ユーザータグ : ★★★★★☆☆☆☆☆(5)の記事 (1/69)

サンヨー食品「サッポロ一番 汁なし!!横浜家系豚骨しょうゆラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ジャパンフリトレーの新商品「ピザーラ モントレー カレー味」です。ピザーラのロングセラーメニュー、「モントレー」の「カレー」をトルティーヤチップスで再現したらしいのですが、恥ずかしながら私はピザーラのモントレーを食べたことがございません。なので、再現度なんかは分からないんですけど、なかなか面白い味ですね。トルティーヤチップなので、生地の原材料はコーンなんですが、ポテトパウダーでジャガイモの風味が並行している部分が面白いw ほんのり重なるチーズのコクと、マヨネーズの風味。肉エキスパウダーがベーコンの旨味を演出していて、カレーは刺激の弱い甘口。実際のカレー味も、カレーの刺激的な要素は控えめなんですかね。かなりスパイス感が弱かったことから、カレー味に期待して手に取った自分としては、少し物足りなさを感じてしまったんですけど、よくあるカレー推しのカレー味ではなかった、というのは新鮮でした。ちなみに以前にも割引クーポン付きで発売されていたようなんですが、今年は割引クーポン付いてなかったです。まぁクーポンあっても使えないんですけどねー、ど田舎なんでw


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 汁なし!!横浜家系豚骨しょうゆラーメン」です。元来、サンヨー食品という企業は、ノンフライ麺を使った汁なしカップ麺を作らせたら、それはもう軒並み間違いのないクオリティの製品を世に叩き出してくれるメーカーなので、今回のカップ麺に対する実食前の期待値アップは否めません。最近はカップ麺でも見かけることの多い家系がテーマで、しかも汁なしバージョンだなんて、着眼点も面白いじゃないですか。汁なしラーメン系のカップ麺は各社から幾度となくリリースされていますが、はっきりと家系ラーメンを名乗る汁なしカップ麺を見たのは初めてかもしれません。家系ラーメンのイメージ的に、喉が渇きそうというか、味付けの濃さに対する懸念はあるものの、濃い味も家系の指標だと思っているので、評価がブレないように頑張りたいと思います。





たれは、「横浜家系のスープを、豚骨のうまみに鶏油のコクと香りを合わせた、汁なし用の豚骨しょうゆだれにアレンジし」たとのこと。うん、これは正しく “家系ラーメンが汁なしになりました” ですね。まったりとした豚骨の太い旨味に、負けじと重なる鶏油のコク。ほんのり漂う鶏油特有の芳ばしい香りや、ニンニクのパンチが効いたアクセントが家系ラーメンの演出に寄与しています。醤油ダレには確かな醤油の輪郭も感じるのですが、想像していたよりも塩気のカドは控えめで、味付けとしては濃いめに分類されるものの、塩気のキレで食わせるようなタイプではありません。食塩相当量も4.1gと汁なしカップ麺にしては常識の範囲内…いや、むしろ低と言えるし、勝手に比較対象として日清食品の「日清焼そばU.F.O.」を挙げますけど、食塩相当量はU.F.O.の5.8gよりも控えめな値となっています。それでいてポークエキスの旨味が濃厚なので、濃い味派のユーザーでも素直に楽しめるのではないでしょうか。特に奇を衒った要素は感じられませんが、きちんと塩気のレベルを汁なしカップ麺に合わせて調整した上で、どっしり豚骨、きちんと鶏油、ジャンクなニンニクという王道の雰囲気と味わいから、非常に満足度の高い仕上がりでした。

は、「つるみとしっかりとしたコシのある、太ちぢれのノンフライ麺」で、「たれにほどよく絡」むとのこと。太ちぢれのノンフライ麺と製品説明には記載されているのですが、サイズは中くらいか、一歩譲って中太ですかね。いつもサンヨー食品の製品説明では、麺の太さを表現する際、どうも実際のサイズよりも一回りサバを読んでいる気がしますw と、それは扨置き。家系ラーメンの麺は太いストレート麺が基本と言われていますが、今回は汁なしアレンジなので、縮れ麺でも全く以てネガティブな違和感はないですね。むしろ縮れがタレとの一体感に寄与していて、表面はツルツルとした上品なタイプのノンフライ麺だったんですけど、浮いているような嫌いは一切感じられませんでした。さらに油揚げ麺ではないので、濃厚なタレを合わせていても、最後までクドさを感じることなく食べられたのが大きな利点。もっちりとした粘り気が印象的で、麺単体としての存在感も強過ぎず、埋没せずの適切な立ち位置。このノンフライ麺を食べ慣れている私としては、特に驚きこそ感じられなかったものの、これといって改良して欲しい点も見当たらず、相変わらず質の高いノンフライでした。麺の量は70gだったので、汁なしカップ麺の平均値(80g~100g)よりは少なかったんですけど、質の高さから麺量は誤差の範囲内と思えたし、質に関してはタレと同様に文句の付け所が見当たらなかったです。

具材は、「肉そぼろのうまみが食欲をそそり、横浜家系ラーメンの特徴である、ほうれん草と焼のりを使用」とのこと。うーん、タレと麺は文句無しの仕上がりだったんですけど、やはり具材に寂しさが生じてしまったようですね。相変わらず肉そぼろは何の問題もなく美味しい肉具材だったんですが、ほうれん草の量は気持ち程度。でもって板状の焼のりがビジュアル的にも家系ラーメンの雰囲気を演出することに寄与しているんですけど、ひとつ注意点。私のように撮影するワンクッションが必要ない人は(普通は必要ないかw)麺の上に乗せて見た目を楽しんだ後、すぐに食べられることをオススメします。と言うのも、撮影が終わって間もなく、海苔がパリパリの状態で麺に巻いて食べたら美味しかったんですが、しばらくすると湯気で湿気ちゃうんですよね。スープありの場合、しっかりとスープに浸し、さらに表面を鶏油でコーティングすることによって、ウホウホ麺ローリンできちゃうんですけど、今回はスープがないので、時間が経ったら…ただの湿気た海苔w せっかくの別包装なので、食べたいタイミングでライドオンさせるのがいいと思います。


(標準は★3です)

希望小売価格が220円の製品なので、総評から具材の分ちょっと差し引いたんですけど、それを踏まえても文句無しでオススメです。抜群のクオリティを誇ったノンフライ麺と、濃厚の指標を履き違えていない丁寧なタレには、値段以上の価値を感じました。そもそも汁なしカップ麺が苦手な人には向きませんが、家系ラーメンが好きな人でも納得できそうな硬派な味だったし、家系ラーメンを知らない人でも問題なく楽しめるカップ麺になると思います。自分は大型量販店でも税込237円というコンビニ定価購入と変わらない取得価格だったんですが、それを加味しても大満足でした。しっかり濃厚、でも油揚げ麺ではなくノンフライ麺という取り合わせから、胸焼けを起こすようなクドいタイプのカップ麺ではなかったですし、軽く食後はニンニク注意報が出ちゃうかもしれませんがw 家系バッチコ〜イな男性ユーザーは勿論、こう見えてワイルドなカップ麺だって食べたくなるのよ、という隠れ肉食女子にもオススメです。まさに家系ラーメンをストレートに汁なしアレンジした仕上がりだったので、そのイメージで美味しそうと感じた人は、迷わず購入なさって大丈夫ですよ。個人的には、複数個買い置き決定レベルでした。まぁブログを書いている手前、怒涛の新商品リリースを思うと、買い置きなんて夢のまた夢ですけどね…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ一番 汁なし!!横浜家系豚骨しょうゆラーメン 100g
価格:193円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@イージャパンアンドカンパニーズ【7/22 - 29朝迄★期間限定★全品ポイント10倍】



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

東洋水産「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 肉南ばんそば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ヤマザキビスケット(YBC)の新商品「チップスターL 信州本わさび味」です。なぜか人生を見失っているらしい ポテチ王子からも高評価を得ていたチップスターで、これまでに何度も発売されていたチップスターの変わり種らしいのですが、私は今回が初挑戦。で、いきなり結論からで申し訳ないんですけども…めちゃくちゃ美味しいですw 成型のポテトスナックですが、プリングルズほどジャンクなテイストではなく、わさび系ポテトチップスの大御所わさビーフとも違う。わさび特有の清涼感を打ち出しつつも、鼻にツ~ンとクる揮発性の刺激は控えめで、なのにハッキリわさび味。チップスターにしては味付けが濃いめだと感じたんですが、醤油は香り付けに徹していて、旨味は主に鰹が担い、サポート的に昆布が補強。さらにガーリックパウダーが味の引き立て役に寄与していて、決して派手な味付けではないものの、もう文句無しに美味しいですよ。強烈な刺激に期待すると肩透かしを喰らうかもしれませんが、バランス型の和風わさび味として、もはや完成系に等しい出来なんじゃないでしょうか。わさびの清涼感が季節柄にピッタリだったし、ビールのアテにも誂え向きですよ。ただ…デカいw これの半分サイズも同時に展開して欲しかった、というのが唯一の不満でしょうか。チップスターはプリングルズと違って、中の包装を破いてしまうと、あんまり日持ちしないんですよね…でも美味しかったから、これは自分でも湿気る前に食べ切れるかもしれない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チップスター 信州本わさび味 Lサイズ (115g)
価格:248円(税込 / 送料別)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 肉南ばんそば」です。なんで今年の本気盛蕎麦は辣油蕎麦じゃないんだー! って、全てのカップ麺ユーザーが辣油蕎麦を所望しているわけではありませんよねスイマセン。本気盛シリーズの肉そば(蕎麦)と言えば、昨年と一昨年は「ラー油肉そば」だったんですよ。でも今年は、「鰹と昆布をベースに豚肉の旨味を利かせた、甘辛い肉南ばん蕎麦」とのことで、随分とストレートに振ってきましたね。本気盛の蕎麦は田舎蕎麦系なので、甘辛いというニュアンスもバッチリ合いそうですし、なんとなく関東風の濃い蕎麦つゆ的な雰囲気が漂ってはいるものの、関東風の濃い蕎麦つゆが苦手な私でも、なんだか素直に楽しめそうです。楽しめるかな? 楽しめるといいな(笑)





つゆは、「かつおと昆布のだしに、豚肉の旨味を加えた、濃いめの甘辛いそばつゆ」で、「七味唐辛子入り」とのこと。イメージ通り醤油が濃いめで、ぶっとい鰹の旨味が印象的な関東風の蕎麦つゆだったんですが、醤油は濃くありながらもトゲトゲしさを感じる塩気的なカドは控えめです。適度な甘味が醤油を包み込み、そこへ昆布の旨味が加わることで、関西舌の私でも楽しめました。ただ、出汁重視派の人にとっては、蕎麦つゆ単体で飲むには味が濃過ぎると思います。で、豚肉の旨味なんですけど、なかなか効いてますね。イメージは昨年の辣油蕎麦から辣油成分を抜いて、その分だけラードの比率を高め、醤油を濃くした感じでしょうか。蕎麦つゆ単体では味が濃過ぎると書きましたが、後述する麺を食べている時には程よい塩梅でした。今さら特に驚きが得られるような味ではなかったものの、確かな動物系のコクと太い鰹の旨味、そして甘味の効かせ方も強過ぎず弱過ぎずで、ガッツリ系の蕎麦つゆとしては文句なしに美味しかったです。ちなみに七味唐辛子入りと製品説明にも書かれているように、たしかに唐辛子と思われる赤い欠片がチラホラとは見えていたんですけど、残念ながら辛味バカの私には効き目ゼロでしたw で、唐辛子の存在感すら怪しい状態だったのに…本当に「七味」も入っているんですかねw

めんは、「太めで硬く歯ごたえのあるそば」とのこと。相変わらず方向性は更科とは裏腹に、典型的な田舎蕎麦系の野性味あふれる仕上がりですね。少しボソボソとした粉っぽい舌触りで、しなやかさが売りの女性的な蕎麦ではなく、ワイルドで少し不器用な男らしい油揚げ蕎麦です。でも意外と熱湯3分の油揚げ麺なので、エースコックの「厚切太麺」ほど強烈な存在感ではありません。ただ、間違いなく一見して明白に「緑のたぬき」よりはゴツイです。それだけに蕎麦粉の香りも強めに感じるのですが、同時に油揚げ麺特有の風味も手前にあり、またイメージが「緑のたぬき」に使われている蕎麦を太く切り出したような面持ちなので、風味のニュアンスも似ています。端的なイメージで言えば、まさに「緑のたぬき」を太くしたような仕上がりだったので、そのイメージで好みに合いそうなら間違いないですよ。味の濃い蕎麦つゆとの相性もよく、本気盛らしい食べ応えも得られると思います。

具材は、「味付豚肉、オニオン揚げ玉、ねぎ」とのこと。味付豚肉は脂身が控えめで、醤油よりも甘味の立った味付け。その甘味が濃い蕎麦つゆに映えていたし、相変わらずリアルな肉質が素晴らしかったです。この味付豚肉には、いくつかのバリエーションがあるんですけど、今回の味付豚肉は脂身が少なめ(っていうかゼロw)の赤身メインでした。パッケージの「がっつり肉入り!!」の文字通り、量も申し分なかったです。オニオン揚げ玉は撮影が終わってから混ぜる前に味を確認してみたんですが、揚げた玉ねぎ特有の芳ばしい甘味が印象深く、とても美味しい具材でした。が、混ぜたら溶けるw なので、具材としての存在感は皆無に等しかったんですけど、揚げ玉特有のコクが蕎麦つゆの味を深めることに寄与しているようでした。ネギも大きめにカットされた具材系だったし、それぞれの量が多く、シンプルに満足度が高かったです。もし余裕がある人は、熱湯を注ぐ前に何個か揚げ玉を別皿に出しておいて、後入れしてみるといいかもしれません。


(標準は★3です)

ちょっと私には味が濃過ぎたので、ほとんど蕎麦つゆは飲めずに残してしまったんですけど、田舎蕎麦系のワイルドな油揚げ蕎麦を食べている時には程よい塩梅と思えたし、「肉南ばん」のイメージ通り、しっかり肉、しっかりネギ…あ、一応、ご存知ない方の為に補足すると、南蛮蕎麦の「南蛮」は「ねぎ」のことです。それに具材だけでなく、蕎麦つゆからも肉らしさが感じられたのが好印象だったし、実食前に思い描かれるであろう味とのギャップのなさも加味して、総評は上出来の★5としました。がっつり太蕎麦、鰹の効いた甘濃い蕎麦つゆ、食べ応えのあるリアルな肉具材、このイメージでピンとキた人は、何の裏切りもなく楽しめるでしょう。強いて注意点を挙げるとするならば、蕎麦が「緑のたぬき」をルーツにした延長線上にあることと、食べ応えのあるリアルな肉具材と評価した味付豚肉は、あくまでもカップ麺の具材という範疇の中で、というニュアンスでしょうか。今回の販路は主にコンビニ中心みたいなので、お近くのコンビニでチェックしてみてください。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

サンヨー食品「サッポロ一番 カップスター 柚子胡椒風味 鯛だし塩ラーメン」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「夏ポテト 紀州の南高梅味」です。今年も出ました夏ポテト! ただ、ちょっと今年は例年よりも発売が遅かったかな? 今年は特にジャガイモの不作が騒がれていたので、その煽りを受けていたのかもしれませんね。まさに夏の風物詩とも言えるポテトチップスですから、今年も無事に発売してもらえて嬉しく思います。さて、今年の夏ポテトは、毎度お馴染み「対馬の浜御塩味」と、「紀州の南高梅味」がリリースされました。昨年あった「安曇野産わさび味」は出ないのかな? 私は梅味のポテトチップスが好きなので、迷わず真っ先に梅をチョイスしたんですが、いやぁ相変わらず間違いないw みずみずしい夏の新じゃがを使用した軽い食感の波型カットチップスに、紀州産南高梅を90%使用した梅肉パウダーと、梅しそフレークによる酸味の相乗効果が相俟って、夏に嬉しいキュンとした甘酸っぱい清涼感が今年も絶妙。梅や酸っぱい食べ物が苦手な人を除いて、この味が嫌いな人は少ないんじゃないですかね。今年も裏切りなく、ど定番に美味しかったです。ってか、もう前の夏ポテトから1年も経っちゃったのね…(苦笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夏ポテト 紀州の南高梅味 (65g)
価格:131円(税込 / 送料別)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 カップスター 柚子胡椒風味 鯛だし塩ラーメン」です。今年の夏は、本当に「柚子」や「鯛」の文字を頻繁に見掛けますね。ラーメン業界では2016年から? 鯛だしが流行っているようです。ブログでカップスターを取り上げるのは随分と久しぶりなんですが、「和ラー」然り、サンヨー食品はタテ型だからと侮れない秀逸な和風スープを世に放っているメーカーなので、今回の鯛だしにも期待したいところ。柚子胡椒とのバランスだったり、油揚げ麺との兼ね合いだったり、ちょっと不安もあるんですけど、楽しみだなー。





スープは、「真鯛エキスのうまみのきいた淡麗系のスープに、柚子の風味と青唐辛子の辛みを合わせたさわやかな味わいの塩味スープ」とのこと。鯛特有の脂っぽい癖こそ感じられないものの、さすが真鯛エキスを使用しているだけあって、魚介の旨味が濃厚です。鯛の他にも魚介エキスの下支えを感じるものの、芳ばしく膨よかな節系の旨味ともシャープな煮干系の旨味とも違う、淡白かつ濃厚な旨味が鯛であることを感じさせてくれました。そこへ柔らかくて丸みを帯びた旨味が特徴のホタテがサポートに加わり、昆布が旨味の相乗効果を図ります。塩気で喰わせるようなタイプではなく、完全に出汁の旨味で魅せるタイプですね。かなり出汁の旨味は濃かったんですけど、化学調味料でゴリ押しするような浅はかな仕上がりではありません。きちんと素材のエキスを丁寧に組み立てているような、定価が180円でタテ型レギュラーサイズのカップ麺とは思えない出汁の使い方には好感が持てました。反面、柚子胡椒の存在感は、隠し味程度のアクセントに過ぎません。言われて分かる程度の柚子と、これまた言われて…いやコレちょっと言われても分かるかな?w って感じの青唐辛子なんですがw もし柚子胡椒が強かったら、せっかくの繊細な鯛だしが打ち消されてしまっていたかもしれないので、ほんのちょっぴりスープを引き立てますよ私たち(by. 柚子&青唐辛子)ってくらいの慎ましさが好印象でした。

は、「ちぢれを付けることでスープがよく絡む、表面に張りとつるみのある、歯切れのよい中細麺」とのこと。恥ずかしながら私はカップスターシリーズと縁遠く、このシリーズに精通しているわけではないので、カップヌードルのように既存の製品と比較した感想なんかは書けないんですけど、カップスターの麺と言えば、スープに影響を及ぼすほど芳ばしい味付け、という印象が強かったんですよね。多分、「カップスター しょうゆ」に使われている油揚げ麺のイメージ。で、今回その芳ばしさが裏目に出てしまって、鯛だしスープと搗ち合わないか…と、懸念を抱いていたんですが、なんのなんの。麺の原材料を確認すると、特に目立った味付けは施されておらず、プリプリとした軽快な歯切れの良さが印象的な細麺で、極めてオーソドックスなタイプです。油揚げ麺特有のスナック感が皆無というわけではないんですけど、野暮ったく主張してくることもなく、程よくカップ麺ならではのスナック感を演出してくれている感じ。ほんのりと奥から感じられる油揚げ麺特有の甘味がサンヨー食品らしくて、その甘味にホッ…とするマニアw さらに嬉しかったのが、麺を食べている時には油揚げ麺特有の風味を感じるものの、時間が経ってもスープを侵食しないんですよね。これによってスープの鯛だしがボヤけることなく、最後までスープのニュアンスを保っていたことに好感が持てました。麺単体としての存在感も程よい立ち位置にあったし、スープとのバランスも良かったです。

具材は、「鯛つみれのうまみがダシのきいたスープのおいしさをより引き立て、ふんわり柔らかなかき卵、ねぎを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。メインの鯛つみれはプリプリとした食感と、同時にホロホロ解けるような質感が面白く、またメーカーの説明文通り、鯛つみれの旨味がスープの美味しさを引き立ててくれているんですよね。どうも実際、つみれの原材料にも鯛を使用しているようで、真鯛エキスが印象的なスープとの相乗効果が確かに感じられました。ふんわり掻き玉は口当たりが良くて、それもカップヌードルに入っているようなカップ麺らしいスクランブルエッグ系の具材ではなく、風味も結構リアルに玉子なんですよね。出汁の効いたスープと優しい掻き玉の相性はバッチリだったし、ネギの食感もアクセントに寄与していて、不足感のない、かつ蛇足的な要素も見当たらない具材でした。強いて欲を言うならば、スープの雰囲気的に胡麻が入っていると嬉しかったかなー。


(標準は★3です)

かなり柚子胡椒の存在感は弱かったので、それを期待して手に取ってしまうと裏切られるかもしれませんが、スープから真鯛エキスの恩恵がダイレクトに伝わってきたことと、しっかり出汁の旨味で喰わせるタイプだったこと。そんなスープを最後まで邪魔しなかった適度な油揚げ麺の存在感に、スープとの相乗効果を感じた具材の構成など、しかも取得価格が税込105円(おそらく一般的にも平均そんなもんかと)だったので、そんなコストパフォーマンスの高さも加味して、今回の総評は上出来の★5即決でした。多分、大型量販店では98円均一なんかのワゴンに突っ込まれている可能性が高いので(今は未だでも直ぐに突っ込まれる可能性大w)お安くゲットできそうな時にサクッ、とカゴに放り込んじゃって問題ないですよ。柚子胡椒かかってこいやー! な、テンションだったら空回りするかもしれませんし、これ1個で1食分を補うには少し量が物足りないかもしれませんが、魚介だしの旨味にはバッチリ満足できるかと思います。久しぶりのカップスター、かなり好印象な一杯でした。今回の鯛だし然り、貝だし然り、サンヨー食品(サッポロ一番)が新商品で魚介だしを売りにしてきた時は、基本的に安心して手に取って大丈夫そうですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【企画品】サッポロ一番 カップスター 柚子胡椒風味 鯛だし塩ラーメン(1コ入)
価格:140円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「日清の黒歴史トリオ 日清焼そば熱帯U.F.O.」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、三幸製菓の「かりかりツイスト キャラメル」です。ずっと前から探していて、やっとこさゲットしたんですが、コンビニでの購入だったのが少々納得いかなかったりw とは言え、このシリーズは大好きで、お気に入りは「特濃ミルク」なんですけど、同じく甘いテイストのキャラメルも…イメージ通りクリーンヒットw 練乳街道まっしぐらの特濃ミルクほど甘くなくて、でもキャラメルの甘味とコクはあって、ほんのちょっとだけホロ苦いキャラメリゼな風味がイイ感じ。堅め食感と適度なサイズから、ひとつひとつの満足感が高く、洋風かりんとう的な立ち位置として、もはや完成系にあるんじゃないですかね。誰か箱買いして送ってくれてもいいでs(ry ←殴打w いやでもホントに、特濃ミルクを超えることはないと思っていたんですが、一瞬にしてマイランクで肩を並べるラインにまで喰い込みやがりました。私の見付けたコンビニではラスイチだったので、再入荷され次第、何個か確保…いや、ネットで買った方が早くて安いか…やばいレッドゾーンw


さて、本日の一杯は、「サマーヌードル」「だし天茶うどん」に続きまして、日清食品の「日清の黒歴史トリオ 日清焼そば熱帯U.F.O.」です。日清の黒歴史トリオ、最後の一品ですね。「だし天茶うどん」と同じく、2002年に発売されていたカップ焼そばで、何故か「エスニック」を「熱帯」と勘違いしていたらしいですw いや、なんとなく発想のイメージは理解できますけどね。ただ、時期的に…あまり見たくない文字ではある。暑苦しいw と、それは扨置き。タイの屋台で食べる "パッタイ風" の甘辛ソース焼そばとのことで、ミーゴレン的な味付けなのかな。甘辛エスニックな味は基本的に無条件で私のツボに入りやすい傾向にあるのでw とても楽しみです。しっかしパッケージが暑苦しいなぁ…(気持ちとは裏腹に軽く戦意喪失なうw)





ソースは、「チキン、ポーク、魚醤をベースに、ローストナッツや香味野菜などで香りづけした甘辛ソース」とのこと。お、これは面白いですよ。暑苦しいパッケージの割に、思っていたよりもファーストインプレッションが大人しめで、「今回は★3かなぁ…」と、思ったのも束の間、まず個人的に印象的だったのは、調味オイルに添加されていたローストナッツの芳ばしさでした。ナッツ系のオイルを彷彿とさせる癖が手前にあって、この芳ばしい独特の香りと風味に強い個性を感じたんですよね。「サマーヌードル」と同じく、ちょっと味の核を見出し難いタイプだったんですけど、軽いレモンの酸味だったり、魚醤のアクセントだったり、印象的だったローストナッツの個性だったり、それに具材のニラとは別に、オイルからもニラっぽい風味が感じられて、そんな迷走感が個性的で楽しいと思える、後半にかけてジワジワと癖になるような面白い味でした。ただ、糖類による甘味は兎も角、刺激はピリ辛に毛も生えない程度だったし、これがパッタイ風かと言われたら怪しい味付けだったんですけどねw あ、ちなみに今回の調理方法には、注意が必要です。と言うのも、粉末ソースと調味オイルを入れる順番が指定されていて、「先に粉末ソースをかけてよく混ぜ合わせ、最後に調味オイルをかけてよく混ぜ合わせて出来上がり」とのことなので、調理の際は留意してください。日清食品の汁なしカップ麺では頻繁に見られるようになったテクニックなんですけど、この順番を逆に調理してしまった場合、仕上がりに顕著な差が生じることもある為、面倒でも意識してみてくださいね。多分、先に調味オイルを入れてしまったら、特に個性的だと感じたローストナッツの風味なんかは、ひっそりと奥に隠れてしまうと思うので。

は、「ソースがよく絡む中太ウェーブ麺」とのこと。お、現行のU.F.O.に使われている油揚げ麺とは別物ですね。「サマーヌードル」「だし天茶うどん」では、そのまま現行の油揚げ麺が使われていたんですけど、明らかに現在のU.F.O.に使われている油揚げ麺ではありません。そもそもウェーブ麺という説明からして、現行の油揚げ麺でないことは明白ですし、この麺どこかで…と、思って自分の過去記事を調べてみたところ、どうやら「日清焼そばプチU.F.O.ビッグ」に使われていた油揚げ麺と同じみたいですね。原材料の構成や麺量も同じだったし、体感的な印象も酷似していました。現行のU.F.O.よりもスナック的で、ちょっとチープな面持ちなんですが、今回は15年前の復刻版。そんなテーマも相俟って、旧世代感あふれる仕上がりが復刻版のイメージに寄与しているというか、非常に好印象でした。

具材は、「エビ、たまご、ニラ」とのこと。お、シンプルながらも効果的な構成ですよ。エビとタマゴはカップヌードルに入っている個体と同じだと思うんですけど、漠然とエスニックな雰囲気にエビの風味がピッタリとハマっていて、全体の雰囲気を盛り上げてくれます。タマゴは例の甘いスクランブルエッグで、これまた今回のカップ麺にベストマッチ。でもってニラが非常に効果的で、ソースの味付けが大人しかった分、スタミナ感あふれるニラの風味が目立っていて、これまた今回のカップ麺にベストマッチ。量も特に不満を感じさせないほどに入っていたし、ややソースの味付けが大人しかったことで、具材も含めて完成する、そんな全体の力加減を計算しているかのように感じられたバランスが良かったです。


(標準は★3です)

これがパッタイ風かと言われたら微妙な仕上がりだったし、意外にも大人しい味付けだったので、食べ始めこそ★3かなぁ…と、思ったんですけど、ローストナッツの個性だったり、具材の存在感も含めた全体のバランスだったり、現行の油揚げ麺とは違った仕様の当時を思わせる麺だったり、また少し大人しいくらいの味付けだったからこそ、最後まで飽きずに楽しめたと思うんですよね。むしろ最初は無難と思わせておきながら、徐々にテンションを上げていき、濃い味で飽きることなく、それでいて日本製の安心できる優等生なカップ麺とは少し違う魅力というか、ちょっとカオスで謎な印象が相俟ってw 食べ終わる頃には「また食べたいかも…」と、思ってしまった不思議な一杯でした。と、ここまで感想を書いていた時点では★4くらいが妥当かと思っていたんですが、なんかこう、いま後味に残っている少し謎でジャンクな旨味成分の囁きがですね…w いや、もうこれは★5いったれとw なんだか不思議な魅力の持ち主でした。ほんと食べ始めのテンションは低かったんですけど、少しずつ速度を上げていき、食べ終わる前ではなく、食べ終わってから尾を引くように時間差で煽ってくるって…ちょっと卑怯なんじゃないですかねw いやでもほんとに、これぞカップ麺でしか味わえないような、それも十数年前を思わせる迷走感がプラスに作用した良品だと感じました。テイスト的に好みが別れる製品になってしまうかもしれませんし、人によっては味が(濃さ的に)物足りないかもしれませんが、昔のカップ麺が好きな人は、ほんと素直に楽しめるんじゃないですかね。今流行のインパクトや、本格さを意識しているような洗練された要素は皆無に等しい仕上がりなんですけど、それが足を引っ張っていた「夏のラ王」や「サマーヌードル」とは違い、復刻版であるが故のノスタルジックで少し謎な迷走感が功を奏している一杯だと感じました。ポイントは、当時のチープさと “迷走感” を意識ですよ。あ、それから…くれぐれも「小袋を投入する順番」に気を付けてください。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「日清の黒歴史トリオ 日清のどん兵衛 だし天茶うどん」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、チロルチョコの新商品「パカッとキウイ&スイカ」です。話題のチアシードを種に見立てているアイディア商品で、たしかスーパーで税込105円だったかな? 中身はキウイ味が3個、スイカ味が4個の計7個入。キウイ味は軽く酸味の効いたキウイ風味のチョコレートで、中にはグミが入っています。で、味が結構ちゃんとキウイだったのと、チアシードのプチプチ食感が相俟って、まるで本物のキウイを思わせる、なかなかリアルで本格的な仕上がりだったんですよね。いや、もちろんチョコレートの甘さだったり、グミの質感なんかは、本物のキウイと掛け離れているわけなんですけどもw チアシードのプチプチ食感が実に効果的で、想像以上の果実感が印象に残りました。スイカ味はキウイ味よりもチアシードの食感は控えめだったんですが、いわゆるロッテの「スイカバー」的なスイカ風味のチョコレートで、引き立て役のアクセントに塩が用いられています。中にはマシュマロとスイカソースが入っていて、控えめなチアシードも含め、味も食感もグミ入りのキウイとの差別化は明白。これは両者ともに完成度が高いですよ! 100円前後で購入できれば1個あたり15円ですし、コスパ的にも高く評価できるんじゃないですかね。個性的なキウイ味に、ど安定のスイカ味。どちらも裏切りのない…いや、キウイに至っては想像以上の出来栄えでした。よくアイスなんかにあるスイカ風味の味付けや、キウイさえ苦手でなかったら、文句無しでオススメです。こういう季節感の強い新商品って、その季節に1回食べられたら割と満足しちゃったりするんですけど、値段も手頃だったし、何度かリピートしたいと素直に思えた夏のチロルでした。


さて、本日の一杯は、前回記事の「サマーヌードル」に続きまして、日清食品の「日清の黒歴史トリオ 日清のどん兵衛 だし天茶うどん」です。サマーヌードルは怪しげな? カップ麺でしたが、天ぷら茶づけ風うどん…いやいや、めっちゃ美味しそうなんですけどw しかも謹製わさび入りとのこと。日清食品曰く「2002年の発売当時、だし、天ぷら、お茶づけを組み合わせた商品コンセプトが伝わらずに売れなかった」そうで、「だしブームの今だからこそ食べて欲しい、だしの旨みをしっかりときかせた商品」とのことなんですが、私には漠然と当時の商品コンセプトが伝わっているような気がするというか、うん…マジで違和感なく美味しそうw えっと、そんなことより…いま巷では “だしブーム” なんですか?(トレンドに疎いw)





つゆは、「かつおだしをベースに、ほうじ茶の香りとわさびの風味でアクセントを加えたつゆ」とのこと。ナガタニエンエクスペリエンス!w(お茶漬け体験w)いや、うん…まさにw わさび茶漬けですコレは。ただ、一般的な “お茶漬けの素” を溶いたような味と違うのは、明らかな魚介出汁の旨味がある点ですね。まず魚介の旨味が濃く、主にカツオが軸を担っていて、そこに軽く煮干の下支えが入り、サバの風味は感じられません。そして、わさびの香りが結構な存在感を放ってきます。でも鼻にツ~ンとくるような刺激の強いタイプではなく、風味で伝えてくるタイプ。フタを開けた瞬間から、湯気に乗って確かに主張してくるんですけど、きちんと実際に味覚にも訴えかけてきます。で、ほんのり感じられる茶葉の芳ばしさが滋味深いじゃないですか。煎茶ではなく焙じ茶なので、少し芳ばしいんですよね。これ、〆に白ご飯を投入したら、なんの違和感もなく “だし茶漬け” になりますよw

は、「どん兵衛ならではの、もっちりとしたつるみのあるうどん」とのこと。発売当時の油揚げ麺ではなく、現行どん兵衛の麺が使われています。たしか2002年当時の油揚げ麺は、こんなに厚みはなかったし、もっと縮れていて、ふかふかとした食感でしたよね。1994年に熱湯5分から熱湯3分にリニューアルされ、2000年には再び熱湯5分に戻り、そこから2年後。私は熱湯3分時代のチープな油揚げ麺が大好きだったので、何気にマイナーチェンジを繰り返す度に、印象が少しずつ下がっていたのですが、ここまでクオリティを上げて技術力の高さを見せ付けられてしまっては、もはや受け入れて高く評価せざるを得ません。インスタントらしいカップうどんは東洋水産の「赤いきつね」に任せ、日清のどん兵衛には引く続き本格さを追い求めていってもらいたいと思います。ただ、久し振りに当時の麺も食べたかったなぁ…ちなみに和風から洋風、中華まで幅広く対応してくれるポテンシャルの持ち主なので、お茶漬けエクスペリエンスな和風つゆとも問題なくマッチしていました。

具材は、「のり天ぷら、小えび天ぷら、たまご、ネギ」とのこと。のり天は別添なのに、お湯を注ぐ前に入れろとの指定だったので、なかば半信半疑で先入れしたんですが、衣の表面はフワフワで、中間はモッチモチ。で、海苔との接地面は程よくサクサク…と、なかなかの妙技w あ、どん兵衛の天ぷらを「途中で」入れたことありますか? あの状態に近いですね。表面ふわふわ、間もちもち、中さくさく。私は今回、食感を確かめるに序盤で口にしたんですけど(楽しみは後に取っておきたいタイプなのに…シクシク)もうちょっと後から食べたい人は、お湯を注いでから2~3分ほど経過したタイミングでフタを開けて入れてみるといいかもしれません。小えび天ぷらは中に本物の海老が入っていて、最初から粉末スープの小袋と一緒に同梱されている為、お茶漬けの素チックな味付けが衣に移り、地味に存在感あり。たまごは存在感なしw 勿論のり天ぷらは海苔茶漬け的に、つゆとの相性抜群だったし、のり天としてのクオリティも高かったので、是非また採用して欲しい具材です。


(標準は★3です)

いやぁ…正直、ここまで “お茶漬け” していると思いませんでしたよw 端的なイメージで言えば、わさび茶漬けの素+どん兵衛の麺+のり天なんですけど、お茶漬けの素を単純に溶いただけ、みたいな内容と違ったのは、魚介出汁の太い旨味があったから。それに製品名で「茶」の文字を冠しているだけあって、きちんと奥の方から焙じ茶の芳ばしさも感じられたし、何で当時これが売れなかったのか不思議なくらい、違和感なく美味しい一杯でした。あとはイメージ的に、別添でアラレなんかが付属していたら完璧だったんですけどね。でも、わさびの香りも心地よかったし、魚介出汁も濃いめだったし(途中で少し熱湯を足しましたw)わさび茶漬け的な味をイメージして手に取られた方は、ほんと違和感なく楽しんでもらえると思いますよ。黒歴史どころか、普通に今でも新商品として通用するんじゃないですかね。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram