ユーザータグ : ★★★★★★★☆☆☆(7)の記事 (1/10)

エースコック「一度は食べたい名店の味 つじ田 奥の院 行列必至の煮干し醤油らーめん」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「サッポロポテトバーベQあじ 焦がしバター味」です。こいつはマックスバリュで捕獲したんですけど、イオン系列店舗限定のサッポロポテトなのでしょうか。開封すると、ほんのりバターの香りが漂ってくるのですが、そこまでバターの主張は感じらません。で、実際の味は…ええ、お察しの通り、ほぼサッポロポテトバーベQあじですw ただ、何処と無く深みがあるというか、味に奥行きがあるというか、焦がしバターっぽい芳ばしさは弱かったんですけど、バターのコクは味に寄与していて、でも引き立て役に徹している、一見すると地味で面白味のない映りは否めなかったものの、食べ進めると本家との違いがハッキリと感じられました。甘塩っぱい系ではありませんが、はちみつパウダーの下支えも効いてますね。基本はサッポロポテトバーベQあじなんだけど、確かな違いの感じられる、ちょっとだけリッチな雰囲気のバーベQあじでした。


さて、本日の一杯は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 つじ田 奥の院 行列必至の煮干し醤油らーめん」です。ここ最近の「一度は食べたい名店の味」シリーズは、「つじ田」「ど・みそ」「麺処 花田」と、味噌ラーメンが3連チャンだったんですけど…やっとこさ脱却しましたねw ちなみに「つじ田」は前述したリンク先の「味噌の章」に続き、同シリーズ2回目の登場ですが、昨年の5月に単発で「つじ田監修 魚介豚骨らーめん」というカップ麺がリリースされていて、当ブログでは厳し目の評価でした。今回は豚骨ではなく醤油なんですけど、ちょっと懸念を感じていたり…でも魚介の旨味は印象が良かったんですよね。今回は煮干し醤油とのことなので、煮干の存在感に注目。基本、エースコックはバランス型に仕上げてくる傾向にある為、煮干の強烈なインパクトよりも丁寧な旨味に期待しながら、煮干特有の癖やエグ味に対しての期待値は低めの設定で食べてみたいと思います。





スープは、「ポークをベースに煮干の旨みをしっかり利かせた醤油スープ」に、「濃厚な煮干の旨みや風味に鶏油が加わり、苦みだけではなく、まろやかでコクのあるスープに仕上げてい」るとのこと。こ、これは…ま、まさに…プリンタイエクスペリエンス!w(痛風心配体験w)いやいやいや…このインパクトには虚を衝かれましたよ。まずスープの色からして煮干色なんですけどw 実際の味わいも然り。エースコックらしく煮干の旨味を重視した手堅いバランス型で纏めてくるかと思いきや、煮干の頭や内臓など、容赦無く丸ごと粉砕したかのような煮干感。舌が萎縮するようなエグ味こそ感じられなかったものの、煮干特有の癖は遠慮せずストレートに打ち出していたし、このインパクトであれば煮干好きも素直に満足できるでしょう。煮干を題材としたカップ麺は数あれど、ちょっと並みのレベルではなかったです。確かに鶏油のコクも存在しているのですが、サポート要員に過ぎず、兎にも角にも煮干推し。やや節系の芳ばしい風味も感じるんですけど、こちらもサポート要員に過ぎず、あくまで旨味の相乗効果を図る為の下支え的な役割。で、節のタイプは体感的に “鰹よりも鯖の含有量が多い” ですね。これによって節系の膨よかな芳ばしさが味に深みを生みつつ、若干の鯖節らしい癖が煮干の癖と手を取り合って、煮干のポテンシャルを引き出しています。食塩相当量の数値は高めですが、闇雲に刺してくるような食塩の塩気ではなく、煮干を大量に使用しているが故の必然的な塩分濃度の高さというか、ちょっと食塩のニュアンスとは違うんですよね。もちろん数値に比例して、それなりに後半は塩気が蓄積されてくるものの、それも煮干の一興と思えるような印象に寄与していた為、ネガティブではありませんでした。

めんは、「歯切れの良さと適度な硬さが特長の角刃の中細めん」に、「適度な味付けをおこない、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。粘り気よりも歯切れの良さを重視した加水率の低い白っぽい油揚げ麺で、ラーメンという響きよりも中華そばというニュアンスが似合いそうな雰囲気。いや、私の漠然としたイメージですけどw そんなイメージは扨置き、実際に煮干が強烈に効いたスープと加水率の低い中華そば系の麺は相性が良く、これまた自分の中にある漠然としたイメージで申し訳ないんですけどw 煮干の強いスープには加水率の低い麺が合う、というバイアスがあるので、ほんとドンピシャの相性でした。強烈な煮干の香りで油揚げ麺臭も気にならなかったし、まさにベストマッチと言える取り合わせだったと思います。

かやくは、「程良く味付けした焼豚、メンマ、色調の良いねぎ」とのこと。具材の構成は頻繁にエースコックのタテ型カップ麺で目にする汎用的な内容ですが、焼豚は例の価値が見出せない程良く味付けした肉そぼろとは違い、そこまでネガティブな印象は感じられず、希望小売価格を思えば余裕で及第点。メンマはサイズこそ小振りではあったものの、まず特有の発酵したような風味が強く、味付けの塩梅も濃いめ。その発酵感と濃いめの味付けから、強烈なスープに埋没することなく、またメンマ特有の風味とスープの煮干感がベストマッチ。ネギは薬味系の細かくカットされた小葱タイプだったんですけど、歯触りに存在感があって、量も多め。で、このアクセントが何気に効果的だったんですよね。スープの強烈な煮干の間に小葱の食感と風味が入ることで、煮干一辺倒にならない工夫となっていました。


(標準は★3です)

スープの核として軸に太い煮干が一本通ったようなタイプではなく、煮干の魚群が怒濤の如く押し寄せてくるようなインパクトを打ち出していた強烈なスープには、良い意味で裏をかかれました。この強烈なタイプの煮干感は東洋水産が得意とするジャンルなんですけど、その東洋水産が本気を出した時に匹敵するレベルです。以前、エースコックが「MEGAニボ」という煮干推しのカップ麺をリリースしていましたが、あの時よりも強烈でしたね。具材の汎用感こそ否めなかったものの、それぞれの具材から感じた役割には価値が見出せたし、加水率の低い中華そば系の油揚げ麺も強烈な煮干推しのスープと相性抜群で、メーカーの希望小売価格は205円ですよ。しかもコンビニ限定レベルの強烈なインパクトを放っていたにも関わらず、販路はコンビニ限定じゃない。これはもう煮干系のラーメンが好きな人は絶対に食べておくべきです! 反面、そもそも苦手な人は手に取らないかとは思いますがw 煮干系のラーメンがダメな人は絶対に回避しましょう。ええ、間違いなく悶え苦しむことになります。★の数は6にするか7にするか最後まで迷ったのですが、食べ終わる頃になっても勢いを弱めることのなかった強烈な煮干のインパクトと、コストパフォーマンスの高さを評価して、今回は定価で1ケース箱買いしても損ではない…と、素直に思えた為、★7とさせていただきました。もちろん箱買いの強要はしませんけど、煮干系のカップ麺が好きな人は1度触れたが最後、何個か買い置き決定だと思いますし、販売期間内に食べておかないと後悔することになると思います。ちょっとエースコックらしからぬというか、近年稀に見る強烈な煮干推しの一杯でした。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

明星食品「明星 らぁ麺やまぐち監修 辣式まぜそば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ハウス食品の「オー・ザック 台湾まぜそば味」です。オー・ザックの変わり種は基本的にジャンクな味付けで美味しいんですけど、「○○味」って言われても「そうか?」って時が多いイメージも並行して強かったりするんですよねw で、今回も然り。目を瞑って食べさせられたら、ズバリ台湾まぜそば味と答えるのは難しいかもしれません。でも…美味しいw 魚粉の主張は強くありませんが、きちんと肉味噌を彷彿とさせる旨味があって、ニラの風味と強めにニンニクがガツンとパワフルに効いたパンチのある味わい。そして辛口とは言えないものの、カラムーチョくらいにはピリ辛です。いやいや…これかなり美味しいじゃないですかw 相変わらず人工的でジャンクな旨味が中心を陣取っているのですが、オー・ザックでの人工的でジャンクな旨味は単純に加点要素ですし、ちょっとクセになる仕上がりでした。ビールとの相性もバッチリだったので、ビール党は勿論、刺激的でパンチのあるジャンクなスナック菓子が好きな人は、ぴったりハマれると思いますよ。


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 らぁ麺やまぐち監修 辣式まぜそば」です。「らぁ麺やまぐち」と言えば、同社の「らぁ麺やまぐち監修 芳醇醤油鶏そば」や、東洋水産の「縦型ビッグ やまぐち 鶏そば」など、ラーメンの再現カップ麺は過去に2回(多分)あったんですけど、汁なしは今回が初めて(多分w)ですね。「辣式」いやいや、素晴らしい響きじゃないですか。パッケージの左下にも「小さなお子様や辛味が苦手な方は十分ご注意ください」との注意書きがありますし、刺激にも期待したいところ。ただ、大盛り(麺130g)なんですよねコレw 出来ればレギュラーサイズも同時に発売して欲しかったりするんですけど、やっぱり捌くのに効率が悪いのかなぁ…ちなみに「らぁ麺やまぐち 辣式」は、「2015年に東京・東陽町にオープンし」て、「ミシュランガイド東京2015~2017にて3年連続掲載の1号店に続き、開店1年にして "ミシュランガイド東京2017" に掲載された話題の店」だそうです。そんな有名店の看板メニュー「麻婆まぜそば」の味を再現したとのことなので、それなりに実食前の期待値は高いですよ。って…私の期待値に興味ないですかねスイマセンw(実食前のテンションって結構評価に響くので、あくまでも参考までに。)





ソースは、「チキンエキスをベースに唐辛子と豆板醤で辛味をつけた醤油ダレ」に、「店主のこだわりの隠し味でコクを加え、花椒オイル、辣油を合わせた、辛いのにあとをひく味わい」とのこと。辣(唐辛子)式という割に辣味は控えめで、一般的に見ても中辛程度だったと思うんですけど、特筆すべきは花椒の刺激(麻味)ですね。山椒の痺れを増幅させたような花椒のビリビリとした刺激に慣れてない人にはとっては、おそらく厳しいレベルです。ふりかけに結構な量の花椒が入っていて、それが前面で主張してくるのですが、決して麻味一辺倒な仕上がりではなく、きちんとコクの感じられる好印象な仕上がり。動物系の要素はチキンエキスがベースになっていて、さらに豚エキスやビーフエキスなどがフレームワークを支え、動物系の旨味には層が感じられます。店主こだわりの隠し味は、原材料の末尾に記載されている、麻辣醤,豆板醤,オイスターエキス,醸造酢あたりでしょうか。一見すると担担麺に通じる面持ちを感じるのですが、担担麺の核をなす一角とも言える芝麻醤は原材料に含まれておらず、胡麻の丸みを帯びたマイルドなコクと刺激の対比で魅せる担担麺とは異なり、糖類による甘味と刺激の対比はあるものの、こちらは只管にシャープな路線だったので、その表情には明白な違いがあります。麻辣醤とオイスターエキスが本格さを演出し、豆板醤が和味噌とは違う発酵感を付与すると同時にシャープさに磨きをかけ、繊細な醸造酢の酸味がアクセントに効果的。兎にも角にも今回は花椒が突き抜けた存在感を放っていたのですが、その麻味によるインパクトも然る事乍ら、花椒の “効かせ方” というのも実に秀逸で、ふりかけに含まれる粉末状の花椒による鮮烈な香りや麻味とは若干ながらベクトルの異なる、ソースに仕込まれた花椒オイルが醸し出す深みのある麻味が重なり、花椒ひとつ取っても複数の魅力が感じられる複雑味には唸ってしまいましたよ。麻味の刺激レベルから万人にオススメできるタイプではなかったものの、刺激のインパクトだけでは終わらない総合力の高さと緻密な仕上がりから、確実にコアな固定ファンを獲得するであろう中毒性を感じる完成度の高い味でした。

めんは、「食べ応えのある、もちもち食感の太麺」とのこと。もちもち食感というよりも、ちょっとゴワゴワした無骨な質感だったんですけど、ふりかけとソースによる花椒のインパクトが大だったので、このくらい存在感の強い麺じゃないと埋没していたと思います。それにゴワゴワ系とは言え、やや加水率の低い歯触りと、少し硬めの食感が後半にかけての食べ易さに寄与していて、自分でも最後まで持て余すことなく食べられたのが個人的に嬉しかった利点。もしこれが粘り気のある加水率の高い太麺だったら、後半にかけてズッシリし過ぎるというか…いや、あくまでも自分の場合ですけどw でも歯応えがあって食べ応えは感じられたし、ソースとのバランスも良く、取り合わせに難は感じられませんでした。麻味の刺激が強かったからか、油揚げ麺特有の風味もネガティブに作用してなかったです。むしろ油揚げ麺特有の甘味とソースの刺激がイイ感じで、本格的だけどジャンク。カップ麺らしいジャンクさのメリットと、有名店監修という本格さのメリットが両立しているようなバランスというか、そういったマニア的な目線から切り込んで見ても緻密に計算して練り上げられているような背景が見えるというか…深読みし過ぎですかねw なんにせよ、今回のソースとは相性バッチリでしたよ。

かやくは、「角切りの味付け肉」に、別添で「ネギ、チリ、ペッパー、花椒を組み合わせた、香りにこだわったふりかけ」付とのこと。角切りの味付け肉は、カップヌードルに入っている謎肉(ダイスミンチ)系のカップ麺らしいジャンクな肉具材で、よく明星食品のカップ麺でも頻繁に目撃する汎用的な内容でしたが、コレが結構ジューシーなヤツでして、しっかりとワイルドな雰囲気を演出。さらに量も申し分なく、ゴロゴロと入ってます。謎肉系の肉具材が好きな人は、これだけで評価に★ひとつプラスしちゃうんじゃないですかねw 野菜っ気はありませんでしたが、全体のシャープでワイルドな方向性に拍車が掛かっていたし、同社の一平ちゃんシリーズを始め、キャベツオンリーなカップ麺も珍しくない昨今、ダイスミンチオンリーなんて、なかなかバブリーで(え…死語?w)魅力的じゃないですか。ふりかけのネギとチリは飾り的な要員に過ぎなかったんですけど、花椒の存在感はソースの項目でも触れたように絶大で、具材に対する不満は一片も無かったです。


(標準は★3です)

花椒のインパクトに価値の見出せるカップ麺だったんですけど、単なる刺激物では終わりません。食べ始めから3口目の時点で★6は確定していたのですが、そこから徐々に見えてくる花椒の秀逸な効かせ方や、麺とソースの緻密に計算されたような相性。ジャンクな肉具材を含めた全体の方向性と、有名店監修の恩恵が感じられた本格さの両立。実に見所が多く、確実に固定ファンを獲得するであろう中毒性のある味わいから、コアなユーザー層のハートをイーグルキャッチ(鷲掴みw)して離さないようなポテンシャルの高さを加味して、★ひとつプラスしました。斯く言う自分がそうだったんですけど、花椒の麻味に価値が見出せる人にとっては、リピート必須なカップ麺になるんじゃないですかね。★7の超絶高評価とは言え、決して万人にオススメできるカップ麺ではありません。ある程度の辣味耐性を備えていて、尚且つ大盛り仕様の麺量130gどーんと来い、という人でなければ、もう結構…な、カップ麺になると思いますw 反面、ハマる人は、とことんハマると思いますよ。最近、痺れ系のカップ麺がトレンディな風潮ですが、その中でも特に秀逸な完成度を誇っていると自分は感じました。これは是非とも年に1回…いや、冬と夏に分けて年に2回くらいのペースで定期的に発売してもらいたいですね。で、可能であればレギュラーサイズの同時発売も視野に入れていただけると非常に助かります明星食品さんw しっかり刺激的、でも刺激だけに終わらず、一言では語れない。これは商品のモデルになった実際のメニュー、「麻婆まぜそば」も食べてみたくなりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明星 らぁ麺やまぐち監修 辣式まぜそば 165g×12個
価格:2,824円(税込・送料無料) (2017/3/7時点)
@楽天24


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

寿がきや食品「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」(3回目)



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「さつまいもん。 クリーミーさつま」です。この製品は販売地域にバラつきがあって、中部(富山県,石川県,福井県,岐阜県,愛知県,三重県)と、近畿(滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県)では、2月13日から。中国(鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県)と、四国(徳島県,香川県,愛媛県,高知県)と、九州(福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県)では、3月20日から。北海道と、東北(青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県)と、関東(茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県)と、中部(新潟県,長野県,山梨県,静岡県)では、4月3日からの販売となっています。そういえば、「黒糖さつま」も地域毎に販売期間が異なっていたんですよね。さて、気になる仕上がりですが、開封すると甘酸っぱいスイーツな香りが漂ってきて、味もイメージ通り。まず素材の風味を大切に、そっと砂糖が甘味を支え、クリームチーズのサッパリとした酸味がアクセントに効果的。サツマイモは厚めにカットされていて、なかなかの歯応えです。黒糖さつまは甘いと甘いの組み合わせでしたが、こちらは甘味と酸味の組み合わせなので、食べながら飽きないのも良いですね。サツマイモが分厚い為、もうちょっとクリームチーズが強めでも良かったような気もしたんですけど、ほんのりこのくらいのバランスが丁度いいのかも。しっかりサツマイモが楽しめる、でもクリームチーズで個性もある。そんな素材の味と、素材の味にマッチしたアクセントが好印象な野菜チップスでした。ちなみに「からだにおいしい」をテーマにした、「Better For You」という新カテゴリーの第1弾だそうです。つまり、私の好きな機能系スナック菓子というコンセプトなわけですな。既存の「さつまいもん。黒糖さつま」「ポテトチップス 油分ひかえめ うすしお味」「さやえんどう 油分ひかえめ さっぱりしお味」も、3月初旬から新カテゴリーに加わるみたいです。これから1年間で約10の商品を展開する予定らしいので、第2弾の登場も楽しみですね。


さて、本日の一杯は、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」です。既に毎年恒例の激辛カップ麺として有名な、カップ麺界の風物詩とも言える激辛カップ麺の金字塔「辛辛魚」普段はカップ麺を食べなくても、この商品を心待ちにしているファンの方は多いのではないでしょうか。ただ、個人的に最も秀逸な完成度を誇っていたと絶賛している2014年から、年々豚骨感が鳴りを潜め、さらには麺の小麦全粒粉もカットされ、いよいよ2017年はネギもカットされるのではなかろうか…と、危惧していたのですが、どうやら今年は全粒粉練り込みノンフライ麺が復活して、スープのバランスも見直されている模様。昨年の辛辛魚では、複雑な心境から「★7−」という中途半端な評価だったんですけど、果たして今年の辛辛魚は…





めんは、「全粒粉を配合した、コシと弾力のあるノンフライ太めん」とのこと。正直、全粒粉が配合されているからと言って、体感的に全粒粉の恩恵は体感できるレベルにありません。小麦粉に占める割合の5%配合とのことですが、まぁ気持ち程度ですね。スープが強烈なので、気にならないだけなのかもしれませんがw とは言え、麺に全粒粉を練り込むという手間隙と原材料のコスト面を考慮すると、今回の全粒粉練り込みノンフライ麺の復活には素直に好感が持てました。しっとり感が印象的な普段の汎用ノンフライ麺よりも厚みがあり、縮れは結構強め。強烈なスープに負けないようコシを重点的に強化しているのですが、質感は粘り気のある弾力よりも歯切れの良さを意識しているタイプです。なので、スープに埋没しない存在感は確保しつつ、太麺でも意外と食べやすかったりするんですよね。個人的には普段の汎用しっとりノンフライ麺が好みなんですけど、あの汎用麺では辛辛魚のスープには太刀打ちできないでしょうし、強めに施された縮れによってスープのリフト性能も高く、麺を食べている時にも激辛が体験できるイイ感じのバランスでした。

スープは、「豚骨ベースの動物系スープに、ラー油を加えた濃厚辛口豚骨醤油スープ」で、「唐辛子と鰹荒節の特製辛魚粉付」とのこと。まず懸念していた豚骨感ですが、秀逸だった2014年版ほどの厚みは感じられなかったとは言え、前回よりも動物系の旨味が増していますね。そして昨年以前と比較して魚粉の削り方が粗くなり、より魚介感がワイルドに。魚介のテイストは煮干よりも節系の含有量が多いので、煮干のシャープな攻撃性は感じられませんが、節系特有の芳ばしさがスープの重厚感を高めてくれます。写真ではインパクトのある赤山ですが、唐辛子と魚粉のミックスなので、全部が唐辛子というわけでありません。で、辛さレベルなんですけど、これは例年よりも落ちてますね。動物系の厚みと共に魚粉の主張も強くなっていたので、おそらく唐辛子の含有量が若干ながら減ったのでしょう。ただ、少なくとも辛い食べ物が苦手な人は無論、辛口ちょい上くらいならヘーキかなー、くらいの耐性値だと厳しいレベルかと思います。市販品という枠組みの中では、堂々と激辛を名乗っても差し支えないレベルでした。そして、嬉しかったのがスープのトロミ。前回ちょっとサラサラしちゃってたんですけど、今回はスープの自然なトロミが復活してます。これによって麺とスープの一体感が高まり、麺を食べている時にもスープの凶暴性をダイレクトに楽しむことが出来るんですよね。そんな粘性を不自然に思わせない動物系の厚みと、荒々しさを増した粗削りな魚粉の存在感、決して激辛が誇張ではないレベルの刺激も然る事乍ら、唐辛子特有の芳ばしさも嬉しいポイントだったし、ロースト醤油によるアクセントや、ほんのり奥から感じる甘味と激辛が描く対比など、相変わらず唯一無二の世界観を表現していたスープだったので、まさに辛辛魚ならではと言える個性的な価値の見出せるスープでした。

かやくは、「ネギ」…のみですw あのペラチャーすら入ってませんw これはもう魚粉と唐辛子のレッドマウンテンも具材としてカウントしろということなのでしょうw 前はね、海苔なんかも入ってたんですよ。まぁスープのインパクトが絶大なので、あんまり気にならなかったりもするんですけどね。欲を言えばメンマや焼き海苔を入れてほしいところではあるものの、具材にコストを割いてスープや麺のクオリティが下がったら本末転倒ですから…もういいですw 具材とかどうでもw

(標準は★3です)

まだ2014年版のズバ抜けたバランスを完全に取り戻すことは出来ていませんでしたが、年々弱くなっていた動物系の厚みは持ち直してきたように感じたし、魚粉を粗削りにしたことでスープの荒々しさが増していて、さらに全粒粉練り込み麺の復活など、2016年版よりも印象が良かったので、★7−から堂々の★7に返り咲きです。やや体感的に唐辛子の刺激が落ちてしまっていたのは残念な点だったんですけど、それでも一般的に見て激辛を名乗っても差し支えないレベルには変わりなかったですし、動物系の旨味と魚粉の荒々しさを意識したブラッシュアップには素直に好感が持てました。あともうちょっと、豚骨感を引き出せたら文句無しです。葱オンリーの具材は…まぁ、寿がきや食品ですしw 潔く諦めましょう。あの “赤い山” が具材ですw 来年は退化するのか、それともバージョンアップして帰ってくるのか、2018年版での変化も楽しみですね(栄養成分表の数値が今年の辛辛魚と全く一緒だったら笑いますけどw)あ、それから今回、熱湯の量には気を付けてください。ストイックに必要なお湯の目安量をチェックしている人は少ないかもしれませんが、量ったら355mlで喫水線に達したので、450mlも入れたらシャバシャバになると思います。で、以下謝罪…辛辛魚って「販売者」は「寿がきや食品」なんですけど、「製造所」は「加ト吉」(群馬工場)なんですね。ちょっと盲点だったので、今まで追記に書いていた製品情報欄には誤りがあるかもしれません。以後、気を付けます…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(4食入)麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん 1箱
価格:1107円(税込、送料別) (2017/2/25時点)
寿がきや食品


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

東洋水産「マルちゃん 甘ーいきつねうどん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


以前、コチラコチラの記事で強制召喚した「ポイントサイトで美味しいワイン!~貯めたポイントでワインを満喫!~」のバカワイン氏ですが、期待通り…いや、それ以上の見事なアンサー記事を投稿してくださいました。「ヱビスの限定醸造『余韻の時間』『華やぎの時間』を飲み比べてみた感想」まるでワインを愛でるかのような繊細で上品な記事のタッチが彼らしくて印象的だったし、自分の感想との違いなど、私としても非常に得るものが大きかったです。そんなビールやワインのレビューも然る事乍ら、お得なポイントサイトの情報を常日頃から発信されているので、是非ご覧になってみてくださいね。いやーしかしアレですよ、急な強制召喚にも華麗に応えてくれる彼のポテンシャルですよ。この記事作りの為に時間を掛けてくれた労力と、それに伴った見事な記事の仕上がりに改めて脱帽です。

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 甘ーいきつねうどん」です。当日を過ぎてしまいしたが、こちらもバレンタイン市場に乗せたカップ麺ですね。一見するとパッケージはカップうどんらしからぬキワモノっぽさ満載で、おどろおどろしい妖気が漂っているのですがw 「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」や、「ペヤング チョコレートやきそば ギリ」みたいな怪しさは感じていません。と言うのも、自分は典型的な婆ちゃんっ子でして、甘党の祖母が作る饂飩つゆは、いつも砂糖や味醂が多めで醤油は控えめ、昆布や煮干から取った出汁の旨味が中心の甘口薄味だったんですよね。料理の味付けは幼い頃から祖母の味付けに慣れていたこともあり、自分で饂飩つゆを作る時も甘口薄味が基本だったりするので、今回の「甘ーい」は普通に美味しいんじゃないかと。むしろ激しく自分好みの味なのではないかとw 期待に胸を膨らませております。いや、もしスイーツ路線意識して生クリームとかチョコレートとか入ってたら…ぶっ飛ばしますけどねw(誰を?w)





めんは、「コシと弾力のある、なめらかな太めのうどん」とのこと。麺量は66gなので、オリジナル(74g)よりも少ないのですが、質感は「赤いきつね」の麺と全く同じです。コシと厚みを重視している「日清のどん兵衛」と比較して、対極にあるようなノスタルジックで伝統的なタイプ。常に進化を続けている日清のどん兵衛にも素直に魅力を感じるものの、赤いきつねのほうが好き、という固定ファンは多いでしょう。つゆの詳細は後述しますが、相性の良さは言わずもがなでした。縮れてるし、そんなに耐久性があるわけでもない、でもカップ麺でしか味わえない油揚げ饂飩ならではのチープさ、これからも大切に守り続けて欲しいです。

つゆは、「かつお節・雑節・昆布・煮干しのだしをベースに、甘い味付けに仕上げた淡口醤油仕立てのうどんつゆ」で、「七味唐辛子付き」とのこと。まず甘さですが、至って常識の範囲内です。昆布や節系の出汁を意識した「関西向け」の赤いきつねをベースにして、単純に砂糖を増やして甘口に仕上げたような感じですね。つゆに醤油のキレを求めている人には手放しにオススメできませんが(そもそもパッケージの雰囲気から手に取ることは無いと思いますけどw)関西人は特に、何の抵抗も無く楽しめると思います。むしろ、え…こんなもん? と、拍子抜けしてしまうかもしれません。そして個人的に嬉しかったのは、甘味の指標。こういった甘さを意識した製品では、スクラロースやアセスルファムカリウムなど、人工甘味料を駆使して「甘い」を演出している製品が多かったりするのですが、今回はシンプルに砂糖の甘さだったので、人工甘味料特有の舌に纏わり付いてくるような野暮ったい甘味ではなかったんですよね。バレンタイン仕様だからと言って、無理矢理カップ麺にスイーツの精神を捻じ込んだようなゲテモノ感は皆無に等しかったし、激しく人を選ぶことはないだろうと思える自然な甘さから、おそらく皆さんが想像している以上にハードルの低い味だと思います。っていうか、個人的にはオリジナルよりも断然好みでしたw 七味唐辛子によるピリ辛感と、唐辛子特有の芳ばしさが甘味を帯びたスープの中でアクセントとして映えていたのですが、最初は七味唐辛子を入れずに優しい雰囲気を楽しみ、味変感覚で途中から使うのがオススメです。

具材は、「味付油揚げ、かまぼこ、ねぎ」とのこと。いつもの赤いきつねと全く同じ構成ですね。ニュースリリースの説明文では抜けてますけど、いつものタマゴも入ってます。まず油揚げですが、オリジナルよりも甘めに感じますね。もともと甘めの味付けがデフォとは言え、つゆが甘口仕様だったので、それを吸い込んで必然的に。ただ、こちらも至って常識的な甘さだったし、関西では基本的に油揚げも甘めの味付けなので、むしろ自分としては普段の油揚げよりも好みの味でした。蒲鉾と葱に特筆すべき項目はありませんでしたが、和風カップ麺らしさの演出に貢献してます。タマゴは…コレちょっと苦手なんですよねw なんかこう、食感が…w

(標準は★3です)

うん、想像通り。文句無しに美味しかったですw うどんには生醤油! という硬派な方にとっては邪道な一杯になるかもしれませんし、自分と同じく甘口薄味が基本の人にとっては何の新鮮味も感じられない味だとは思うんですけど、個人的にオリジナルの「赤いきつね」よりも圧倒的に好きな感じでしたw オリジナルのテイストは地域に合わせて、「北海道向け」「東日本向け」「西日本向け」「関西向け」の4種類あるんですけど、醤油感が控えめで出汁の旨味がメインの関西向けをベースにして、単純に砂糖の含有量を増やして甘口に仕上げたような一杯です。実際に食べたら素直に美味しい系なのに、キワモノ感満載なパッケージのインパクトで損してるんじゃないの? という思いがある反面、逆にパッケージの奇抜さが無かったらインパクト不足で無難な印象に終わりそうというか、そのくらい何の抵抗も無く美味しかったので、インパクトで言えばカップ麺ブロガー的に★3な葛藤を感じたりもしたんですけど、今回は単純に味の評価を総評に反映させました。いや、おそらく個人的な好みのバイアスが干渉して★ひとつ余分に稼いでますスイマセンw 関西向けの赤いきつねを知っている人や、ほんのり甘くて出汁の旨味を重視した優しい味付けに親しみがある人にとっては、ほんと違和感なく楽しめる一杯だと思いますよ。ひとつの変わり種として見ると、おどろおどろしいパッケージの割に中身はフツー、っていう拍子抜けな部分があったりもしたんですけど、他地域の人にとっては関西風の味付けに触れることの出来る切っ掛けになると思いますし、甘~いとは言え、決してスイーツ的な危ない路線ではなく、 “いなり寿司の油揚げ” に通じる常識的な味付けなので、むしろ人を選ばないタイプの製品かと。この仕上がりであれば、醤油のキレを重視している人でもコレはコレとして納得できるんじゃないですかね。ふざけたパッケージのデザインは置いといてw とても優れた良品だと感じました。もうね、ほんと素直に定番のラインナップに加えて欲しい。パッケージに気後れして手に取れなかったアナタ、騙されたと思って食べてみてください。奇抜な見た目とは裏腹に、中身は常識的な美味しい一杯ですよ。いやほんと、期間限定なんて言わずに「赤いきつね(taka :a 向け)」として常時販売してもらえませんk(ry


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「日清ラ王PREMIUM フカヒレスープ味」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、おやつカンパニーの新商品「ベビースター ドデカイラーメン 丸亀製麺監修 釜玉うどん味」です。コンビニでは昨年の12月から先行発売されてたんですけど、スーパーでは今年の1月23日から取り扱い開始となっていました。さて、一体 “ラーメン” なのか、 “釜玉うどん” なのか、よく分からん立ち位置ではあるのですがw 味は出汁が濃いめな感じで、なかなか宜しいです。果たして何も言われずに出されて、釜玉うどん味だと即答できるかと言われたら、ちょっと自信ないんですけど、とにかく出汁が濃い。うどんっぽいかと言われたら、これまた即答に困る感じなんですけど、とにかく出汁が濃い。甘濃い。そこに尽きるようなドデカイラーメン(うどん?)でした。釜玉うどんのイメージ的に、もうちょい卵のマイルドさなんかも欲しかったりしたのですが、とにかく出汁が濃かったです。単体で食べ続けてたら喉が乾いてくるほど濃かったですw 食塩相当量も一般的なポテトチップスの平均値から倍近い数値(2.23g)だったし、いま書きながら7枚なんですけど、もう充分かも…w 甘濃い出汁醤油っぽい味だったので、イメージとしては卵かけ御飯専用の醤油味っぽい雰囲気。あ、濃縮還元の麺つゆ? みたいな感じですかねw

さて、本日の一杯は、日清食品の「日清ラ王PREMIUM フカヒレスープ味」です。「カップヌードル リッチ」や、「明星 中華三昧PREMIUM」など、既にフカヒレがテーマのカップ麺は数回リリースされているので、ちょっとテーマの二番煎じ感は否めませんよね。ただ、前回の「海老濃厚白味噌豚骨」は印象が良かったし、希望小売価格が税別290円のアッパーブランド「ラ王PREMIUM」からのリリースということもあって、少なからずタテ型以上の高級感には期待しても大丈夫そうな予感。高くて美味しいは当たり前なので、その殻を打ち破ってくれることを願って。





は、「18番の切刃で切り出した3層ストレートノンフライ麺」で、「濃厚なスープがよく絡」むとのこと。麺は第1弾からの使い回しかと思ったのですが、16番ではなく18番の切刃で切り出したとのことなので、麺のサイズが違いますね。ちなみに麺の番手とは、製麺機の切刃のサイズのことで、数字が小さいほど太麺になります。麺自体の方向性は似ているのですが、前回よりも気持ちサイズダウンしてますね。加水率は中くらいか、やや低めに設定されていて、プリプリとした歯切れの良い歯触りと、適度でありながらも豊かな小麦感、そしてコシの強さが印象的なノンフライ麺です。これといって新鮮味を感じるようなノンフライ麺ではないものの、ノンフライ麺としてのクオリティは高く、しかも今回の濃厚なスープとのバランスが非常に良かったんですよね。やや細めの形状からスープのリフト性能が高く、縮れのないストレート状の麺ですが、中~低加水寄りの加水率からスープの馴染みが良くて、それでいて適度かつ明白な小麦感から麺が濃厚なスープに埋没することなく、まさにベストマッチと言えるバランスでした。本物さながらの生麺を意識した中華麺らしいナチュラルさにスポットを当てると、やはり東洋水産のマルちゃん正麺カップに引けを取ってしまうものの、今回のスープには正麺カップのノンフライ麺よりもラ王PREMIUMの麺のほうが合うと素直に思えたし、ひとつのノンフライ麺としての完成度も然る事乍ら、そんなスープとのバランスに至るまで細心の注意を払って緻密に計算して合わせたようなバランス感が素晴らしかったです。

スープは、「濃厚な鶏だしとオイスターソースをベースに、フカヒレを土鍋で長時間煮込んだようなとろみのあるスープ」で、「上品かつ繊細な味わいが堪能でき」るとのこと。おっと…さすがタテ型のスープとは次元が違いますね。まず動物油脂による旨味の濃度が尋常じゃないレベルにあって、もはや味のレベルはカップ麺としての域を軽く逸脱しちゃってます。さすがに1品ウン万円もするような高級中華料理店で提供されるフカヒレの姿煮と比較してはいけませんが、フカヒレを土鍋で丁寧に長時間煮込んだ雰囲気は確かに演出できていたし、極めて濃度の高い動物系の旨味から、ラーメンのスープとして違和感なく成立。この味なら中華料理店で数千円程度のコース料理に含まれる一品として提供されても、割と違和感無く食べてしまうかもしれません。どんぶり型の中華三昧だけ食べ損なってしまってるんですけど、これまでリリースされたフカヒレ系のカップ麺の中でトップクラスなのは間違いないでしょう。上品かつ繊細な味わいと書かれていますが、それでいてダイナミックな臨場感も兼ね備えていて、旨味の濃度は濃くありながら、塩気の強さに体感的なネガティブさは感じられません。かなり重厚感のある動物系の旨味と、スープの濃度を飛躍的に高めていたゼラチン質のトロミも効果的で、きちんとベースのスープが濃厚さの指標を履き違えていない為、全く以てトロミも不自然ではないんですよね。ちなみにタレ的な要素に醤油や味噌は使用されておらず、味付けはオイスターソース1本に任せているほど潔い構成。そのシンプルさが功を奏し、オイスターソースの深い味わいがスープの本格さを高めてくれていたし、高級中華を彷彿とさせるような味わいから、ついにカップ麺の限界を超えてしまったような高級感が漂っていました。たしかにパッケージからして徒ならぬオーラを醸し出してはいましたが、自分の想像を遥かに超えていて、もはやカップ麺らしくなかったです。

具材は、「チンゲン菜、カニ風味かまぼこ、キクラゲ、フカヒレ風具材」とのこと。青梗菜は食感が良く、しっかりと特有の風味も感じられ、濃厚なフカヒレスープとの相性は抜群。カニ風味かまぼこは見た目的な作用がメインに思えたのですが、やはり赤の彩が入ると見た目のアクセントに嬉しいですし、時折ふと感じるカニ風味と魚介練り製品の旨味は味のアクセントに寄与していました。キクラゲも青梗菜と同じく中華系のスープと申し分の無い相性だったし、こちらもコリコリとした食感が濃厚なスープの中で箸休め要員として効果的な存在に。しかもキクラゲは量が多く、質量的な満足度も高かったです。お馴染みフカヒレ風具材はゼラチンを加工したもので、フカヒレ由来の原材料を使用した具材ではありませんが、「カップヌードル リッチ」よりもサイズが大きめでしょうか。可能であれば姿煮を意識した形で成型してもらいたいものの、もともと本物のフカヒレもゼラチン質なので、そういった意味では再現性に違和感のない具材だったりもするんですよね。解された状態なので、高級感的には減点なんですけど、きちんと雰囲気の演出に貢献してくれていました。肉具材は入っていませんが、ここに肉は野暮ってもんでしょう。

(標準は★3です)

カップ麺ブロガー的には二番煎じ感満載のテーマに不満を感じたりもしたんですけど、ちょっとねぇ…高級感がハンパじゃなくてw もはや異様な完成度の高さから、★の数は落とせませんでした。コンビニなどで定価購入してしまうと税込価格300円オーバーのカップ麺になるので、同じフカヒレだとコスパ的には「カップヌードル リッチ」に軍配ですが、流石ラ王PREMIUMの名は伊達じゃなかったです。値段が値段の製品になりますが、この味ならコンビニで定価購入しても文句を言う人は少ないのではないでしょうか。それにコンビニ専売品というわけではありませんから、スーパーやドラッグストア、ディスカウントショップなどで購入すれば、税込300円以下で捕獲可能だと思いますし(ちなみに近所のスーパーでは税込277円で売られてました)値段のハードルを踏まえてフカヒレスープ味という高級感に期待しても全く裏切りを感じさせないような仕上がりだったので、当ブログでは文句無しでオススメしたいと思います。第1弾の印象も良かったんですけど、このラ王PREMIUM、カップ麺を逸脱した高級感を本気で極めようとしてますよね。一時期はシリーズ全体を通して低迷を感じていたラ王でしたが、2017年は一気に巻き返してくれそうな予感。いやーそれにしても今回は某北斗の長兄並みにオーラのある一杯でしたw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram