明星食品「明星 ぶぶか 醤油豚骨らーめん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「ポテトチップス 手羽先唐揚げ味」です。「名古屋の味」と銘打って、手羽先の唐揚げをテーマにした新商品なんですけど、前にも何度か発売されていたようですね。自分の中では名古屋=味噌のイメージが強いからか、ほんのり味噌の風味が漂う甘辛いテイストに漠然と感じられた名古屋らしさw そんな味噌の香る甘辛いタレに、適度な胡椒のアクセントがイイ感じ。きちんと手羽先のタレを彷彿させる仕上がりから、イメージとのギャップは感じられなかったものの、欲を言えば胡麻の芳ばしさもあるとモアベターでしょうか。やはり手羽先の唐揚げと言えば、白胡麻の存在はマストでしょ。そこに若干の惜しさを感じてしまったんですけど、そのアクセントが欲しくなったということは、それだけ味の再現度が高いという評価の裏付けになる不満なのかもしれません。それから名古屋メシって味が濃いイメージも強かったりするのですが、そんなに尖ってなくて食べやすかったです。味噌のアクセントが良かったなー、味噌。食べる前は、よくある唐揚げ系との差別化が図れているのか不安もあったんですけど、味噌の風味が名古屋らしさに寄与していて、きちんと地域性の感じられる変わり種でした。


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 ぶぶか 醤油豚骨らーめん」です。これまで「ぶぶか」コラボのラーメンと言えば、大盛バケツ型が基本だったんですけど、今回はタテ型での登場。麺の仕様変更に不安を感じているのですが、果たして…あ、それから「豚骨醤油」じゃなくて「醤油豚骨」というタイトル。うーん、食べる前から不安が多いぞw あ、でも「こってり背脂入り」は、背脂のタイプが気になるなー。ちなみに、「お店では食べられないオリジナルメニュー」だそうです。





めんは、「しっかりと弾力のある中太麺」とのこと。これまで大盛バケツ型に使われていた麺は縮れが少なくて、断面は丸く、豚骨スープと相性が良いタイプの細ストレート麺だったんですけど、これまでとは打って変わって方向性は一変。歯切れの良さよりも粘り気や食べ応えを意識していて、断面は四角く、縮れも強めの平打ち麺です。カップヌードルの麺をベースに密度を上げて、サイズアップしたようなイメージでしょうか。ただ、耐久性に関してはカップヌードルとは比べ物にならず、熱湯5分にしては細めにも思えたのですが、きちんと時間を守っても程よい弾力が得られたし、熱湯に対する経時劣化耐性も高く、最後まで食べ応えのある弾力が持続していたことにレベルの高さを感じました。今回のスープとのバランスにも特に目立った問題は見受けられませんでしたが、ぶぶからしからぬというか、イメージ的には普段の細ストレート麺で食べたかったのが本音ですけどね。でも麺単体としてのクオリティは、なかなか高水準なレベルにあると思います。

スープは、「まろやかで濃厚な豚骨スープに、醤油を加え、にんにくのパンチのあるオイルを合わせた、醤油豚骨スープ」とのこと。冒頭で触れた「醤油豚骨」(醤油と豚骨の順番)ですが、特に醤油が激しく主張しているわけではなく、適度な豚骨感に適度な醤油。そんなバランス型の塩梅には好感が持てたものの、裏を返せば没個性な印象を受けるスープです。と言うのも、ぶぶかと言えば強烈なニンニクというイメージが我々一部のカップ麺ブロガーには定着しているのですが、別添のオイルからニンニクの存在は感じるものの、その主張は至って常識の範囲内で、ベースの豚骨は確かな動物系の厚みがありながらもクセの無いマイルド系。かえし(醤油)の主張も程よく、それぞれ要点になるポイントが、良くも悪くも “適度” なんですよね。これによって取り立てた欠点は感じられず、ややニンニクの効いた醤油豚骨スープとして問題なく美味しいかったんですけど、ぶぶか監修の個性がイマイチ打ち出せていないように感じてしまいました。まぁ個人的には好みの…というか、どストライクな味だったんですけどねw スナック的でカップ麺らしい味。

かやくは、「キャベツ、ダイス肉、タマゴ、ねぎ」とのこと。ぶぶか監修のカップラーメン版では、お馴染みのラインナップですね。製品説明には記載されていませんが、かやく(原材料)の項目には背脂加工品も具材としてカウントされています。キャベツ,ダイス肉,タマゴ,ネギに関しては、これといって特筆すべき点はありません。スープに凶暴性が無かったので、キャベツは取り敢えず。ダイス肉はカップ麺らしいジャンクな肉具材で、ここは素直に好印象。カップヌードルに入っている謎肉が好きな人には嬉しい具材になると思うのですが、有名店監修らしいリアリティの感じられる具材ではありません。とは言え、全体のスナック感と、ぶぶかのイメージ的に、これでオッケーなんですけどね。ほんのり甘味を帯びたタマゴも明星食品らしく、普段通り美味しかったです。そして背脂加工品ですが、意識的に食べてみるとプニプニとした背脂らしい舌触りと、特有の甘味が感じられ、なかなかの完成度。それなりに量も入っていたし、これは是非とも汎用して欲しいですね。ぶぶか監修のカップ麺なので、ガーリックチップ系の具材も入ってると嬉しかったんだけどなー。あ、地味にネギの風味と歯触りがアクセントに良かったです。

(標準は★3です)

今回は良くも悪くも普通に美味しいというか、ぶぶか監修の個性を感じられなかったのが少し残念でした。いつもとは方向性が真反対とも思える油揚げ麺に、美味しいのは美味しいけど没個性な印象が否めない醤油豚骨スープ、具材には普段通りの安定感が漂っていたものの、麺とスープがフツーだったので、まぁ具材もフツー、みたいな。結果的な仕上がりとしてはイマイチではなかったんですけど、ぶぶかコラボ的にはイマイチかもしれません。然し乍ら本格志向の再現カップ麺とは敢えて真逆を向いているようなカップ麺らしいスナック感はカップ麺ならではと思える嬉しいポイントだったし、麺,スープ,具材の歩む先は同じ方向にあった為、目立った欠点も感じられず、ほんと素直に美味しかったです。もしこれが期間限定商品ではなく、何らかの形でリリースされた通年商品であれば、文句無しで★5だったんですけどね。たとえ単純な手法であったとしても、せめてニンニクをゴリゴリに効かせてくれていたら “ぶぶからしい” と思える個性とインパクトが演出できたと思うので、次回作に期待。あ、でも背脂加工品は完成度が高かったので、それは記憶に残りました。兎にも角にも没個性感が最後まで否めなかったものの、取り立てて欠点を感じるような仕上がりではなかったし、単純に価格帯と味だけで言えば★5でも差し支えない美味しさだったので、奇抜なテイストよりも普通に美味しくて、オーソドックスなカップ麺らしい醤油豚骨ラーメンが食べたい気分の時は、これほどハマり役として誂え向きなカップ麺は珍しいかもしれません。いやほんと、通年商品の醤油豚骨ラーメンだったらバシーッ、と★5を付けたんですけどね。せっかくの期間限定品なので、やっぱり個性とインパクトが欲しかったです。繰り返しますが、単純に味だけで言えば結構美味しいですよコレw カップ麺ブロガー的には★3だったんですけど、コンセプトは一応、「お店では食べられないオリジナルメニュー」ですし、単純に味だけで言えば★5クラスだったので、総評は間を取って★4かなー。

爽快ドラッグ

ぶぶか 醤油豚骨ラーメン(1コ入)

ぶぶか 醤油豚骨ラーメン(1コ入)

221円

(2017/02/21 21:54 時点の価格)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定 柚子辣湯麺」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「ポテトチップス 鯛めし味」です。商品企画担当者の母親が愛媛県出身ということから、愛媛県ゆかりの商品を開発しよう、という面白い開発経緯があり、愛媛県の郷土料理である鯛めしをイメージして、約11ヶ月間の開発期間を経て商品化されたんだとか。へー、鯛めしって愛媛県の郷土料理だったんですね。なんか、普通に全国的な食べ物だと思ってましたw そんな担当者の想いが詰まった渾身の一撃ですが、鯛 “めし” っぽさは兎も角w 出汁の要素はハッキリとしています。主に魚介の旨味成分は鰹が大半を担っているものの、焼鯛パウダーによる鰹とは違う芳ばしい風味が重なって、余韻として残る風味に個性が感じられました。敢えて鰹の主張を抑えるか、いっそ焼鯛パウダー1本に絞ったほうがインパクトあったんじゃないのかなー、とも思ったんですけど、濃い目の出汁感は素直に印象が良かったです。醤油の主張は控えめに、食塩で味を整えていたので、よくある “だし醤油系” との差別化が図れているのも良いですね。インパクトのある鯛出汁に期待すると、少し物足りないかもしれませんが、上品な出汁感と焼鯛パウダーのアクセントには、きちんと変わり種としての価値が見出せると思います。


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定 柚子辣湯麺」です。この「日清 THE NOODLE」シリーズなんですけど、やけにAFURI率が高いんですよね。シリーズとしては第5弾に当たるのですが、シリーズ中のAFURI監修カップ麺は今回で3回目になります。今のところ、交互で2回に1回はAFURIのペースですね。テーマは「柚子辣湯麺(ゆずらーたんめん)」ということで、実際のメニューとして店舗でも提供されているようです。柚子と辣湯かー、柚子のアクセントが効いた酸辣湯? みたいな感じなんですかね。ちょっと小難しそうなテイストに思えますけど、こういう創作系は自分の好みなので、敢えての小難しさに期待。





は、「小麦全粒粉を使用した細ストレート麺」とのこと。いやぁ…ちょっとコレ、かなり完成度が高いですよ。ノンフライ麺に小麦全粒粉が練り込まれているケースは珍しくないんですけど、全粒粉を練り込んだ油揚げ麺を食べたのは今回が初めてかもしれません。有名店シリーズらしく加水率の低いスパッ、とした歯切れの良さが特徴的な麺で、油揚げ麺でありながら特有の油っぽい風味は極めて控えめな油揚げ麺らしからぬ洗練された面持ち。これによって油揚げ麺がスープの本格さを邪魔することなく、実に上品な印象を与えてくれます。さらに今回は全粒粉が練り込まれている為、普段よりも芳ばしく、小麦の風味には奥行きが感じられました。スープが繊細でありながらも力強い仕上がりだったのですが、細身でも全粒粉効果でスープに引けを取りません。ちなみに熱湯4分指定ですが、思っていたよりも麺が細かったことと、特筆して経時劣化耐性に優れた麺ではないので、2分30秒でフタを開けるのがいいかもしれません。撮影の前に味見すると(3分経過くらい)やや芯の残る硬めの食感と歯切れの良さが秀逸だったので、4分も待ったら勿体無いですよ。

スープは、「鶏ガラなどの動物系素材とカツオなどの魚介系素材のうまみを合わせ、柚子と唐辛子の酸味と辛みをきかせた、しっかりとした味わいのスープ」に、別添で「鶏油ベースに唐辛子の辛みを加えた "紅い香油"」付とのこと。まず印象的だったのが鮮烈な柚子の存在感で、かなり柚子の個性がハッキリと打ち出されています。うん、これはもう柚子好きとしては堪らないレベルですね。その香りも然る事乍ら、酸味も明白。でも食酢とは違うベクトルの酸味なので、酸辣湯とは一味違います。ベースはAFURIらしく膨よかな鰹の旨味が太く主張し、鶏ガラを中心としたコクと鶏油の芳ばしさが動物系の要素を明確にしていて、柚子皮による上品で洗練されたイメージと、酸味と旨味によって力強さを両立。魚介の中心が膨よかさを意識した鰹の旨味というのも功を奏していたポイントで、もしシャープな煮干が魚介感を担っていたら、この上品さと力強さを兼ね備えた秀逸なバランス感は成立していなかったと思います。辛さレベルは一般的に見ても辛口に満たない刺激だと思うんですけど、ピリ辛以上のレベルには優に到達していて、きちんと唐辛子の輪郭が感じられました。通常、ピリ辛系のラーメンスープは、大半がジャンクな路線に傾きがちというか、前回記事の「奈良天理スタミナラーメン」なんて、まさにピリ辛ジャンク系の典型的なタイプだったんですけど、今回は鮮烈に香る柚子の清涼感が洗練されたイメージを確立させ、ピリ辛系に有り勝ちだったジャンクな印象は皆無に等しく、むしろ繊細なピリ辛系という方向性が新しかったです。胡麻の芳ばしいアクセントもピリ辛スープに映えていたし、非常に複合的な要素が絡み合うスープでありながら、チグハグな印象は一切感じさせない。AFURIだからこそ成し遂げられたバランスというか、お店ならではと思える非常に独創的なスープでした。

具材は、「炭火焼チキン、メンマ、ネギ、柚子皮」とのこと。炭火焼チキンは相変わらずクオリティの高い肉具材で、焼きの効果による独特の芳ばしさも然る事乍ら、パサつきのないソフトな歯触りや、鶏肉らしい旨味も非常にナチュラルでリアル。サイズも大きめにカットされていて、量,質ともに納得できる満足度の高いメイン具材です。メンマは食感でアピールしてくるようなタイプではなかったんですけど、サイズは大きく量も多めで、特有の発酵感が好印象。そしてスープの項目でも触れましたが、柚子皮が激しく効果的で、ちょっと反則クラスの存在感でした。シンプルな構成ではあるものの、蛇足的な要素が無く、リアルな鶏肉に絶妙な柚子皮の満足感で、具材に対する物足りなさは皆無に等しいと思います。

(標準は★3です)

想像通り小難しいタイプのカップ麺だったんですけど、AFURIだからこそと思える創作色の強い個性が記憶に残るインパクトを打ち出していて、独創的でありながらも迷走しているような嫌いは一切与えず、柚子皮による洗練されたイメージと同時に力強さを兼ね備えていた新しい切り口から、しっかりと期間限定ならではと思える仕上がりに好感の持てた一杯でした。そんな個性的なスープも然る事乍ら、小麦全粒粉を練り込んだ油揚げ麺にも新鮮味が感じられたし、そのクオリティも秀逸。きちんと全粒粉の恩恵が体感できるレベルにあり、そんな麺とスープの水準を高めながらも具材に一切の余念は感じられず、ただ単純に物珍しさやオシャレな雰囲気に購買意欲を刺激され、手に取ったは良いものの、いざ実際にフタを開けてみたら大したことなかった、みたいな薄っぺらい製品ではなく、しっかりと丁寧に作り込まれていた秀作でした。ピリ辛系のカップ麺として、これまでに無かったタイプの切り口には新たな発見があったし、さすが3回目のコラボとなってくると、カップ麺ブロガー的には一種の安定感すら感じているのですが、今回も実に見所が多く、まだまだ変わり種の引き出しは多そうです。今のところ当ブログでは、AFURIハズレ無し継続ですね。評価は★6と悩んだんですけど、このくらいAFURIなら当然、みたいな基礎ハードルの高さが出てきたので、このラインが妥当でしょうか。もしコレが第1弾だったら、迷うことなく★6付けてたと思います。そんなオトナの事情w


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

ヤマダイ「凄麺 奈良天理スタミナラーメン」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ぼんちの「ぼんち揚 明太子味」です。前回記事で紹介した「ぼんち揚 U.F.O.味」を食べて、コッチも食べたいなー、って(物の見事にセット販売戦略の鴨だなw)味のベースは慣れしたんだ甘辛醤油味で、やや食べ始めは明太子感が控えめなんですけど、追ってジワジワくるタイプ。ほんのちょっとピリ辛で、醤油,砂糖,味醂,明太子風味のシンプルで素朴なイメージ通りの味わいです。もう少し目立ってフロントに明太子があると嬉しかったのですが、前半は超ぼんち揚、途中からジワジワ明太子のアクセントがクセになる感じの止まらない系で、何て言うんですかね…こう、日本に生まれてきて良かった感がハンパないというかw おつまみ煎菓としてビールのアテにするも良し、お茶請けに緑茶と合わせるも良し、ただただ一心不乱にむさぼるも良しw コイツは間違い無いヤツですぜ。


さて、本日の一杯は、ヤマダイの「凄麺 奈良天理スタミナラーメン」です。ブログでヤマダイのカップ麺を紹介するのは随分と久しぶりですね。奈良県のご当地ラーメンとして有名な天理スタミナラーメンですが、まだ自分は実際に本物の天スタを食べたことがありません。サンヨー食品の「一度は食べたいご当地シリーズ」や、寿がきや食品の「全国麺めぐり」シリーズ、あとプライムワン(エースコック)のどんぶり型タテ型など、カップ麺では何度か経験させてもらったんですけど、ヤマダイの天スタは今回が初めてですね。相変わらず定義はイマイチよく分かってないので、単純にスープのスタミナ感? とかに期待しながら食べたいと思いますw





は、「社独自製法のノンフライ麺」で、「表面はつるつる、中はモチモチとした食感で、時間が経っても 湯伸びしにくいのが特徴」とのこと。「マルちゃん正麺」のようにナチュラルなノンフライ麺ではないですし、「ラ王PREMIUM」ほどの高級感は感じられず、至ってオーソドックスなノンフライ麺らしいノンフライ麺なんですけど、かつてのゴリゴリとした特有の不自然なクセは気にならなくなりました。ちなみに今まで熱湯4分の凄麺は、規定の湯戻し時間+3分くらいが食べ頃だと思っていたのですが、今回は同じ感覚で待つと今までよりも柔らかかったです。確か前に食べたのは半年ほど前なので、凄麺の汎用麺も日々進化しているのかもしれません。きちんとした食感と強めの小麦感が相俟って、力強くインパクトのあるスープとのバランスにも目立った欠点は感じられなかったです。

スープは、「豚骨ベースの醤油スープに、ニンニクや豆板醤で刺激的に仕上げたピリ辛スープ」で、「オイルにニラ、ニンニク風味と炒め野菜の風味を付与し」たとのこと。製品説明ではオイルに拘ったように書かれていますが、含有量は思っていたよりも少なく、すっきりシャープな印象のスープです。天スタって何と無くピリ辛こってりなイメージがあったりもしたんですけど、そのイメージで臨んだら随分とライトな印象ですね。ただ、今回のスープはインパクトありますよ。まず動物系の要素は豚骨をメインに、タレは醤油が手前、奥に豆板醤のアクセントと和味噌のコクが控えます。唐辛子の辣味はピリ辛ちょい上の範疇を超えないレベルだったのですが、にんにくの主張が特筆すべきレベルにあって、ガーリックパウダー的な粉末状の風味ではなく、生にんにく特有の辛味成分を感じるほどリアルで攻撃的なタイプです。自分が唐辛子の刺激に対してバカなだけかもしれませんが、にんにくの刺激が唐辛子の辣味を上回っていたように感じました。やや糖類による甘味も強かったんですけど、その甘味によってクセになるジャンキーな味わいに。ちなみに凄麺は食塩相当量の数値は凄麺の例に漏れず、スープだけで8.1gという健康に支障をきたしそうな数値でしたが、スープが熱い内は舌を刺してくるような塩カドは気にならなかったです。もうちょっとオイルが多めでも良かったような気はしたものの、シャープな方向性にありながら、にんにくの強烈な主張で物足りなさは皆無に等しく、スタミナ感あふれるジャンクな味わいがクセになる感じでした。

具材は、「白菜、味付豚肉、ニラ、唐辛子チップ」とのこと。かやくの小袋は2袋構成だったんですけど、片方は白菜のみ。おかげで天スタのイメージ具材として印象的な白菜のボリュームは圧巻で、白菜自体も肉厚で質が高く、かなりの満足度が得られました。画像ではニラで隠れてますが、白菜の量はマシマシ系のカップ麺に匹敵するレベルでしたよ。味付豚肉は少し固めのパサついた歯触りだったんですけど、きちんと肉の旨味が感じられたし、味付けも程よく、情緒のないチャーシューチップよりも好印象。ただ、まともに確認できたのは写真の手前に映っている2個だけだったので、かなり量はショボかったんですけどねw ニラは独断で後入れしましたが、白菜と同じく多めで、風味にもパンチがあり、全体のスタミナ感を効果的に高めてくれていました。唐辛子もレッドベルのように完全な飾りではなかったので、それなりに貢献してくれていたと思います。むしろ豚肉こそ飾りだったw でも白菜とニラの満足度が高かったので、全く以て気にならなかったんですけどね。

(標準は★3です)

油脂成分の含有量と、唐辛子の弱さに若干の不満を抱いてしまったのですが、油脂成分に関して言えば、オイルに頼らなくても美味しさは保証することが出来る、という証明のようにも思えたし、にんにくが強烈なスタミナ感あふれるスープは印象に残る個性を放っていて、むしろ刺激に関してはカプサイシンよりもアリシン(にんにくの辛味成分)が強いと感じるほどだったので、甘い+ピリ辛+にんにくガッツリのジャンクなテイストがクセになる、しっかりスタミナ系な記憶に残る一杯でした。食塩相当量の数値の割に塩カドも気にならなかったし(怖い話ですけどw)強烈にんにくアタックが人を選ぶカップ麺になりますが、にんにくクラッシャーでニンニクマシマシバッチコーイ!w な人にとってはマストな一杯になると思いますし、斯く言う自分が生にんにく大好き人間なのでw にんにくの強烈なインパクトは最高にツボでした。なので、にんにくペーストが別添で入っている同社の「ねぎみその逸品」とかも超好みなんですよね。まだブログでは記事に出来てないんですけど、少なくとも★7は堅いです。と、感想が脱線してしまいしたが、こってり感に期待すると若干ながらイメージとのズレを感じてしまうものの、たっぷりの白菜に効果的なニラ、にんにく感がリアルなスタミナ感あふれるスープに安定のノンフライ麺ということで、ちょっと今回は逆らえない感じでした。にんにくガツン系の甘ピリ辛なジャンクでクセになるタイプの味付けが好みに当て嵌まりそうな人は、まず買って損はないでしょう。ただ、ガーリック感は生にんにくペーストによるリアル系だったので、実食の際はTPOを弁え、適切なシーンを選択するのがデキるオトナの嗜みですよw それから凄麺シリーズは、毎度フタの裏に「フタの裏ばなし」という小話が書かれているのですが、今回は関西関連? ということで、同社のカップ麺(「京都背脂醤油味」と「和歌山中華そば」)の宣伝でした。何パターンか種類はあるみたいなんですけど、京都と和歌山の製品紹介って…全然裏話ちゃうしw


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「日清焼そばU.F.O. 梅こぶ茶 梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ぼんちの「ぼんち揚 U.F.O.味」です。「ぼんち揚」関西では定番の煎菓(揚げ煎餅)なんですけど、この手は関東だと「歌舞伎揚」が一般的でしょうか。甘辛い素朴な味付けが癖になる伝統的な印象が強い揚げ煎餅ですが、こんなコラボ製品もあるんですよねー(ちなみに「チキンラーメン味」もあります)一見すると異色のコラボにも思えるんですけど、ぼんち株式会社は2016年1月から日清食品ホールディングスの正式な連結子会社になっているので、むしろ必然的なコラボだったりします。さて、気になる味わいですが、開封した時の香りは結構ソース感が強いものの、ファーストインプレッションではオリジナルの甘辛テイストとフィフティで、余韻として残る後味はソースが優勢。ただ、日清焼そばU.F.O.らしいかと言われると…うーん。いや、ぼんち揚ソース味としてはイメージ通りのバランスで、ちょっと止められない止まらない系のクセになるタイプの濃い味なんですけど、あのU.F.O.独特のスパイス感というか、もっと香辛料がハッキリしてる方が分かりやすいかなー、って。一応、意識すると余韻の中にU.F.O.特有のスパイシーな雰囲気は漂っているのですが、一見すると単純に濃厚なソース味です。でもオリジナルとの兼ね合いは秀逸で、ぼんち揚の色合いを残しつつ、ハッキリとした個性が好印象。で、単純に美味しいw 食べ始めたら最後、ついつい手が伸びてしまう魔性の持ち主でしたw かなり味付けは濃いめですが、ぼんち揚(歌舞伎揚)が好きな人も満足できる甘辛テイストを残しつつ、濃厚なソース味のインパクトは確かにあったので、ソース味のスナック菓子が好きな人は、まずハマること請け合いです。ところでコレ、どのくらいの地域で販売されてるんだろう…自分の行動圏内にあるスーパーでは、売り出しの日に合わせて、ちょいちょい顔を見せてくれるんですけど、あまり他の店舗では見かけませんし、メーカーの公式ホームページに掲載されてる商品紹介のページには、U.F.O.味が無いんですよね。チキンラーメン味は掲載されてるんだけどなぁ…謎は深まる…あ、カラムーチョ味とかあるしw 食べたいw


さて、本日の一杯は、日清食品の「カップヌードル 抹茶」「日清のどん兵衛 すき焼き」に続きまして、「じゃぱん♥ぬーどるず」ラスト1品、「日清焼そばU.F.O. 梅こぶ茶 梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば」です。自分は家で塩焼そばを作る際に、粉末状の梅昆布茶(お馴染み不二食品w)で味付けをすることがあるので、個人的に馴染みのあるテーマだったりするんですけど、U.F.O.の液体ソースは基本的に油脂成分の含有量が多い傾向にある為、梅昆布茶のイメージと衝突しないかどうか…というのが今回の懸念でしょうか。あと、昆布の旨味と梅の酸味も然る事乍ら、お茶の香りが感じられるのかどうかも気になるところ。油脂成分が多くても梅の酸味があれば、上手い具合に調和してくれそうですが、もし茶葉の香りがあったら…って、喰ったら分かるですねスイマセンw





は、「U.F.O. ならではの、しなやかでしっかりとしたコシのある麺」で、「塩焼そばに合う細めの麺を使用」とのこと。おそらく既存の通年商品、「塩カルビ焼そば」からの汎用でしょう。オリジナルのソース焼そばよりも細いのですが、さすが天下の日清焼そばU.F.O.ですね。細くても粘り気のある弾力と、コシの強さは他社の追従を許しません。ただ、湯戻し時間は熱湯2分30秒以内がベストだと思います(今回は2分30秒で切り上げての感想です)縮れは少なく、油揚げ麺臭も控えめで、相変わらず油揚げ麺らしからぬ上品な油揚げ麺でした。ただ、今回のソースならレギュラーサイズでも良かったかも…ちょっと塩気に押され気味だったかなぁ。

ソースは、「梅こぶ茶の旨みと酸味をベースに、ごま油の香りをアクセントに加えた味わい深いソース」とのこと。まず製品説明では “アクセントに加えた” と書かれている胡麻油の香りですが、これがアクセント以上に幅を利かせていて、ちょっと違うんじゃないかな…って。日清食品は油脂成分で調理感を演出することに長けているメーカーなので、胡麻油の風味と共に漂っていた野菜を炒めたような芳ばしさは実に印象的だったんですけど、梅昆布茶的目線で見ると、うーん…みたいな。いや、単純に塩焼そばのソースとして見れば悪くはなかったんですけどね。ただ、昆布の旨味はソツなく、梅の清涼感は想像していたよりも大人しくて、思いの外に塩気が強かったです。塩の効いたバランス型の塩焼そばとしては差し支えない着地点に思えたものの、題材として掲げられた梅昆布茶らしいと思えるポイントに突出した要素は感じられず、良くも悪くも無難な仕上がりに思えました。もうちょっと塩気を控え目に、昆布の旨味と梅の酸味を意識してくれると嬉しかったんだけどなぁ…あ、気になっていた茶葉の香りは感じられなかったです。ひとつの塩焼そばとしては悪くないと思うんですけど、ストレートな梅昆布茶のイメージで行くと、塩気の強さとオイル成分の主張にはギャップを抱いてしまうかもしれません。

具材は、「梅フレーク、キャベツ、きざみのり」とのこと。実質、具材はキャベツのみですね。U.F.O.のキャベツは他社と比べ、いつも大きくて厚みがあるんですけど、今回も然り。それにソースの塩気が強めだったので、キャベツの瑞々しさが自分的ワカチナ(ザ・オアシスw)でしたw 梅フレークは口に入ると確かな酸味が効果的だったのですが、ソース自体の梅が意外と大人しかったので、もうちょっと入ってると嬉しかったかなー。刻み海苔もイメージ的にはマストだったんですけど、これも倍くらい欲しいところ。あと、アラレも入れて欲しかったです(笑)

(標準は★3です)

塩気のネガティブさに関しては、自分の 繊細 軟弱な舌に問題ありかもしれませんが、アクセントとして加えられたはずの胡麻油が表立って主張していたのは不躾に思えたので、ちょっと厳し目に見ました。味だけで言えば悪くなかったんですけど、梅と昆布が控えめで、塩気と胡麻油がフロントだったのは勿体無かったです。今回は液体ソースのみという構成でしたが、液体ソースを主体とするのではなく、実際の梅昆布茶をベースにした粉末ソースと、潤滑油的に少量の調味オイルを組み合わせた構成のほうが、梅昆布茶らしさをストレートに伝えられたんじゃないのかな、って。ほんのり梅のアクセントが効いた塩焼そばとしては一定の水準をクリアしていたものの、自分のように “梅” “昆布” “茶” らしさに期待して手に取った人は、イメージとのギャップを感じてしまうかもしれません。とは言え、ひとつの塩焼そばとしては悪くなかったと思います。やっぱりイメージの問題ですかねw でもサブタイトルが「梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば」ですから、梅昆布茶よりも胡麻油の芳ばしさ広がる塩焼そばはナンセンスだったかなぁ…こういう書き方すると、また “イマイチだったのか…” と、思われてしまうかもしれませんがw 味は普通に美味しかったですよー。ちょっと塩カドのエッジは強めだったけど…なんか今回いちばんキャベツが美味しかった気がするw 塩気と梅の酸味で、やみつきキャベツ的な。よし、今夜は塩昆布と自家製の梅と胡麻油を使って、やみつきキャベツを作ろうw


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、アサヒビールの新商品「アサヒ ザ・ドリーム」です。発泡酒ではなく生ビールなのに糖質50%オフ、というのがコンセプトで、同社のキレで飲ませるスーパードライに通じる精神を根底に忍ばせた方向性から、なかなか好印象な立ち位置にあった機能系ビールなんですけど、なんとオールモルト(麦芽100%)にリニューアルしてるじゃないですか。これまで原材料に副原料のスターチ(でんぷん)を使用していたのですが、麦芽とホップのみというシンプルな構成に。パッケージも小麦色に一新して、何処と無く硬派な印象が強くなりましたね。私は元来、真夏日を除いてスーパードライは好んで飲まないんですけど、キレで飲ませるスーパードライの精神は糖質オフ機能の中で物足りなさを感じさせない工夫となっていて、麦芽100%の恩恵か、リニューアル前よりも甘味が強くなった気がします。やはり一般的な生ビールと比較すると、香りやコクは見劣りしてしまうものの、機能性を意識したリキュール(発泡酒)に有り勝ちな人工甘味料の不自然さや雑味などは感じられない為、糖質オフのビハインドは補って余りあるのではないでしょうか。そもそも通常のビールと比較すること自体、フェアじゃないとは思うのですが、ある程度酔っ払った状態で出されたら、大抵の呑ん兵衛は文句言わないんじゃないですかねw 1本目に飲んじゃうと少し物足りなさが気になるかもしれませんが、もし惰性的にビールを飲む習慣のある人は、2本目以降は機能性を意識して、このビールを導入するのも良いかもしれませんよ。自分は体質的に発泡酒が飲めないので、黒ビールなどの糖質が多いビールを飲むときの調整用に利用してました。ビールの糖質は抑えたいけど発泡酒はちょっと…という方には素直にオススメしたいですね。以前、低糖質カップ麺の「はじめ屋」を常食していると書きましたが、夜中のビールを楽しむ為の調整なので、ビールは普通の美味しいやつ飲みたいですけどw カロリーも一般的なビールより控えめですし、軽く糖質管理を意識している期間中に、ご褒美的な感じで飲むビールとしても誂え向きな製品なのではないでしょうか。


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん」です。「カップヌードル 抹茶」に続きまして、こちらも「じゃぱん♥ぬーどるず」の一角。すき焼き風うどん…これといって奇抜な印象は受けませんね。もともと既存のラインナップに「肉うどん」があるので、差別化が気になるところ。とは言え、通年商品の肉うどんは数年ほど食べていないので、比較することは出来ないのですが…すき焼き風だから、味付けは甘濃い感じなのかなー。だとしたら間違いなく自分好みw(基本、砂糖+醤油系の味付けに目がない。)





は、「どん兵衛ならではの、もっちりとしたつるみのあるうどん」とのこと。いつもの油揚げ麺ですね。東洋水産の伝統的な「赤いきつね」とは違い、常に進化を追い求める姿勢を忘れない本格志向の油揚げ麺で、もっちりとした弾力を意識した縮れの少ない厚みのあるストレート状の油揚げ麺です。どん兵衛の麺は和風つゆでも洋風スープでも違和感なくマッチしてくれるのですが、今回は思いっきり和風なので、相性に問題なし。というか、結構濃い目の味付けだったので、どん兵衛ならではの存在感が活きていて良かったです。もし赤いきつねの麺だったら、ちょっと頼りなかったかもしれません。で、以下余談なんですけど、実は大々的なリリースを発表せずに、こっそりマイナーチェンジしてたりするんですよね。自分の知る限りでは2014年のマイナーチェンジが最後だったのですが、最近ちょっと変化を感じているので、もしかしたら密かにマイナーチェンジしてるかも。いや単純に室温や湯量による誤差なのか…まぁ何にせよ体感的には “いつもの” どん兵衛の麺です。

つゆは、「甘めのわりしたに肉汁の旨みがたっぷりと溶け出したすき焼き風のつゆ」とのこと。こ、これは…甘~~~いw いや、すき焼き風ということで、それなりに甘いだろうとは思っていたんですけど、ちょっと自分の予想とは違う甘さでした。すき焼きを家で食べるときは砂糖を多めに使うので、個人的に甘さの強度に対する抵抗はなかったものの、気になったのが甘味のタイプ。と言うのも、砂糖の純粋な甘味ではなく、人工甘味料による演出が強かったんですよね。すき焼き風らしく牛脂の風味が強めにあって、醤油の主張も強く、甘味の強い甘濃い醤油味という方向性から、たしかに割り下地を彷彿とさせる仕上がりではあったものの、人工甘味料特有の野暮ったさが後味に残るので、そういった甘さに敏感な人は気になると思います。まぁカップ麺らしいジャンクさと思えば、これはこれで一興だとは思いますけどねw ちなみに牛の指標は肉の旨味よりも牛脂を軸に据えていたので、ある意味ここは分かりやすくて良かったです。強めの甘味と醤油のコク、牛脂の重厚感が重なってくるので、かなり重心は低く、こってり系の味でした。すっきり感を求めて手に取ると裏切られますが、すき焼きってライトな食べ物ではないですからねw つゆの方向性は、この甘濃い感じで間違ってなかったと思います。ただ、後半にかけて少し味が単調に思えたので、アクセントに一味唐辛子が別添で付いてると嬉しかったかな。お湯ちょっと少なめに入れて、卵を落として食べても良いかも。

具材は、「牛肉のような食感と味わいが楽しめる大豆ビーフ、ニンジン、ネギ」とのこと。おっとっと…「牛肉の “ような” 食感と味わいが楽しめる “大豆ビーフ” 」とは…まさかのメーカー堂々 “偽肉” 使用ですかw でもコイツ、意外と完成度は高いですよ。本物の牛肉を使用した乾燥具材と比較すると、どうしても見劣りしてしまう部分はあるものの、それっぽい雰囲気は演出できてますね。原材料が大豆たん白とは言え、よくある大豆たん白加工品のようなビハインドは控えめで、味付けは生姜の風味を効かせて濃いめ。味付けの濃さで食べ応えは補完できているのですが、やはり肉の旨味に欠ける印象は否めませんでした。あ、缶詰の時雨煮に近い感じw なので、すき焼きらしいかと言われらた、ちょっと怪しい具材ではあったんですけどねw それに代用品のくせして量は随分と少なかったし、どんぶり型という口径の広さも相俟って、具材の量は寂しく、量,質ともに貧弱でした。すき焼きだから麩も入れて欲しかったなー、麩。← すき焼きに麩が入ってないと愚図る人w

(標準は★3です)

先日、東洋水産の「甘ーいきつねうどん」を紹介しましたが、それよりも甘いんじゃないですかねw しかも砂糖で自然に甘さを演出していた甘ーいきつねうどんとは違い、こちらは純粋な砂糖の甘味ではなく、スクラロースやアセスルファムカリウムなどの人工甘味料を中心とした糖類によって甘さを添加していた為、舌に纏わり付いてくるような人工甘味料特有の態とらしい後味が野暮ったいというか…それに醤油が濃い目の甘辛い味付けと、アクセントの無さが相俟って、後半にかけて単調さを感じてしまいました。とは言え、はっきりとした牛脂の風味に甘濃い味付けから、すき焼き風のイメージは体現できていたし、まさかの大豆ビーフには地味ながらも結構な衝撃を感じたので、今回は及第点にプラスマークです。やや変わり種にしては捻りがない印象を受けてしまったことと、ちょっと甘味を意識し過ぎていたような気がしないではないものの、すき焼き風と言われて想像する味と実際のテイストに大きなギャップは生じないと思いますし、良い意味で予想通りというか、そんな安定感に価値が見出せる一杯だと思います。それにしても大豆ビーフ、なかなか面白い具材だったなー。すき焼きよりも時雨煮っぽかったけどw まぁ出来れば既存の「肉うどん」に使われている牛肉を素直に使って欲しかったですけどね。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram