ユーザータグ : ★★★★★☆☆☆☆☆(5)の記事 (1/67)

サンヨー食品「サッポロ一番 麺の至宝 汁なし四川麻婆味刀削風麺」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンの新商品「グランドキリン 梅雨のエキゾチック」です。お、これは美味しいですよ。まずブラボーホップによる華やかな香りが印象的で、口に含むと最初に大麦による膨よかな甘味と、大麦とは違う清涼感のある小麦の軽い癖から入ります。後追いで徐々に苦味を感じるのですが、軽く後味を引き締めてくれる程度の仄かな苦味。そして後味に再び感じる甘味の余韻と、そこに絡むスパイシーなコリアンダーシードの掛け合いが複雑味を生み、タイトルのエキゾチックを演出。と、複雑で面白い仕上がりです。「梅雨にゆっくりと味わえる」との記載があったんですけど、それでいて夏の暑い日、喉の渇きを癒す為に飲まれるセゾンのように、瓶から直接グビグビと飲むのにも向いていると思います。どっしりとした重厚感に期待すると真反対な仕上がりではあるものの、この軽さが今の時期的にも嬉しく、またライトの一言では終わらせない複雑味には見所を感じました。ステンドグラス基調の紫陽花デザインも可愛いですし、その内容も季節にピッタリだと思います。ちなみに副産物としてコリアンダーシードを使用している為、日本の酒税法上 “発泡酒” に分類されるのですが、麦芽使用率50%以上なので、ちゃっかりビールと同じだけ税金とられますよw あ、それからコリアンダー(パクチー)シード使用でも、あのパクチー臭とは別物なのでw パクチーが苦手な人でも大丈夫です。


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺の至宝 汁なし四川麻婆味刀削風麺」です。以前、「麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」というカップ麺があったんですけど、それの汁無しバージョンみたいですね。これまでにもサンヨー食品は、「刀削風麺」をテーマにしたカップ麺を何度かリリースしてきましたが、ノンフライ麺を起用してきたのは今回が初めて。サンヨー食品の汁無しノンフライ麺はアタリが多いのと、テーマが私の好きな麻婆なので…絶賛もれなくワクワクなうw





たれは、「肉感や調理感のあるポークエキスとチキンエキスをベースに、みそ、しょうゆ、豆板醤のうまみを合わせ、唐辛子、花椒、ラー油で辛みを加え」て、「花椒の70%は四川省産を使用してい」るとのこと。まず印象的だったのは花椒の麻味(痺れ感)で、唐辛子の辣味こそ常識の範囲内ではあったものの、ビリビリと襲ってくる花椒の刺激は特筆に値します。激辛とまでは言いませんが、一般的な人には余裕で辛口以上なんじゃないですかね。少なくとも日清食品や東洋水産だったら、問答無用でパッケージに堂々と激辛の文字を掲げてくるようなレベルです。ってか…これだったら今回、お決まりの「辛いものが苦手な方はご注意ください」的な一言を親切心で掲載していてもよかったんじゃないですかねw あんまり刺激に耐性の無い人が知らずに食べたら、「ちょっと待って聞いてないww」ってなるかもしれません。味付けは和味噌がベースとなっていて、動物系のコクも明白。さらにガーリックやジンジャーの香味感や、和味噌とは違う豆板醤のアクセントと、ほんのり醸造酢の酸味が味に多層性を与えています。花椒の刺激も然る事乍ら、味付けの方向性もシャープな路線で、かなりの濃い味ですね。ちょっと自分には単体だと味が濃過ぎたんですけど、白ご飯やビールとの相性は最高だと思います。日本寄りの麻婆豆腐系の味付けではなく、ちょっと本場を意識しているような味付けでした。ちなみにパッケージの裏面に書かれていた調理方法では、特製調味だれを先に、それから特製スープの順に入れるように指示されていたので、気を付けてください。

は、「特殊切り刃を使用することで刀削麺風を再現し」て、「厚みの違いによりつるつるとした食感と、しっかりとした食べ応えを楽しめ」るとのこと。変に縮れたノンフライ麺で、よく見ると麺の左右に厚みの違いがあるんですけど(断面が四角ではなく三角のイメージ)刀削麺というよりも、同社の「とら食堂」に使われている「手打ち風めん」のほうが雰囲気は近いかもしれません。たしかにランダムな口当たりが印象的ではあるものの、あんまり意識せずに食べたら、不規則に縮れのつけられた縮れ麺だね、みたいな。とは言え、相変わらずノンフライ麺のクオリティは高く、もっちりとした粘り気のある弾力が印象的で、濃い味のタレに埋没しないように頑張っています。ただ、タレの味付けが随分と濃く、また花椒の刺激も強かったので、湯切りの時に感じた小麦っぽさは、あまり感じませんでした。タレとのバランスを思えば、もう少し厚みと幅があってもよかったかもしれませんね。

具材は、「肉そぼろのうまみ、豆腐のやわらかな食感と甘みがたれとよく合い、食欲をそそ」り、「ねぎのさわやかな風味がたれのおいしさを引き立て」て、「赤唐辛子を加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。肉そぼろは濃いめに味付けが施されていて、ちゃんと肉の旨味も感じられ、食感も自然。決して量が多いとは言えませんが、存在感は明白で、どこぞのスポンジ野郎にも見習っていただきたいハイクオリティな挽肉具材です。そして豆腐は口当たりが良く、変な酸味も気にならなかったし、花椒バリバリのタレと対比を描くような豆腐の優しさと、しっかり大豆の風味が好印象。ネギは主張し過ぎずに程よく味のアクセントになっていたし、赤唐辛子は割と量が多く、タレの辣味が常識的だったので、具材の赤唐辛子が口に入ってきた時の辣味アップ効果が嬉しかったです。赤唐辛子、何気に重要な存在でした。


(標準は★3です)

まず何と言っても特筆すべきは、花椒の強烈なビリビリとした刺激。市販品としては、コーション(警告文)が必要なレベルだと感じました。それに刀削風かと言われたら、少し微妙なところではあるものの、クオリティの高さは間違いなかったノンフライ麺に、量こそ多いとは言えませんが、しっかり効果的で質の高かった具材の構成から、値段を踏まえても上出来の★5即決です。汁ありバージョンでは四川の文字に期待して、やや刺激の面で物足りなさを感じてしまったんですけど、今回は花椒の刺激が人を選ぶ域に達していた為、自分としては大満足でした(途中でコッソリと一味唐辛子を足したのはココだけの話w)なので、花椒(山椒がパーアップしたヤツだと思ってください)が苦手な人は勿論、花椒のビリビリとした刺激に馴染みのない人にもオススメできませんが、花椒の痺れ感バッチコーイ! という人にとっては例外なくマストなカップ麺になるでしょう。自分は曲がりなりにも味のニュアンスを伝えるといった立場上、欲望をグッ…と、抑えて堪えましたが、これはもうビールとの相性最高だと思いますよw ビール党の皆さん、夏の暑い日に備え、真昼間からビールと共演させるべく、今のうちに何個か買い溜めしておきましょう。のんびりとした夏の休日、自分で昼メシ作るのもメンドクセーし、外食したら金かかるし、っていうか暑いし、あ~も〜昼間っから飲みたいわ~…な、気分の時(ダメ人間の発想ですねスイマセンw)非常に頼もしい存在になること請け合いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ一番 麺の至宝 汁なし四川麻婆味刀削風麺 (1コ入)
価格:237円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

明星食品「明星 焼豚だれ油そば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、チロルチョコの「チロルチョコ〈揚げバナナ〉」です。いや、揚げバナナって…どんだけピンポイントですかw と、突っ込まざるを得なかったんですけど、実際に食べて納得。まずバナナを揚げるという 暴挙 調理法なんですけど、インドネシアでは「ピサン・ゴレン」と呼ばれ、一般的に食べられているそうです。そんなエスニック感を意識してか、シナモンの香りとココナッツの風味が異国情緒を演出していて、食感の違うドライバナナ&フライドバナナによるバナナ感が中々に強烈。最初は「そんなバナナ…!」と、キワモノ認定しかけたんですが、なんのなんの…めちゃんこ美味しいジャマイカw(なんか色々ややこしいなw)いやでも、うん…コレは箱で買いたいかもしれないw バナナ味のチョコレートが好きな人は勿論、ドライフルーツのバナナなんかが好きな人も絶対に探したほうがいいです。自分はローソンで購入したんですけど、ネットでも販売されていたので、特定のコンビニ限定というわけではないようですね。ドライバナナのネチョネチョした歯触りは ムカついt(ry ちょっと気になったけどw バナナが好きなら絶対ですよ。ちなみに(以下余談)私は原型を留めていないバナナ(クレープとかミックスジュースに入っているヤツ)や、加熱調理されたバナナは苦手なんですが、バナナチップやバナナ味(香料)系の製品は大好きですw(マジで何の役にも立たない余談…)


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 焼豚だれ油そば」です。「汁なしカップ麺市場の伸長をけん引する『油そば』を、手軽に味わえるレギュラーサイズで商品化」したとのことで、ありそうでなかったレギュラーサイズのカップ油そばが明星食品からリリースされました。と言うのも、油そばを題材にしたカップ麺は、もれなく大盛仕様(麺量130g)というのが常だったんですよね。油そばを好むユーザーは、量的な食べ応えも求めている場合が多いので、どうしても大盛がデフォになる傾向にあります。然し乍ら、油そばは気になるけど大盛だから…と、敬遠している人は多いと思いますし、斯く言う私もブログを始めていなかったら、間違いなく避けてますよw そんなユーザーには嬉しい反面、前述した油そば好むユーザーにとっては中途半端な立ち位置の商品かもしれません。一応、今回は手軽に味わえるがコンセプトなので、そのスタンスで臨みます。ところで、明星食品が手掛けるマヨネーズが決め手の油そばと言えば、真っ先に「ぶぶか」を思い浮かべた人も多いでしょう。なので、ぶぶかのイメージと勝手に比較しながら食べてみたいと思います。





ソースは、「焼豚の旨味が溶け込んだ、やや酸味のある醤油だれに、ごま油、ラー油、ローストしたネギの香味油などを絶妙なバランスで合わせた、濃厚なソース」で、「マヨネーズが油そばの濃厚感をさらにアップさせ」るとのこと。うん、やはりベースは「ぶぶか」を意識していると見て間違いないですね。過去記事に書き留めていた「ぶぶか」の原材料と比較してみると、概ね同じような構成でした。やや油脂成分の量は控えられていましたが、それが功を奏していたというか、「手軽に味わえる」というコンセプトを踏まえると、油そば初心者にも拒絶反応を感じさせないような配慮として、寄与していたと思います。焼豚のタレを彷彿とさせる甘味を帯びた醤油ダレに、肉のコク。そこに重なる胡麻油の芳ばしい香りと、ほんのり辣油のピリ辛感に、軽い酸味がアクセントに嬉しい、まさに「ぶぶか」らしさを想起させる仕上がりです。ただ、無駄にヘッヴィィな「ぶぶか」と比較して、やや大人しい仕上がりですね。これを物足りないと感じるか、嬉しいと感じるかは個人差ですが、自分は後者でした。これくらいが丁度いいw ちなみにマヨネーズはプレーンタイプで、ソースとの相性もバッチリでした。のっけから全投入するのではなく、途中で味に変化を加えるように使用すると、飽きずに食べられますよ。

めんは、「濃厚ソースに負けない、食べ応えのある太麺」とのこと。ソースが「ぶぶか」を意識した仕上がりでしたが、おそらく麺も「ぶぶか」の麺をレギュラーサイズに合わせて量だけ調整して、そのまま流用されているものと思われます。油そば系のカップ麺にしては珍しく、熱湯3分の油揚げ麺(大抵は5分がデフォなので)なんですけど、もっちりとした粘り気のある弾力が印象的で、サイズの割りに存在感が強く、食べ応えがあります。方向性としてはカップ麺らしいジャンクさが売りの油揚げ麺、って感じなんですが、ソースのタイプも繊細さとは無縁な仕上がりなので、相性はバッチリw 後述する具材のアクセントが皆無の為、もし大盛りだったら厳しかったと思うんですけど、レギュラーサイズの麺量が功を奏し、少食の自分でも飽きる前に美味しいと思える状態で完食することができました。

ふりかけは、「ネギ、きざみのり、七味唐辛子」とのこと。「かやく」ではなく「ふりかけ」ですw 肉系の具材に、メンマやナルトは疎か、汁なしカップ麺では定番のキャベツすら入っていません。ただ、ふりかけは効果的な存在で、風味の良いネギが引き立て役として活躍し、同じく刻み海苔の香りが味に変化をもたらし、七味唐辛子の辣味が味を単調に感じさせない工夫として効果的に作用。私は撮影の関係上、のっけから全量で撒いちゃってますけど、ふりかけもマヨネーズと同じく、味変のタイミングを見計らって、意図的に投入するのがポイントかもしれません。


(標準は★3です)

やはり実食前のイメージ通り、「ぶぶか」をレギュラーサイズに圧縮したような一杯だったんですが、取り分け顕著な差を感じたのは、固形具材が皆無という点。しかし、希望小売価格は税別180円なので、それを踏まえた上での総評です。まず味の方向性としては、「ぶぶか」が好きな人は素直に楽しめるでしょう。そしてカップ麺としては油そばらしく、比較的ヘッヴィィな分類に分けられるのですが、油そばの雰囲気が気になる…という初心者でも馴染み易く、それでいて油そばの雰囲気を掴めるだけの要所は押さえてあったので、まさに油そばの入門編として誂え向きな一杯だと感じました。まさに、メーカーの狙い目にドンピシャな仕上がりですね。人によっては物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、自分としては非常に好印象な一杯でした。具材の弱さは寂しかったけど、ふりかけやマヨネーズで味に単調なイメージは感じられなかったし、大盛ではなかったことが功を奏し、むしろ普段の「ぶぶか」よりも自分としては印象が良かったんですよねw もしオープン価格の廉価版としてリリースされていたら、もっと高く評価したかったのですが、私の取得価格は税込105円という安さだったのと、一般的な取得価格の平均も130円をオーバーするケースは稀だと思うので、このような評価としました。油そばは大盛じゃい! という人にはネガティブな一杯になるかもしれませんがw 本家「ぶぶか」の取得価格は基本的に200円オーバーがザラなので、ほぼ半額で捕獲可能なコイツのコスパは侮れないと思います。目下の懸念といえば、具材の無さを許容できるかどうか、そのくらいだったので、油そばの雰囲気を何と無く確かめてみたい人、また大盛は苦手…という人は、これを機に油そばデビューしてみてはいかがでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明星 焼豚だれ油そば (1コ入)
価格:170円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明星 焼豚だれ油そば 112g 1ケース(12食入)
価格:1,854円(税込 / 送料別) (ケース販売)
@プラスワンショップ


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「一度は食べたい名店の味 麺巧 潮 にほんいち醤油そば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、チロルチョコの新商品「おつまみチロル」です。実は発売日の当日に入手していて、とっくに感想を纏めていたんですけど、ことごとく売り切れ続出の状態で、紹介するタイミングが…w とりあえずチラホラと補充されてきたようなので、ちょっと遅いタイミングでの紹介になりますが、お付き合いください。さて、こちら父の日に向けてリリースされた新商品で、中身は「柿の種」「レモンバジル」「めんたいあられ」の3種類。柿の種は定番中の定番ですが、他の2種には新鮮味を感じますね。とりあえず、順番に紹介していきましょう。まずは、「ビールやワインにぴったり」とパッケージに書かれている、「柿の種」から。ま、想像通り甘塩っぱい系なんだろう…と、特に期待もせずに食べてみたんですけど、かなり甘さ控えめだったことに意表を突かれました。確かに甘塩っぱい系ではあるものの、先日紹介した「柿の種サンダー」とは全く様子が異なり、甘塩っぱいの比率は6.5:3.5…いや、7:3くらいの割合で塩気に傾いていて、おつまみ系を意識していることがハッキリと分かります。ビールに合うかどうか…は、特定のビアスタルを厳選しないといけないような気もしますけどw 度数の高いウィスキーやラム酒をロックで、またはテキーラなんかをショットで飲む合間に欲しくなるような甘味と塩気なんじゃないかと思います。甘~いスイーツを食べたい気分の時に出されたら、ちょっとチョイスミスかもね、という塩気のニュアンスに個性を感じました。きちんとコンセプトを意識していることが体感できる、大人な柿の種チョコです。


さて、本日の一杯は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 麺巧 潮 にほんいち醤油そば」です。自社ブランドを長期間ヘーキで放置する癖のあるエースコックですが、この「一度は食べたい名店の味」シリーズは、定期的に新商品がリリースされていますね。ただ、今回は「行列必至の」という単語がタイトルに含まれていません。行列必至ではないのかなw でもニュースリリースには、「連日長蛇の列をつくる」との記載があったので、行列のできる有名店なのでしょう。はい、私は例によって例の如く、お店の存在はカップ麺で初めて知りましたw シリーズ第7弾となる今回は、「連日長蛇の列をつくる東京のお店『麺巧 潮』の看板メニューをカップめん化し」たとのことで、「昆布やイワシなどの魚介の旨みに『日本一国産丸大豆しょうゆ』を合わせた和風醤油スープ」が特徴だそうです。「日本一国産丸大豆しょうゆ」も初耳だったので、軽く調べてみたんですが、群馬県にある岡直三郎商店というメーカーの有機醤油なんですね。原材料を確認すると、スープに含まれている醤油の約20%が日本一国産丸大豆しょうゆだそうです。どうも醤油にチカラを入れているようなので、やや塩気のカドに懸念を感じるものの、食塩でなく醤油のカドであれば、割と最近は許容できるようになってきたし(あくまでも麺を食べている時は…の、レベルですがw)醤油の個性に注目しながら食べてみたいと思います。




よかった今回は焼豚が無事だったw(前回の丸型焼豚

スープは、「『日本一国産丸大豆しょうゆ』を使用し、昆布やイワシ等の魚介の旨みを加えた醤油スープ」に、「別添のふりかけを加えることで、よりお店らしい魚介感を演出し、濃厚で上品なスープに仕上げてい」るとのこと。ふりかけを攪拌する前のスープは、シャープな煮干の旨味よりも、節系の膨よかな旨味を意識した魚介感が印象深く、昆布や椎茸などの下支えが相俟って、 “和風出汁(だし)” というニュアンスを強く感じるテイストです。なんだったら、蕎麦でも違和感なく成立しそうな雰囲気。成分の香味油は鰹オイル系なのか、表面の薄い油膜には節を中心とした芳ばしくて膨よかな旨味が仕込んであって、そこに滋味深さを感じました。こだわりの醤油は明白ですが、酸味などの癖は控えめで、醤油らしいインパクトに期待すると肩透かしを喰らうかもしれません。しかし、醤油の存在感は明白ながらもトゲトゲしいカドは控えめで、その優しさを兼ね備えた面持ちに「日本一国産丸大豆しょうゆ」の個性が垣間見れたような気がしました。さて、このままでも私としては素直に楽しめる塩梅だったんですが、ふりかけを攪拌すると、さらにインパクトが強くなりますね。ふりかけは混合削り節のような粉末で、こちらも煮干を含みながら、中心は明らかに節。魚粉特有の力強さがスープにパンチを与えてくれるんですけど、煮干がガンガンに効いたスープのような癖は感じられず、それでいて魚粉の力強さがラーメンらしさの演出に寄与していて、ここで “蕎麦ではなく中華麺だな” と、思えました。そもそも魚粉の効いたラーメンがダメならオススメできませんが、魚介系のラーメンは大丈夫だけど煮干のエグ味はちょっと…という人でも楽しめるスープだと思います。確かに濃厚なんですけど、和の上品さも感じました。

めんは、「歯切れの良さと適度な硬さが特長の角刃の中細めん」で、「適度な味付けをおこない、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。加水率が低く、やや中心部に芯を残したような歯応えのある食感で、今回の魚粉が効いた醤油スープと相性は抜群。魚介系のラーメンには低加水麺が合う、というのが私の持論なので、そのバイアスは少なからず影響しているかもしれませんが、やや粉っぽさを感じる歯切れの良い麺は、ベストマッチな取り合わせだと思いました。油揚げ麺臭が表立って主張してくることもなかったし、さすがに日清食品の「有名店シリーズ」なんかと比べてしまうと可哀想ですが、ひとつの油揚げ麺としてのレベルは高かったです。

かやくは、「程良く味付けした焼豚をメインに、風味の良い玉ねぎ、色調の良いねぎを加え」たとのこと。程良く味付けした焼豚は、まぁ入ってないよりマシ、くらいの存在なんですが、タテ型の容器に丸い焼豚が入っているのはエースコックの製造するカップ麺の特徴でもありますし、雰囲気を演出する面では効果的ですね。ちょっと今回は普段よりも色が濃いめに見えるんですけど、受けるニュアンスとしては、特に目立った変化は感じませんでした。これといって特筆すべき点はないものの、寿がきや食品のペラチャーみたいにケミカルな風味は漂っていませんし、そこそこ厚みもあるので、地味にクオリティは高いのかもしれません。で、玉ねぎ。一見すると、わざわざ入れなくてもよかったように思えたんですが、実際に食べてみるとシャキシャキ食感やフレッシュな香味感が濃い味スープに映えていて、気分転換に効果的。サイズも大きめで、ちょっと何個か色が変だったけどw 好印象な具材でした。ネギも薬味系ではなく、大きめにカットされていたのが良かったです。


(標準は★3です)

案の定、自分にはスープ単体だと厳しい塩分濃度だったんですが、醤油と節系を中心とした魚粉で力強さをアピールしつつ、昆布や椎茸による下支えだったり、鰹オイル系の膨よかで芳ばしい香味油には、和風出汁を意識した相乗効果が感じられ、肝が据わっているのに、どこか気品も感じられる、男性的な面と女性的な面を兼ね備えているような仕上がりでした。やや具材は使い回し感が否めない構成ではあったものの、大きめのシャキシャキ玉ねぎは効果的だったし、力強さと奥深さを兼ね備えた濃い味スープと、加水率の低い麺はベストマッチだったので、ひとつのカップ麺としての総合力が高く、魚粉の効いたラーメンが好きな人であれば、安心して手に取ってもらって大丈夫です。反面、節系のラーメンはちょっと…という人は避けられたほうが賢明でしょう。ただ、「にほんいち醤油」の個性は派手なタイプではなかったので、強烈な醤油感を求めてしまうと少し物足りないかもしれません。でもって健康推進派の当ブログとしては(こんなブログを書いているくせにw)塩分の摂取量的に、あまり推奨したくないんですけど…これ、残ったスープに白ご飯ダンクしたら最高にヤベェやつだと思いますw いやもう絶対に間違いないこと請け合いw たっぷり魚粉の効いた和風テイストのスープなので、体感的な塩分濃度の高さ然り、ラーメンライス派&カップ麺の残ったスープにはライスダイブがデフォ派の方々にとっては、もう狂喜乱舞な一杯なんじゃないかと。というわけで、カップ麺には白ご飯がマストな人にもオススメです。くれぐれもご利用は計画的にw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一度は食べたい名店の味 麺巧 潮 にほんいち醤油そば (1コ入)
価格:218円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

エースコック「わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


以前、「カップヌードル ラサ グライ アヤム ムラユ」をブログで紹介した後、SNSでの遣り取りで、「WISH YOU WERE HERE ~ 日常の出来事 ~」というブログの管理人、echoes氏から、本家カップヌードルカレーとの食べ比べなんか “しない” とのコメントを頂戴したので、「あぁ、アレか。リアクション芸人の “押すなよぉ〜…押すなよぉ~…” 的なアレだな、うん。」と、勝手に解釈してw 無茶を承知で押してみたところ…あっさり折れて 快く(?)承諾してくれました。「カレーヌードル vs 舌噛みそうなカップ麺」痛快な 酔っ払いの独り言となっt(ry 記事となっておりますので、是非お立ち寄りください。他にも音楽ネタ(選曲が素晴らしい!)や、専門的な金魚の飼育について、またインコとの 漫才 暮らしなど、個性的な記事も盛り沢山。他にも地元福島県の魅力を発信されている「Fukushima Circulation~ 福島県を巡って ~」というブログ(中でも福島の方言について書かれている記事を特にオススメしたいw)も管理されているので、そちらも合わせて是非ご覧くださいませ。


さて、本日の一杯は、エースコックの「わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお」です。以前、「大根おろし風パウダー」を使用した「驚きの爽快づくし」というタテ型のカップ麺を同社がリリースしていたんですけど、その時は実食が叶わず、大根おろし風を体験するのは今回が初めて…っていうか、大根おろし風ってw いや、爽やかそうですけどもw しかも with ゆず胡椒だから、本当に爽やかそうだw わかめラーメンとの兼ね合いも気になるところですし、大根おろし風のポテンシャルにも期待したいと思います。それにしても…イメージ的に冷やして食べてみたいw





スープは、「鶏だしと香味野菜の旨みに、ふわっと香るゆず胡椒と大根おろし風パウダーの舌触りが心地よい塩スープ」で、「さっぱり爽やかな食欲をそそる味わい」とのこと。お、これは面白いですね。まず舌触りですが、ちょっと癇に障るw ザラつきを感じます。言われてみれば大根おろし風なんですけど、大根を超細かく粉砕して乾燥させた感じというか、まぁ粉末スープに入っている大根おろしパウダーだから当たり前なんですがw ちゃんと卸し金で磨り下ろした大根というよりも、やっすい居酒屋チェーン店で出てくるような「これ絶対に卸し金なんか使ってないよね?」的な細かさというかw いや、でも雰囲気の演出としては上等ですよ。でもってスープのベースは鶏肉を入れた鍋を彷彿とさせる路線と言いますか、鶏ガラよりも鶏の肉から染み出したような優しい鶏の出汁をベースに、オニオンパウダーやハクサイエキスなどの野菜成分が加わることで、全体が丸みを帯びた優しい雰囲気に。大根おろしのイメージも相俟って、漠然と消化にも良さげw そこへ軽めの黄柚子と適度な青唐辛子の青い清涼感が重なって、優しい面持ちの中にアクセントをもたらします。さらに大根の風味が柚子や青唐辛子とはベクトルの違う清涼感を演出していて、派手さはないけどジワジワくる、なんかこう、地味~に美味しい(褒めてますw)スープでした。アサリエキスは下支えに過ぎなかったものの、わかめと手を取り合って磯の風味を高めているような相乗効果を…なんかこう、地味~にw

めんは、「適度な弾力を持つ、滑らかなめん」とのこと。製品説明や、原材料の構成なんが他の「わかめラーメン」シリーズと共通だったので、おそらく本家わかめラーメンと同じ油揚げ麺が使用されているのだと思います。これといって特筆すべき点のない、極めてオーソドックスなカップ麺らしい油揚げ麺ですね。油揚げ麺特有の風味も手前にあったし、それもエースコックらしい(気になる人は気になるというアレ)タイプで、食感も平凡。ただ、わかめラーメンの亜種製品ですから、わかめラーメンが好きな人にとっては、平凡さこそが大きな加点要素となり得る利点と言えるでしょう。素朴さ、これもロングセラーブランドの魅力ですからね。

かやくは、「器に広がるわかめを中心に、香ばしい深煎りごま、彩りの良いコーン、ねぎ」とのこと。リア⚪︎プエクスペリエンスw(増毛体験w)Let’sミネラル、Let’s食物繊維ですよ。さすが天下の「わかめラーメン」質の高さは未だ他社の追従を許さず、食感や風味、ボリュームも含め、わかめラーメンの名に恥じない存在感です。わかめの入っているカップ麺は他社メーカーからも時折リリースされていますが、私はエースコックを超えた個体に出会ったことがありません。調理後の写真を見ての通り、その量は圧巻で、濃い磯の香りも然る事乍ら、厚みのある大きさが好印象。本家に入っているメンマがカットされ、代わりにネギが入っているんですけど、コーンは4粒で存在感なし、ネギも飾りみたいなもんです。しかし、深煎り胡麻は秀逸ですね。ちょっと量が少ない気もしたんですが、わかめラーメンには欠かせないマストアイテムなので、しっかり押さえてくれていたことに好感が持てました。


(標準は★3です)

味のインパクトで言えば、とんでもなく地味~なタイプだったんですけど、大根おろし風を演出しようと奮闘していた努力や、それっぽい雰囲気が実際に感じられた仕上がりには素直に頷けたし、大根おろしの清涼感に重なる爽やかな柚子と青唐辛子のアクセントに、安定のオーソドックスな油揚げ麺と文句無しの大量ワカメですよ。どこかホッ、とするような雰囲気がロングセラーブランドらしい安定感を演出していて、尚且つ大根おろし風には今までにないタイプの新鮮味があり、梅雨から夏にかけて嬉しい複合的な清涼感の相乗効果にも価値の見出せる、地味ながらも良作だと感じました。自分はスーパーにて税込127円での捕獲だったんですが、他のスーパーでも大体そんな感じの売値だったし、それも踏まえた上での総評です。食べる前のイメージでは、まぁ無難に美味しくて、大根おろし風パウダーの新鮮味で★4かなー、くらいに思ってたんですけど、ちょっと★4にしておくには勿体無いというか、スーパーなんかで見掛けたら積極的に試して欲しいと思いました。おそらく値段は高くないと思いますし、柚子の香りも青唐辛子の刺激も人を選ぶほど鮮烈ではなく、それでいて個性の演出には充分な存在感だったので、実食の際は強烈なインパクトを求めるのではなくて、ロングセラーブランドらしい安心感の中に垣間見える優しい新鮮味を意識しながら食べてみて欲しいですね。季節的にもナイスなタイミングでのリリースですし、なかなか見所のあるポジティブな一杯でした。次は汁なしの冷やしで大根おろし風パウダーを試してみたいんですけど、粉末だったら湯切りの時に流れちゃいそうだな…液体ソースに仕込んだら何とかなりませんかね?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお (1コ入)
価格:190円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

明星食品「明星 チャルメニャ バリカタ麺 マー油豚骨」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、三幸製菓の新商品「かりかりツイスト ゴーゴーカレー風味」です。カップ麺でもスナック菓子でも、これから夏に向けて食欲増進効果が期待できるカレー味の新商品を見かけることが多くなってくる季節ですね。私の大好き「かりかりツイスト」が、金沢カレーブームの火付け役とも言われている「ゴーゴーカレー」とコラボしたとあっては見逃せません。中身は金沢カレーらしく黒っぽい見た目で、雰囲気は「横綱揚げ(横綱あられ)」を細くして堅くした感じ。そんな存在感の強い堅め食感の生地に負けない、後引くカレーの濃厚な味わいが好印象。それほどカレーのスパイス感は複雑ではなく、刺激も控えめなんですけど、重心の低いカレー味で、ほんのりホロ苦いテイストが印象に残りました。CoCo壱番屋コラボのカレー味は、基本的に馴染みやすいオーソドックスな路線にあると思っているのですが、あれを王道とするならば、こちらは完全に亜種。人を選ぶほどの癖は感じられないものの、ホロ苦さと重心の低さに金沢カレーを垣間見たような気がしました。とは言うものの…私は本場の金沢にてカレーを食べた経験がないのでw レトルト食品なんかのイメージで申し訳ないんですけどw そんなド素人の自分でも個性と思えるポイントを感じられたのが良かったです。でもってビールに合う! ハードな食感と濃いめのカレー味がクセになる、思わず手が伸びちゃう系の新商品でした。


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 チャルメニャ バリカタ麺 マー油豚骨」です。誤字脱字ではありませんw 「チャルメニャ」ですw 3月27日に開催されたチャルメラ新CM発表会で、チャルメラのCMキャラクターを務める広瀬すずさん(自分は今まで存じ上げない方でしたスイマセン)から明星食品の社長さんに、「好物のニラが入ったカップめんを商品化してほしい」との要望があったそうで、急遽商品化することになったとかw いやぁ個人の意見を反映してカップ麺を作ってもらえるなんて、我々カップ麺ブロガーの夢ですよ…それをまぁこんなにもアッサリ…orz と、それは扨置きw 一見するとパッケージが売りのキャラもの便乗系な製品に思えるのですが、バリカタ麺に強い明星食品が熱湯60秒のノンフライ麺を採用し、おまけにスープはマー油系とくれば、パッケージの印象とは裏腹に、おそらく中身は硬派な内容なのでしょう。しかも、たっぷりのニラ…うん、これは期待できそうですね。


調理方法の語尾まで徹底して「~ニャ!」w


でもってマジでニラの量がスゴい!



スープは、「豚バラの甘みとコクのあるポークエキスをベースに、ホタテエキス、フライドガーリック、黒こしょうを合わせた、まろやかな豚骨スープ」に、「ガーリック風味のマー油を加えて濃厚な味わいに仕上げ」たとのこと。ベースラインは甘味を帯びたマイルドな豚骨味で、そこに焦がしガーリックの芳ばしさでパンチを与えている、これといって驚きのない豚骨スープです。豚骨臭や獣臭などのワイルドな要素は例に漏れず抑えられていた為、そういった部分に期待すると物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、激しく人を選ばない、というのは大きなメリット。それに、豚骨特有の骨っぽさや香りの癖こそ抑えられていたものの、ポークエキスを筆頭にコクと旨味は上出来と言えるラインにあったし、ほんの少し粘性も意識しているスープなんですが、それも乳化感の一端として寄与しているようで、不自然ではありませんでした。で、たとえ「チャルメニャ」になってもw ホタテの旨味が「チャルメラ」のアイデンティティを演出しています。そこまで目立って主張する旨味成分ではありませんが、奥に感じる確かなチャルメラ特有の表情。大衆ブランド的なチャルメラというブランドの立場を思えば、癖の無さにも素直に納得ですし、マイルドな路線にありながら、芳ばしいマー油の個性でワンパンチ。唸るようなスープではないものの、良い意味でカップ麺らしい豚骨スープでした。

めんは、「硬め・極細・ストレートを極めたバリカタ麺」で、「豚骨スープによく合う独特な粉っぽさとバリカタの食感をあわせ持った、豚骨ラーメン専用の麺」とのこと。うん、さすが明星食品ですね。どんぶり型に使用されているスーパーノンフライ製法のバリカタ麺と比較して、ややスチームノンフライ製法では劣る部分は否めないものの、そんじょそこらのタテ型カップでは到底太刀打ちできないほどの本格さです。ちょっと素麺っぽいニュアンスが気になったんですけど、きちんと硬め・極細・ストレートの三拍子が揃っていて、博多麺を彷彿とさせるプツンッ、とした歯切れの良さと、低加水麺らしい小麦感が本格さを加速。もちろん、マー油豚骨味のスープとは相性抜群だったし、タテ型ならではの手軽さと、コンビニ以外での平均的な取得価格を思えば、現状これといって文句の付け所はありません。

かやくは、「CMキャラクター広瀬すずさんの大好物であるニラをたっぷりと入れて、ダイス状の味付け肉とゴマを組み合わせ」たとのこと。まずメインのニラですが、ご覧の通り申し分ないですね。カップの形状を問わず、これほどニラが入っているカップ麺というのも珍しいです。それにサイズが大きく、風味もスタミナ感があって、さすが推しているだけのことはあるな…と、素直に納得できるインパクトを放っていました。ダイス状の味付け肉は、いわゆる謎肉系のジャンクな肉具材だったんですけど、スープの方向性を思うと違和感はなかったです。胡麻の食感と芳ばしい風味も豚骨スープに映えていて、しっかりアクセントの名脇役。で、なぜ製品説明に書かれていないのか不思議だったんですが、なんと背脂加工品まで入っていたんですよね。掻き混ぜてしまうと目立った主張はしてきませんが、スープのコクを深める要員として的確に寄与していました。スープに黒マー油が付いていたのに、さらに背脂加工品まで入っているなんて…なんかちょっとリッチな気分w


(標準は★3です)

製品説明も徹底して「~ニャ!」だったら面白かったんですけどw まぁそれは扨置き、決して広瀬すずさんを出しにしたような(言い方w)製品ではありません。本格的なノンフライ麺に、マイルドな路線にありながらもマー油の芳ばしさでインパクトを演出していた豚骨スープ。そして徹底的にニラ推しだった具材構成も然る事乍ら、こっそり忍んだ背脂加工品が何とも泣かせるじゃないですか。今回の取得価格を思うと、文句無しで★6即決です。なのに、何故★5にしたのかと言うと…取得当時、どうやら行き付けのスーパーが店頭で誤った値段を掲載していたらしく、しれっと数日後に税込170円まで値上げされていたんですよね。いや、それでも安いと思いますけど。一応、今回は当時の取得価格を追記に掲載しましたが、希望小売価格は205円の製品なので、コンビニ以外のチャンネルでも、一般的な平均取得価格は170円台後半から190円台になると思います。というわけで、その分を差し引きました。然し乍ら、ひとつのカップ麺として総合力が高く、かなりの満足度でしたよ。おそらくコンビニで定価購入していても、迷わず★5を付けていたと思います。本格的なノンフライ麺にマイルド豚骨+黒マー油、たっぷりのニラ、これで食べたいと思った人は、どの要素にも裏切られることなく満足できる一杯になるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明星 チャルメニャ バリカタ麺 マー油豚骨 (1コ入)
価格:221円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram