度か書いてきましたが、そういえば缶の一番搾りを飲むのは久しぶりだなぁ…って。で、感想なんですけど…こんなに美味しかったっけ?w いや…ほんっとに申し訳ない…本家の一番搾りも素直に美味しいですw おそらく自分が一番搾りを好んで飲まないのは、外食先でのイメージなんですよね。これはアサヒのスーパードライにも言えることなんですけど、スーパードライや一番搾りって居酒屋なんかだと基本的にジョッキで出てくるじゃないですか。多分、アレが苦手なんだと思います。スーパードライを記事にするときは、いつも「真夏日を除いて…」と、補足を入れるようにしているのですが、炎天下でもない限り、ジョッキでグビグビと飲むビールが性に合わないのでしょう。ヱビスやプレモルを好んで注文するのは、ジョッキ率が低いからなんだろうな…と、いまさらw はい、今度から缶の一番搾りも定期的に購入させていただきますw でも基本は、「ヱビス」「ザ・プレミアム・モルツ」「キリンクラシックラガー」(キリンラガービールではない)のルーティンですが(キリッ)


さて、本日の一杯は、エースコックの「(コンビニ限定)スーパーカップ大盛り ブタキム油そば」です。「ブタキム」の亜種製品といえば、昨年の12月中旬に、「ピリ辛ブタキムうどん」というカップ麺のリリースがあったんですけど、今回は汁なし。「1993年の誕生以来初の汁なしタイプ “ブタキム油そば” が登場」とのこと。ちなみに「豚キムチ」ではなく「ブタキム」の亜種なので、販路はコンビニ限定です(よく似てますが、スーパーカップの「ブタキム」はコンビニ限定発売で、「豚キムチ」はコンビニ以外のチャンネルでも購入することが出来ます。)今まで在りそうで、実は無かったブタキムの油そばバージョン。イメージ的に油そばアレンジは間違いなさそうですし、想像通りと思える安定した仕上がりに期待したいですね。





スープは、「キムチを炒めたような香りと、ラードベースの香味油が食欲をそそ」り、「ブタキムらしいガツンと利いたガーリックが特徴的な醤油ベースのシーズニングを加えることで、やみつきになる味に仕上げてい」るとのこと。お、なかなかオリジナルの雰囲気を踏襲してますね。ベースの味は基本的に「ブタキム」と同じ路線なんですけど、キムチを炒めたような香りが味に奥行きを生み、ラードによるアブラのウマミが油そばらしさを演出。ガーリック感は生おろしニンニク系ではなく、ガーリックパウダーを中心としたタイプですが、がっつりガーリックも効いていて、クリーミングパウダーが豚骨の丸みを下支え。原材料に魚介エキスも含まれますが、あくまでも隠し味的な存在感で、油脂の量以外は敢えて大胆な捻りを入れず、オリジナルのブタキムを真っ直ぐにトレースして油そば化したような、イメージ通りの仕上がりには好感が持てました。ちなみにキムチ系ですが、辛さはオリジナル同様、ピリ辛の範疇を超えません。いや、オリジナルよりも控えめかも。ガーリック感を筆頭に、ブタキムらしくジャンクに攻めた強気の姿勢で、そのジャンクさが癖になるような、ちょっと病み付きになっちゃうタイプの濃い味です。ただ、後半にかけて塩気が…(苦笑)のっけから刺してくるほど暴力的な塩カドではなかったものの、後半にかけて蓄積されていくタイプだったので、味付けの主を担っていた後入れの仕上げシーズニングは、¾ないし⅓くらいを目安に控えて、その状態で味見をしてから全量投入が必要かどうか判断されるのが賢明かと思われます。

めんは、「適度な弾力と滑らかさを併せもった丸刃のめん」とのこと。おや? エースコックが製造する油そば系のカップ麺にしてはサイズが控えめですね。エースコックは汁なし系のカップ麺に極太系の太麺を起用してくることが多かったりするのですが、一般的なソース味のカップ焼そばと大差ないサイズです。というか、おそらく同社の「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」からの汎用でしょう。食感や風味も酷似していたし、麺の原材料を見比べてみると全く同じでした。もちもち系の食感なんですけど、ムチムチとまではいかなくて、ちょっとフカフカが混じってる感じ…って、伝わりますかねw スープの塩気を考慮すると、もう少しサイズは太いほうがバランスとしては良かったような気がしたものの、既存の麺を汎用することでコストを抑え、スープの完成度を上げることに従事しているような雰囲気だったので、そう思えば素直に納得できる項目でした。いや、汎用かどうか絶対だと言い切ることは出来ませんけどw 決して出来の悪い麺ではありませんからね。

かやくは、「程良く味付けした豚肉、白菜キムチをメインに、色調の良いねぎと唐辛子」とのこと。安心してください、程良く味付けした “肉そぼろ” ではなく “豚肉” なので、例の “アイツ” ではないですw 単純にオリジナルのブタキムから青梗菜を抜いたような構成で、それぞれの個体は同じ物ではないかと思われます。白菜キムチは香りが良く、調理の段階から雰囲気を高めてくれる嬉しい具材です。香りだけでなく、もうちょっと味としてもキムチらしい酸味が強いと嬉しいのですが、雰囲気の演出には申し分ない存在ですね。豚肉もチャーシューチップ的なタイプではありませんし、ちゃんと本物の豚肉らしさを感じさせてくれるリアル系で、多めに入っていたネギは食感と風味がアクセントに効果的でした。乾燥状態から戻したネギとは言え、ネギの清涼感が濃い味の中で嬉しいオアシス要員になっていたのが良かったです。多分、このネギがなかったら後半は持て余していたと思う。


(標準は★3です)

定価での購入を余儀無くされるコンビニ限定の商品になる為、★の数は4にするか5にするかで迷ったんですけど、オリジナルの雰囲気を実直に踏襲しつつ、きっちり油そばな仕上がりと、そんな違和感の無さが実食前のイメージ通りだったので、上出来の★5としました。やや個人的に塩気の強さが気になったものの、スーパーカップを愛すユーザーにとっては必要な塩分の濃度と思えなくもないし、エースコックの大盛り汁なし系だし、スーパーカップだしw 実際こういった濃い味を求めている人は多いと思うので、減点対象にするのはナンセンスかな、と。一応、自分の舌でも旨味が分からなくなるほど非常識な塩気ではなかったし、うん。そんな味の濃さや麺の量、強目のガーリックに油脂成分の量が相俟って、人を選ぶタイプの仕上がりではあるものの、オリジナルのブタキムを尊重し、そのままストレートに油そば化したような良い意味での捻りのなさから、イメージを裏切りらない仕上がりに価値の見出せた一杯でした。それに今回の後入れ指定の小袋なんですけど、「液体ソース」「粉末ソース」「調味油」などの汎用的な表記ではなく、「仕上げシーズニング」「麺ほぐし香味油」となっていて、外装フィルムやフタに印刷されている調理方法には勿論、それぞれの小袋にも丁寧に調理の手順が記載されていたんですよね。多分、カップ麺を調理する際、いちいち小袋を入れる順番まで確認しねーよ、って人は多いと思いますし、きっとスーパーカップを好むワイルドな方々は調理方法も男らしくワイルドだと思うので(って偏見ですかねw)「お、こっちが先な。よしよし…」と、イッパツで見て分かる配慮は好印象でした。いや、スーパーカップを愛すユーザーが雑だとか、そういうことを言っているのではないのですよ決してw 自分もブログを始める前は、熱湯何分かだけ確認して、いちいち調理方法とか見なかったですからね…w と、脱線してしまいましたが…しっかりとブタキムらしさの感じられるワイルドで食べ応えのあるジャンクなカップ油そばだったので、ブタキムが好き、油そばが好き、という人は実食前の期待値やイメージを裏切られることなく、味も食べ応えも素直に満足できる内容の一杯だと思います。

「ちょっと辛いがホンマに旨いキムチ。」5パックセット
お漬物処 天政 (ブタキムじゃないけど…このキムチめちゃオススメです!)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

まるか食品「ペヤング ソースやきそば プラス納豆」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンの「一番搾り 横浜づくり」です。雰囲気を例えるなら、一番搾り流セッションI.P.A.インスパイア系…とでも言いましょうか(わかりにくい?w)透明感のあるクリアな味わいでありながら、嫌味なく続く余韻に深みがあり、特筆した点を挙げるなら、ホップの香りを重点的に意識しているような印象。しっかりとしたコクとボディの強さ、やや苦味も感じられるのですが、酸味は穏やか。アルコール度数は6%と高めの設定なんですけど、高アルコール度数のビールに有り勝ちなアルコール臭は気になりません。そう、この雑味の無さこそが一番搾り製法最大の強みと言えるかもしれません。カスケード系のアロマホップを彷彿とさせる爽やかさと、余韻として適度に響く甘味にアマリロを彷彿とさせる個性が相俟って、複数種類のホップをブレンドしたような香りに価値の見出せた一杯でした。柑橘系のホップを意識したビールが好きな人は、特に好印象なのではないでしょうか。それでいてアルコール度数は高めなので、爽やかなフレーバーに気を許していると、早めに酔っ払っちゃうかも。これまでの一番搾りには感じられなかった、クラフト色を垣間見せていた一杯でした。横浜らしくハイカラな感じ?(漠然とw)


さて、本日の一杯は、まるか食品の「ペヤング ソースやきそば プラス納豆」です。7&iグループ特別商品として開発されたペヤングの変わり種で、なんと納豆ですよ、納豆。納豆が苦手な人にとってはウゲッ、って感じかもしれませんが、自分はニラやキムチを混ぜて前日から仕込んだ自家製の特製キムチ納豆を必ず夜に食べるのが日課という納豆星人なのと、ノーマルのペヤングに納豆をトッピングして食べるのが好きなので(まんまペヤングのソースやきそばに納豆を乗せるだけなんですけどw)実食前のテンションは違和感どころか…めっちゃ普通ですw え? ペヤングに納豆が合うのかって? ちょっと見た目はアレなんですけど、美味しいですよー。というわけで、それをメーカーがデフォとして発売してくれたような今回の雰囲気にはワクワクしている反面、所詮はカップ麺の具材…納豆特有の匂いや粘り気が一体どこまで再現できているのか…と、ちょっとハードルも高めだったりします。





ソースは、ノーマルのソースやきそばと全く同じですね。原材料を見比べてみても、本家と全く同じ構成でした。日清食品のU.F.O.みたいに濃度の高さやスパイシーなパンチを売りにしたようなソースではなく、粘性の低いウスターソースベースのサラサラとしたソースで、素朴な味わい。昔はペヤングの優しさを物足りないと感じていた自分ですが、この素朴さが最近は好きだったりします。ただ、このソースって別添のスパイス&フリカケありきだと思うんですよね。もちろん土台は全く同じなので、ペヤングらしさは感じられるものの、スパイスとフリカケがないと盛り上がりに欠けるというか、そこが少し寂しかったかなぁ。でも今回は具材の納豆にインパクトがあったので、途中から気にならなくなってたんですけどね。

は、ソースと同じく、いつものペヤング麺ですね。スナック的な油揚げ麺で、ソースを選ばない汎用性の高さが魅力。とは言え、今回はソースが本家そのものだったので、相性は言わずもがなですよw はい…他に書くことないですスイマセンw

かやくは、「乾燥ひきわり納豆を入れる事で更に旨みがアップして極上の仕上がりにな」るとのこと。乾燥ひきわり納豆の他に、キャベツと味付け鶏ひき肉が入ってるんですけど…ちょっと納豆の前にいいですかね、味付け鶏ひき肉。これ、普段のペヤングに入ってる肉そぼろ系の肉具材ではなくて、「ペヤング ヌードル」にも入っていた あのペットフードみたいな 怪しい物体です。これ…要りますかね?w 今回は乾燥ひきわり納豆にインパクトがあったので、わざわざ入れる必要なかったと思うんですけど…で、地味に多かったしw キャベツは小さいながらも量が多めに入っていたので、ここは素直に印象が良かったです。そしてメインの乾燥ひきわり納豆、これ面白いですね。後入れかやくだから入れた直後は思いっきり乾燥してるわけなんですけど、ちゃんと納豆の匂いを放っていたことと、混ぜて熱で馴染んでくると、ちゃんと糸を引くんですよ。まさに自家製の納豆ペヤングを彷彿とさせる仕上がりから、大満足な具材でした。いやいや、結構リアルですよコイツ。ソースを混ぜて後入れかやくを投入したら、ソッコーで混ぜることをオススメします。


(標準は★3です)

所詮は乾燥ひきわり納豆だし、あの納豆ペヤングを忠実には再現できないだろう…と、実食前に感じていたワクワクの裏では若干の猜疑心を抱いていたのですが、なんのなんの。これですよ、私の言っていた納豆ペヤングは。さすがに100%ではなかったものの、イメージ的に90%は再現できているように感じました。いつものスパイス&フリカケが付属していなかったことと、肉具材が謎の物体に変わっていたマイナスにトレードオフは否めませんでしたが、思いの外に納豆の再現性が高く、納豆ペヤングを愛している自分としては、そうそうこれこれ! と、素直に思えたことが今回の高評価に繋がった大きな要因です。フタを開けた段階では、いつものスパイス&フリカケあってこそのペヤングなのに、別添のスパイス&フリカケは入ってないし、付属のタレやカラシを使って味を付けた納豆をトッピングするから美味しいのであって、このままだと要所を欠いてしまいそうというか、なんかちょっと物足りないんじゃないかなぁ…と、思いきや、実際に食べてみるとキタ! みたいなw ただ、今回の高評価は、自家製の勝手に納豆ペヤングによって、自分にはペヤングのソースやきそばプラス納豆に耐性があったことと、その組み合わせが好きだからこその高評価なので、納豆に苦手意識のある人や、焼そばに納豆がゲテモノにしか思えない人は、避けられたほうが賢明かと思います。納豆、結構リアルだったんでw 単純に満足度の高さだけで言えば、やはり普通のペヤングを買ってきて、本物の納豆をインしたほうが、満足度も栄養価も高いわけなんですけど、あの雰囲気を熱湯だけでリアルに再現できていた利便性の高さを加味した上で、今回は上出来の★5即決とさせていただきました。納豆にソースという組み合わせに違和感を感じるかもしれませんが、納豆にソースで味を付けるのではなく、あくまでもソース焼そばに納豆をトッピングする式になるので、そんなに違和感ないんじゃないんですかね。シンプルにオンザライスの納豆ごはんとか、納豆チャーハンとか、炭水化物に納豆をプラスすることに抵抗さえなければ、割と普通に楽しめると思います。今回の乾燥ひきわり納豆には高いポテンシャルを感じたので、これは是非とも第2弾として、「ペヤング マヨネーズソース風キムチ焼そば」にプラス納豆した、キムチ納豆ペヤングを開発していただきたいです。あ、激辛ペヤングにも合いますよコレは。絶対に、間違いなく。激辛ペヤングの元値が175円なので、価格帯を205円くらいに上げて、オリジナルの完成度を据え置いたまま(ここ重要)プラス納豆バージョンの激辛ペヤングも開発してもらいたいです。マジで。そんでもって、これは完全に余談なんですけど…味噌汁なんかの汁物に入ってる納豆は少し苦手な自分です…w

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天然わら納豆 吟醸納豆ふくふく 300g
価格:1,200円(税込・送料別) (2017/03/18時点)
@割主烹従 hiryu 飛竜


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「スーパーカップ 大盛り油そば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「ピザポテト こっくり明太マヨPizza味」です。相変わらずチーズトッピングの激しいムラが気になるのですがw こってり(こっくり?)感はバッチリですね。ただ、ファーストインプレッションで優勢だったのはチーズとマヨネーズで、明太子は後から遅れて控えめに。何枚か食べ進めると明太子の主張が加速していき、後味に感じる若干のピリ辛感と明太子っぽい風味から、確かな存在感を放ってはいるものの、ややマヨとチーズに押され気味でしょうか。バジルのアクセントは思っていた以上に存在感が強くて、きちんと印象に残る自己主張の持ち主だったのは嬉しいサプライズ。前回記事の「Jagabee(じゃがビー) 明太バター味」よりも明太子の風味は強めだったんですけど、あくまでもバランス型ですね。然し乍ら総じてバランス感は程好い位置にあり、濃厚なチーズをトッピングしたバジル明太マヨ “ピッツァ” 的な(こだわる人いますよね〜ピッツァの発音w)ピザっぽい雰囲気(やっぱり変換がメンドクサイからピザでw)の感じられる味わいが好印象なピザポテトらしいピザポテトでした。今回はトッピングのチーズだけでなく、味付けパウダーの散布量にも結構なムラがあったので、やけに明太子の濃い個体があったり、やけにバジルの濃い個体があったり、ほぼチーズな個体があったりw ちょっと安定感に欠ける仕上がりだったんですけど、まぁそれもピザポテトっぽいというか、濃い味の宝探しっぽい雰囲気が食べてて楽しかったですw


さて、本日の一杯は、エースコックの「スーパーカップ 大盛り油そば」です。ややレトロでシンプルなパッケージのデザインと、これまた大盛り油そばというシンプルなネーミングから、しれっと何食わぬ顔で通年商品として売られていたかのような、新商品らしからぬ雰囲気を醸し出していますよね。でもスーパーカップから油そばがリリースされるのは、おそらく今回が初めてだと思います(つい最近「ブタキム油そば」もリリースされましたがw まずは先人から…)味は敢えて奇を衒わぬ油そばの王道をイメージしているのですが、ひとつ心配なのは塩気のカド。エースコックの製造する油そば系のカップ麺って、いつも無駄に塩っぱいんですよねぇ…





たれは、「しょうゆに、肉感のあるチキンとポークのエキス、ガーリックなどを加えることで、チャーシューだれのようにほんのりと甘みのあるしょうゆだれに仕上げ」て、「たっぷりの豚脂がめんに絡み、豚の甘みが食欲をそそ」るとのこと。まず真っ先に飛び込んできたのは動物油脂のジャンクなコクで、一口目から「これぞ油そば!」とでも言わんばかりのオイリーなコッテリ感。もうね、いきなり唇テカテカですよw で、かえしは製品説明の通りチャーシューの煮汁を彷彿とさせる甘味を帯びたタイプで、懸念していた塩気のカドは想像していたほど攻撃的ではありません。やや後半にかけて蓄積されていく塩カドはあったんですけど、多めの動物性油脂とタレの甘味が適度にカドを削り、また一定の塩気を効かせることで、のっぺりピンボケしたような印象を抱かせない工夫となっていました。食塩の塩気よりも醤油の塩気(って違いますよね?)が手前にあったので、それも功を奏していたのかもしれません。油そばらしい重厚感あふれるジャンクでオイリーな仕上がりでありながら、適度な辣油のアクセントと、ほのかな酸味が後味を引き締め、程よいガーリック感が旨味を後押し。効果的だったのがオイスターソースの隠し味で、オイスターソース特有のコクが味に奥行きを生み、ジャンクな路線でありながらも大味ではないことに好感が持てました。何かが突出しているわけではないものの、王道を地で行くような雰囲気に価値が見出せるのではないでしょうか。奇抜なインパクトこそありませんでしたが、バランス型としての総合力が物足りなさを抱かさせず、想像以上に手堅くも無難な一言では終わらせないタレに仕上がっていました。

めんは、「しっかりとしたコシと弾力を併せもつ太めん」で、「程良い味付けで最後まで飽きのこないめんに仕上げ」たとのこと。かなりモッチリとした丸刃の太麺で、加水率の高い密な粘り気のある弾力がエースコックらしいですね。程よい味付けでと製品説明には書かれていますが、食塩の他に使用されている味付け調味料は砂糖だけ。ただ、こういった工夫がタレとの一体感を高めることに寄与しているのだと思います。自分は油揚げ麺特有の甘味が結構好きだったりするんですけど、砂糖で増長されたのか、なかなか今回いい感じでした。って、伝わりますかねw 麺単体としての自己主張は激しく、オイリーなタレを物ともしない存在感。ただ、タレの油脂成分が功を奏したか、油揚げ麺特有の野暮ったい風味は目立って感じられなかったし、油そばらしい麺でした。個人的な内臓事情から、タレの油脂成分と食べ応え抜群な太麺を飼いならすことが出来ず、⅔ほど食べた時点で完全に持て余してしまったんですけど…w 食べ応え重視なスーパーカップからの油そばというエグいテーマなので、それを承知で買っている人には喜ばしいメリットだと思います。

かやくは、「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、色調の良いなると、ねぎ、唐辛子」とのこと。正直、構成的にも量的にも、かなり具材は貧弱ですね。キャベツも量が多いわけではなかったし、ほとんどネギも飾り状態。ナルトは見た目の演出に効果的だったのと、実際に食べると魚肉練り製品らしい旨味が感じられ、例のスポンジ野郎が入っていなかったのも好印象だったんですけどw もうちょっとキャベツは弾んで欲しかったかなー。あ、唐辛子はですね、ちっちゃいくせに効果絶大なんですよ。エースコックの輪切り唐辛子は、輪郭のある辣味も然る事乍ら、唐辛子特有の芳ばしさが印象的で、油脂成分の多いタレの中でハッキリとしたアクセントを演出してくれます。ただ、数えたら4個しか入ってなかったのが淋しいところw それでも存在感は明白だったので、かなり印象が良かったんですけどね。まぁタレの重さ的に、軽く20個くらいは入れて欲しかったところですが…w タレの方向性が実にオーソドックスだったので、メンマとか入ってると嬉しかったです。


(標準は★3です)

個人的に半分くらいまで★5、半分を過ぎた頃合いから★4、食べ終わる頃には★3…な、感じだったんですけどw これは自分の胃袋許容範囲的な問題が大きく影響しての失速ですし、この製品が見据えている顧客層やコンセプトを踏まえると、評価は下げるべきではないと判断して、総評は上出来の★5としました。やや具材の寂しさこそ否めなかったものの、誰が食べても王道の油そばをイメージできるであろうタレのベーシックな方向性と、油そばにピッタリな食べ応えのある存在感の強い油揚げ麺もイメージにマッチしていたし、まさにシンプルイズベストな良作だと思います。クラシックな王道路線の油そばが好きな人にとっては、しっかり楽しめるカップ麺になるでしょう。反面、油そばというジャンルに抵抗のある人や、大盛り系はちょっと…って人は絶対に回避してくださいw あ、ちなみに後半は失速したと書きましたが、お酢かけたら意外と完食できちゃたのはココだけの話w ベースが王道だったので、お酢との相性はバッチリでしたよ。パッケージのデザインから感じた雰囲気や、実際の仕上がりを踏まえると、期間限定の新商品としてではなく、このまま通年販売する定番のラインナップに加え、レギュラー化を狙っているのかもしれません。そう素直に思える完成度の高さだったし、油そば系の通年商品は思い当たらないので、確実に需要はあると思います。もちろん、一部の客層からですけどw いやでもちょっと想像以上というか、しっかり手堅く、それでいて無難な印象で終わらない仕上がりから、思っていた以上に完成度の高さを体感できた一杯でした。油そばが好きな人は、試す価値大ありだと思います。これはブタキムバージョンにも期待できそうですね。もしレギュラー化するのであれば、リニューアルの際にメンマの追加お願いします。あ、肉そぼろの追加は別に要らないですw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スーパーカップ 大盛り油そば (12コ入)【送料無料】
価格:2,400円(税込・送料無料) (2017/3/5時点)
@爽快ドラッグ


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram