ユーザータグ : ★★★★★★★★★☆(9)の記事 (1/1)

ヤマダイ「手緒里庵 手延そうめん」



本日2回目の更新で、引き続き「手緒里庵」シリーズです。

さて、本日二杯目のカップ麺は、ヤマダイの『手緒里庵 手延そうめん』です。この製品は数量限定ではなく常時販売のカップ麺なのですが、なかなか見つからず…と、思ってたらいつも買物で利用している近所の普通のスーパーで普通に売ってましたw 灯台下暗しエクスペリエンス!(JoJo氏インスパイア)カップそうめん自体、他のジャンルと比べてかなり出番が少ないんですけど、そんな中で常時販売のレギュラーラインナップにあるというコチラの製品。しかも我らが(「播州」は比較的近いのでw)「揖保の糸®」使用ですよ!実は今回で2回目の実食となるのですが、この「手緒里庵」シリーズはやっぱり反則ですね…。詳細は本文で。





は、『手延素麺「揖保乃糸」を使用』し、『手延べ素麺ならではの滑らかな舌触りとコシがあって歯切れの良い食感を当社独自のノンフライ製法で実現し』たとのこと。結果から言いますと、完璧です。桐の箱に入っているような揖保の糸(揖保の糸にも色々とランクがある)と比べると、当たり前ですが多少の差は感じます。しかし、一般的に市販されている揖保の糸との体感的な差は全くと言って良いほどありません。実際の素麺も乾麺に該当するわけですが、比較しても何ら遜色の無い仕上がりです。鍋で茹で上げた素麺と比べても違和感は微塵も感じられません。あの揖保の糸を使っているから当然と言えば当然なんですけど、それを湯戻し3分で忠実に表現することに成功したヤマダイの技術力の高さに驚かされました。手延ならではの口当たり,舌触り,歯切れの良さ,細さ,香り,風味,見た目のどれを取っても文句の言いようが無く、紛れもなく「そうめん」です。しかも一度水で締めたかのような歯切れの良さがあるので、温かいまま食べる煮麺の麺が柔らかくなってしまうという弱点も克服。逆にあの柔麺がいいんだ、って人は湯戻し時間を1,2分ほどプラスすれば良いわけですから、本当に完璧ですよ。ただ、塩気だけは実際の揖保の糸よりも控えめになっていました。私には加点対象ですけどね。

スープは、『枕崎産の鰹だしを贅沢に使用し利尻産の昆布エキスと合わせて旨みを効かせ、本醸造のしょうゆを加えて後口すっきりに仕上げ』たとのこと。鰹による魚介ダシの風味と昆布の旨味を軸に醤油で香り付けを施し、ほんのりと甘味を感じるような関西人好みの優しい味わいです。万人が楽しめるかどうかは個人的な好みが関わってきますが、煮麺(にゅうめん)の繊細な雰囲気にはこの味しかない、と私は感じました。原材料も非常にシンプルで、実際の味わいも実直。繊細で優しい味わいというのが功を奏し、本格的な素麺の香りと風味をしっかりと味わうことができました。それから具材の和布蕪(めかぶ)が味に大きく寄与している部分があって、ベースにある昆布の旨味を助長。時間の経過と共に素麺の香りや和布蕪の風味が滲み出してきて、それがかなりオツな感じでした。匙加減は申し分無かったです。これじゃちょっと物足りないなぁ…と感じた人は、途中でチューブのおろし生姜なんかを入れると良いでしょう。よく自分は家煮麺のときにするのですが、ちょっとだけ胡麻油を垂らすのも意外にイけますよ。でもこのカップ麺では素麺の香りを最大限に楽しむためにも、できればこのまま最後まで食べてもらいたいですね。別に私が開発したわけではありませんがw

かやくは、『三角揚げ、小ネギ、めかぶ、花麩』とのこと。メインに三角揚げを持ってきて、花麩が一輪華を添え、小葱で風味のアクセント。さらに和布蕪(めかぶ)によって一捻りある個性を打ち出す、というのがニクい演出。具材構成はシンプルなのですが、それぞれに意味と役割があって、それがきちんと感じられたため、全く不足感はありませんでした。むしろ題材が煮麺(にゅうめん)なので、このくらいシンプルな方が却っていいですね。三角揚げはほんのり甘めの味付で、ジュワッとジューシー。インスタントの油揚なのに油揚特有の芳ばしさがあり、なかなかどうして本格的。小葱は乾燥具材の枠を出ないものでしたが、きちんと風味がありました。そして和布蕪、これは素晴らしいですよ。糸を引くほど粘り気がきちんとあって、味もちゃんと和布蕪の味がします。再現度は本物さながら。スープの項目でも書きましたが、繊細なスープの味わいにも大きく寄与している部分があって、ワカメではない事にも新鮮味を感じたし、煮麺の雰囲気ともドンピシャでした。お麩も生麩でなけでば市販のものは乾燥されていますし、再現度に関しては言うまでもないでしょう。見た目にも華を添えてくれていたのが良かったです。麺,スープと同じく、文句を言わせ無いような内容でした。

(標準は★3です)

文字通り「完璧」です。小葱を生の小葱とすり替え、あとは黙って丼に移して提供すれば、おそらくカップ麺であることに気がつく人はまずいないでしょう。ネックは麺の量なのですが、それを補って余りあるほどのチカラがありました。カップ麺界に於ける「ベストオブそうめん」と言っても過言ではないでしょう。素晴らしかったです。基本的にカップ麺はいくら本物に近づけようとしても、あくまで「カップ麺として」というのが頭に付くものですが、コレは「本物」と言っても差し支え無い仕上がりでした。麺,スープ,具材のバランスが緻密に計算されていて、それぞれのクオリティもカップ麺の常識を覆すようなもの。全体的に文句のつけようが無かった、というのが悔しかったですw それからこのカップ麺はダイエット指数も高く、麺の量が少ないからという理由もありますが、カロリーは182kcalで、脂質はなんと0.6gという低さ。さらに原材料が非常にシンプルなこともあって、アレルギー物質の表示が義務付けられている27品目中、含まれているのは小麦と大豆の2種類のみ。但し、同社の製造ライン中に蕎麦があるので、蕎麦アレルギーの人は要注意です。この「手緒里庵」シリーズは麺のクオリティを筆頭に、蕎麦,素麺のどちらも反則レベルのクオリティなのですが、特にこの「手延そうめん」はカップ麺の範疇を軽々と超えていました。空腹感マックスでガッツリとイきたいときはオススメできませんが、優しい味が恋しくなったとき、ちょっと小腹が空いたとき、ダイエット中の人、呑みの後の〆なんかにも最適だと思います。そして本格的な煮麺が食べたい気分の時、決してその期待は裏切らないでしょう。最近発売されたカップ麺ではありませんが、これは一種の革命だと思います。参りました。この技術を応用して、「梅そうめん」の開発も是非お願いしたいところですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

セブンプレミアム「地域の名店 博多だるま」



今年も「Mini Moto 4h耐久ロードレース」に出場するため、4月12日の本戦に備え、今日から友人と共に鈴鹿へ行ってきます。練習走行と移動時間も考慮し、3泊4日。私はお手伝いなんですけどね(笑) というわけで、本日の記事は予約投稿です。

さて、本日の一杯は、セブンプレミアムの『地域の名店 博多だるま』、製造者は明星食品です。2007年7月23日から発売されていて、最終リニューアル日は2014年9月29日とのこと。販売地域は近畿以西となっています。何を隠そう「地域の名店 博多だるま」これこそが私のマイベストオブカップ麺なんです!未だ嘗てこれを超えたカップ麺に出会ったことがありません。しかし、それは2014年に行われたリニューアル前の話。麺も今までは、バリカタ,硬め,普通(1分半,2分,3分)と湯戻し時間をユーザー側で調整できるという工夫が凝らされていたのですが、最終リニューアルから2分と固定になっているのがちょっと引っかかりますね。リニューアル後の製品は今回の実食が初となるのですが、写真で見ると焼豚も四角いものから丸型に変わっているようですし、何より最も懸念しているのは、あの豚骨特有のクセやスープのザラついた舌触り、豚脂の風味や豚骨臭などが失われていないかどうかということ…。あーなんかドキドキする。ちなみにリニューアル前の製品は記事になっていませんが、★をつけるとしたら文句無しの「★9+」です。





は、『2分で戻す硬めで歯切れのよい極細ストレート麺』で、『独自の配合で博多特有の食感を追求し』たとのこと。博多麺の質感を見事に再現しています。やはりこの手の麺に関しては、完全に明星食品の独擅場ですね。他社の追従を許さないような出来栄えです。博多麺らしい爽快な歯切れの良さに、ややボソッとした低加水麺特有の独特の粉っぽさまで再現しているのが素晴らしいですね。その粉っぽさによって小麦の甘味もより豊かに感じられ、鼻を抜けるような強い小麦感が印象深く、豚骨スープとの相性は最高でした。替え玉プリーズw ちなみに私は撮影時間などのタイムラグがあるため、この手の麺は熱湯0分調理で食べます。今回は湯戻し時間が2分と固定指定されていますが、リニューアル前は1分でも食べられた麺ですから、まあ問題ないだろうとw(※熱湯0分調理:最初にフタを完全に剥がしてしまい、あらかじめ湯煎しておいたスープなどの内容物を熱湯を注いだらすぐに入れて調理してしまうこと。)バリカタ好きにオススメの調理方法です。

スープは、『豚骨をふんだんに使用した炊き出しスープを使用し、豚背脂を浮かせた濃厚な豚骨ラーメンスープに仕上げ』たとのこと。懸念していた不安要素が見事に的中…。リニューアル前よりも明らかに豚骨臭が控えめになっていて、若干ですがスープが軽くなったような印象を受けました。そもそもリニューアル前が秀作過ぎたんですけどね。それでも既存のカップ麺の豚骨スープと比較すると、まだまだクセのある部類に入りますし、豚骨臭が控えめになったとは言え、何とか牙は残っていました。まず明確に豚骨が中心となっていることが分かり、豚骨特有のコクのある甘味、豚脂の風味、鼻につくような豚骨臭、骨粉を思わせるザラつき、こういったクセのある豚骨感は数あるカップ麺の中でも圧倒的だと思います。スープを飲み干すと底に骨粉を彷彿とさせる粒子が溜まっていて、食中もややザラついた舌触りが豚骨感をブースト。卵殻カルシウムがこのザラつきのある舌触りを演出しているのだと思いますが、スープの豚骨感が強いため、ほんとに骨粉が入っているかのような錯覚を起こすんですよね。背脂特有の甘味と粒感にも印象深いものがあります。表面には豚脂による厚みのある油膜が張っていて、油脂感の強いこってり系なクセのある豚骨スープなので、人、選びますよ。なーんて褒めてますけど、やっぱりリニューアル前ほどの勢いを感じられなかったショックは大きいですね…。

かやくは、『チャーシュー、キクラゲ、ネギ』とのこと。チャーシューは四角型から丸型に変更されていて、おそらくコスト削減のために汎用性の高い丸型のものが採用されたのだと思います。以前の四角いチャーシューには明確な個性がありましたが、こちらは言ってしまえばハイエンドカップ麺によくあるチャーシューですね。とは言え、以前の四角いチャーシューには劣りますが、脂身の部分は特有の甘味があったし、ちょっと濃いめの味付に旨味がギュッと詰まった感じで、それなりに美味しかったです。ある程度の厚みもあったし、一応、枚数も2枚入ってます。キクラゲはコリコリ食感できちんと存在感があり、量もたっぷりで好印象。そして後入れのネギですが、これでもかー!ってくらい入ってます。後入れということで香りも風味も良かったし、麺にたっぷり絡めながら食べても、これでもかー!ってくらい入ってるので、遠慮なく楽しむことができますよ。品数はシンプルですが、たっぷりキクラゲと大量のネギが健在だったのにはホッとしました。

(標準は★3です)

「本店」ではなく「支店」で食べているような感覚に陥りました。リニューアル前のラーメンが本店のラーメンで、リニューアル後のラーメンは支店のラーメン。支店は少し大人しくなって客層を広げているが、本店はもっとすごいんだぞ、みたいな。リニューアル前よりも評価が落ちてしまったのは、豚骨臭を含め、リニューアルによって全体的に少し軽くなったような印象を受けたからです。栄養成分表の数値を見ても、全体的に各項目の数値は低くなってますし、今回のリニューアルは改良というよりもコスト調整をしたのでしょうね。これは★の数を落とさざるを得ないかと最後まで迷ったのですが、控えめになったとは言え、これほどの豚骨感を味わえるカップ麺は他にありませんし、原材料の高騰や増税、各社製品の値上げなど、煽りの厳しさは承知していますから、今回のコスト調整も致し方ないということで、現段階ではこのような評価とさせていただきます。あのTPO御構い無しに撒き散らしていた豚骨臭が控えめになったのは残念でなりませんが、スープはそんじょそこらのヘタなラーメン屋さんの豚骨ラーメンよりも美味しいと思うし、麺の出来も秀逸で、まだ嘗ての「だるま」らしさは残っていましたから。ほんとは厳しい目で見ると、★7って感じなんですけどね…。今後のリニューアルによって、これ以上豚骨の要素が控えめになるようであれば、次回は厳しく評価したいと思います。っていうかこのカップ麺のイメージをこれ以上崩したくないから、もしも落ちてたら記事にはしないかも…。今後もこのようにコスト調整されていくのかもしれませんが、この牙のある豚骨スープだけは一定のラインを何とか保ってもらいたいものです。こういったハイエンド商品は、品質を落として価格を維持するのではなく、価格を上げてでも品質と個性を維持していくことのほうが重要だと私は思うんですけどね。少なくとも私と同じようなタイプの豚骨好き&カップ麺好きは、たとえ高くてもこのカップ麺でしか味わえないようなクセとインパクトを楽しみたいと思っている筈です。このカップ麺に関しては、個人的な好みから評価に多少のバイアスがかかっていると思いますが、そこは見逃してやってください(ぺこり)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram